​  幻想蒐集館 栞

                    金魚娘々

 戦後の闇市で金魚の鱗を全身に纏った女たちの変死体が、ときおり見つかるようになる。満州から本国へと逃げ延びた音々はそんな金魚女達に密やかな憧れを抱いていていた。

 

 金魚がひらひら泳いでいる。鰭をまるで着物の裾のように優美に水に靡かせている。裸電球の光を受けて、赤い鱗が黄金に輝く。
 音々は、飽きもせずに水槽の中で踊る金魚たちを見つめていた。金魚を見つめる音々《ねね》の眼は虚ろで、その股下からは痛々しい鮮血が滴っている。
 下半身がジンジンと痛む。その痛みを感じるたびに、音々の眼からは涙が溢れ、頬に溜まった泥を洗い流していった。洗い流された頬は、きらきらと金魚の鱗のように煌めいている。
 音々の太物の付け根からは、赤い血が一つの筋を作って床へと流れていた。
 下半身の血は、音々が純潔を亡くした証でもあった。そして、音々の全身はそれとは別の赤い血で、彩られていた。




 金魚娘々



 音々が生まれたのは、異郷の地であった。かつて、日本が理想国家として立ち上げた満州国家。その建国日である1932年に音々はこの世に生を受けたのだ。父は内地の人間で裕福な商人。母は満州で生を受けた娼婦だったという。
 母は、日に充てると赤く艶めく肌をしていたらしい。その煌きは、優美に泳ぐ金魚の鱗を想わせた。その肌を称え、人々は娼婦である母を金魚娘々と呼んだ。娘々とは、中国語で女神を意味する言葉だ。その名のとおり、母は女神のように光り輝く女性であった。
 泥まみれになりながら、闇市のゴミ溜めを漁る音々とは違って。
「そら、チャンコロがゴミあさってらぁ!! 金魚のチャンコロだ!!」
 弾んだ声が、音々にかけられる。とっさに振り向くと、下品な笑みを浮かべた少年たちが音々を見下ろしていた。ニタニタと少年たちは音々が握り締めている、腐った馬鈴薯を見つめている。
「おうおう、金魚なのに馬鈴薯なんか食うのか!? 臭い糞でも食らってればいいじゃねいかぁ!!」
 大将であろう大柄な少年は、粟立つような笑みを浮かべ手を伸ばしてきた。その手は音々の持つ馬鈴薯を狙っている。音々はとっさに馬鈴薯を胸に抱き寄せ、叫んでいた。
「堪忍してください!これは、大事なおっとさんにやる食べ物なんです。もう、ろくに飲み食いしてなくて、このままじゃ、おっ死んじゃいます!!」
「死ね死ね!! 汚いチャンコロ抱いた下半身のだらし無い飲んだくれなんて、おっちんじまっった方が良いって、家のオヤジも言ってたわ」
「死ね! 死ね!!」
「死ねー! 死ねー!!」
 少年たちは口々にはやし立てる。少年たちの罵声に、音々はぎゅっと嗚咽を堪えていた。たしかに父は身を持ち崩し、闇市で酒を煽るロクデナシだ。安酒が足りなくなると、音々を罵る。それでも音々は、幼い時に優しくしてくれた父への情を捨てることができなかった。父は、その境涯から蔑まれる音々にとって、唯一の拠り所と言ってよかった。
「こらこら、やめないか。君たち」
 そんな音々を助けてくれる者があった。
 突然声をかけられ、少年たちは驚いて背後を振り向く。ゴミ溜めに似つかわしくない白いワイシャツを着た青年が、少年たちに微笑みを送っている。
「やぁやぁ、金魚のあんちゃん。どうしたんだよぉ。なんで、こんなチャンコロの肩持つんだ?」
「だからだよ。弱い者いじめは楽しいかい? せっかく兵隊さんからチョコレイト貰ってきたのに、君らはいらないとみえる」
「チョコレイト!!」
 少年たちは目の色を変えて青年の元へと走っていく。青年の手からひったくるようにチョコを受け取ると、彼らは音々に向かって叫んだ。
「チャンコロ! 今回は見逃してやらぁ。でも、今度はたたじゃおかないからな!!」
「チャンコロ! チャンコロ!!」
「馬鈴薯食って、腹壊しちまえ!!」
 いっそう惨めな気分になって、音々は俯く。熱い涙がほろほろと泥に塗れた頬を流れていった。
「大丈かい。娘々……」
 青年が優しく手を差し伸べてくれる。音々は、その手を払いのけていた。
「大丈夫だって言ってるでしょ……。あたしのことなんて、ほうっておいてくださいよ……」
 泣いていることを気取られまいと、音々は声を張り上げた。それでも、気丈な声音はどこか頼りなく、青年の表情を曇らせていく。
「おいで、可愛い顔がだいなしだよ……。最近、このあたりじゃ人攫いも出るだろう。うろつかない方がいい」
 青年の言葉に、音々はますます顔をあげられなくなっていた。
「僕のことも、嫌いかい?」
 その言葉を聞いて、ようやく縋るように少年のズボンを握り締める。顔をあげ、音々は困ったように青年を見上げた。
「私のことなんて放っておいていいいのに。どうして優しくしてくれるの? 健一けんいち兄さん……」



