掌編集

 

ここに展示されているのは掌に乗る小さな物語たちです。星の破片のごとく煌めく物語に想いを馳せてみてください。

彼岸の花
彼岸の花
神々の盃
神々の盃
風鈴通路
風鈴通路
有猫飛行
有猫飛行
終末の方舟
終末の方舟
幻蝶映写機
幻蝶映写機

蝶たちが視せる走馬灯を追いかけながら、僕は亡くなった両親に想いを馳せる――。

桜車窓
桜車窓

満開の桜が見える車窓を眺めていて僕は、1人の老婦人と出会う――

桜水槽
桜水槽

彼女は言った。大切な家族が死んだと。泣いている彼女をみかけてから、僕の中から桜の花びらを泳ぐ金魚が生まれるようになった。

満月ビー玉
満月ビー玉

満月の夜にビー玉を覗き込むと愛しい人に会うことができる。そんな都市伝説がまことしやかに語れていた。

雪と、みぞれと、永訣と
雪と、みぞれと、永訣と

先輩の朗読を聴きながら、私は永訣の朝に想いを馳せる――

カナリアとキツツキ
カナリアとキツツキ

鳥の飛ばない常闇の世界で、カアリアとキツツキは想いを深め合う――  これは小さな『蒼』のファンタジー。

月の破片
月の破片

病気がちなお母さんのために、ルイットは今夜も月の破片を集めるのですが――

黄昏色の蓮
黄昏色の蓮

どうでもいい人が死んだ。昔は大好きだった祖母だった人だ。

モノガタリ館
モノガタリ館

モノガタリ館に戻ります。