 

 健一は、迷路のように広がる、赤線地区に見世物小屋を開いていた。見世物といっても、手足のない百足男がいる訳でも、蛇のような肌を持つ少年が、檻に閉じ込められている訳でもない。
 閉じ込められているものといったら、金魚だった。見世物小屋に入ると、正面に大きな裸電球で照らされた水槽があり、その水槽の中を縦横無尽に輝く金魚たちが泳いでいるのだ。
 健一はときおり赤線地区の酌婦を雇って水槽の中を泳がせる。赤い衣を着て金魚たちと泳ぐ彼女たちはひときわ美しく、まるで天女のようだと客たちは感嘆と溜息を漏らすのだ。
 その水槽の前に、音々は立ち尽くしていた。横では健一が、客の米兵から貰ったらしい缶詰だの、乾パンなんかを、丁寧に包にくるんでくれている。何だか申し訳なくて、音々は彼に顔を向けることができず、水槽の金魚をぼうっと眺めていた。
 金魚たちは長い尾ひれを絹のように纏いながら、水槽の中をぐるぐる巡っている。ぐるぐる巡る金魚を眺めながら、音々は妄想にとり憑かれていた。
 満州で死んだ母が、金魚の鱗を全身にびっしりまとって、水槽の中を泳いでいるのだ。海藻のように翻る髪が美しい。金魚たちは母を慕うようにその周囲を巡っている。そして、音々のもとに母がやって来る。母は優しく、音々に微笑みかけるのだ。
 彼女は口をぱくぱくと開いている。ごぼごぼとその口から気泡が漏れる。
 母は音々に何かを伝えようとしているみたいだった。
 ――コッチへいらっしゃい。
 そう、母は言いたげだ。
「音々ちゃん」
 健一に呼ばれ、音々ははっと我に返る。彼は丁寧に包んだ風呂敷を、音々に差し出していた。
「少ないけれど、持っておゆき。これで、お父さんに怒られることもないだろう……」
 音々は非常に申し訳なくなって、俯いてしまった。満州から引き上げてきてからというもの、健一は音々にとても良くしてくれる。彼のおかげで、ロクデナシの父ともども生きているといっても、過言ではない。
「やっぱり、こういうのは嫌かい……」
 健一の不安げな声を聞き、音々の頬は熱を持っていた。嫌ではない。だが、年頃の娘が持つ頑なな矜持が、音々に返答を渋らせる。ただ音々は、頭を振り彼の問いに答えることしかできなかった。
 申しなさげに風呂敷包を受け取る。顔をあげると、健一が安堵したように笑みを浮かべていた。
 何を思ったのか、彼は音々の頬をすっと撫でてくる。音々は驚いて、その手を払いのけていた。
「ごめん、泥とったら金魚の鱗みたいに綺麗だと思って」
 健一の言葉に、音々は頬を染めていた。金魚の鱗のように輝く母譲りの肌に、健一は気がついてくれたのだ。音々が母から引き継いだ肌色は、音々にとって自分が母の子であるという唯一の証だった。母のように自分も美しくなれるという、わずかな幻想を抱かせてくれるものだった。
 音々は、金魚の泳ぐ水槽を見つめる。そこに映る自分の姿を見て、さあっと頬の熱が冷えていくのが分かった。
 母とは似ても似つかない、痩せて、泥にまみれた汚い娘がそこにはいる。頭の中で、金魚の鱗を纏った母が、音々に微笑みかけてくる。
 ――そんななりじゃ、とうていコチラへは来られないね。
 ――変わってご覧。変わってご覧。
 ぐるぐるぐるぐる。
 母は、脚を尾ひれのように揺らしながら、音々の脳裏を駆け巡るのだ。そんな母の空想を振り払い、音々は健一に話しかける。
「ごめん、健一兄さん。もう、いかなくちゃ」
 変われるものなら、変わっているわ。
 そう空想の中の母に呟き、音々はその場を後にした。





 しゃんしゃん。
 歩くたび、音々の足裏が音を奏でた。
 音々が薄汚い自分の体の中で好きなものと言ったら、足裏にビッチリとついた赤いガラス片だった。ガラスはロシア軍に追われ、中国内をさまよっていたときに足裏についたものだ。満州から追われた人々は、裸足でひらすら歩き、食うや食わずで米兵が用意してくれた帰郷船へとたどり着くことができたのだ。
 本土に帰郷したとき、音々のように足裏に小石などがこびりつき、足裏を削ってそれをとった人が何百人といたらしい。音々もそうすべきであったのだが、彼女はこのままでいることを望んだ。
 足裏を覆う硝子片は、金魚の鱗のように煌めいて音々を慰めてくれる。裸足で歩くと涼やかな音をたてる。
 その音が音々は大好きだった。父は気味が悪いと音々を蔑むが。
 今その父親は健一が与えてくれた食料をすっかり食い尽くし、泥のように眠っている。そのそばに立つ音々は、試しに足で地面を叩いてみた。
 しゃんしゃん。
「うるせいぞ、このロクデナシ……。酒も工面できねぇ、糞餓鬼が」
 父の口から生臭い息が吐き出される。ぎろりと剣呑な眼差しが音々に向けられた。音々は息を呑み、父を見つめる。
「気持ちわるいんだよ、その足。近所で見つかった金魚娘どもみたいじゃねぇか。その足のせいで、売り飛ばせもしねぇ」
 父の言葉を聞いて、音々は空想の中の母の言葉を思い出していた。
 ――変わってご覧。変わってご覧。
 鱗に覆われた母のように、行方不明になった娘達が、金魚の鱗を体中に生やした屍体になって、何人も何人も見つかっているのだ。
 その死体を音々は見たことがある。死んでいた娘は、赤線地区の酌婦だった。米兵に犯され、家族に売り飛ばされた哀れな娘だった。
 彼女は、金魚の鱗を全身に纏って、幸せそうな微笑みを浮かべていたのだ。鱗を纏った体がキラキラと煌めいて、音々はその屍体に魅入っていた。
 ああなりたい。
 この屍体のように、美しくなりたいと、思った。
 ――変わってご覧。変わってご覧。
 空想の中で、母が囁いた言葉が脳裏を反芻する。音々は頭を軽くゆらしていた。
 変われるものなら、変わりたい。でも、あんな綺麗な姿に自分はなれっこないのだ。泥にまみれた乞食のまま、一生を終えるのだ。この目の前にいるロクデナシの父親と。
「まぁ、売れなくても客はとれるけどな……」
 父の言葉が耳朶を叩く。はっと我に反ったときには、もう遅かった。
 寝そべっていた父親はいつの間にやら起き上がり、音々の体に覆いかぶさっていたのだ。背中に衝撃が走り、音々は父に押し倒されたことに気がついた。  
 眼が穴の空いたトタンの天井を映す。ぶわりと生臭い息が顔にかかって、音々は自分に覆いかぶさる父の顔を見つめていた。
「どれ、ナリは汚ねぇが、下の具合は母親譲りかな?」
 下卑た父の笑い声が耳朶に反芻する。嗤いに歪められた父の眼は、爛々と雄の輝きを宿していた。
 ぞくりと、肌が粟立つ。
 目の前にいるのは自分の父親ではなく、獣性に飢えた醜い男だった。
 ――変わってご覧。変わってご覧。
 母の声が耳朶を叩く。脳裏にうわぁんうわぁんと反響する。
 その声に導かれるように、音々は自分の横に転がっていた鉈を手に持っていた。






 ぐるぐるぐるぐる、金魚が泳ぐ。
 金魚が赤くきらめくを水槽を音々は見つめていた。鉈を持つ音々の体も、金魚のように真っ赤だった。
 音々の体は、裸電球の光を受けて、体にこびりついた血液を照らし出している。鮮血を浴びた肌は、金魚の鱗のように煌めいていた。
「綺麗……」
 水槽に映る自分の体をつくづくと眺め、音々はうっとりと呟きを漏らす。
「本当に金魚みたいだ……」
 呟きに応えるように、青年の声がした。涼やかな、心地の良い声音に音々は微笑んでいた。
「健一兄さん……」
 振り向くと、健一がじぃっと音々を見つめていた。その腕の中には女が横抱きにされている。女は金魚の鱗をびっしりと体に纏っていて、苦悶の表情を浮かべたまま、ぴくりともしない。
 たぶん、女は死んでいる。
「また、駄目だったのね……」
 音々がそう言うと、残念そうに健一は肩を竦めてみせた。腕に抱いた女の体を、健一は床に落としてみせる。どすんと音をたてて、女が床に叩きつけられた。蛍光灯がゆさゆさ揺れた。
「やっぱ、音々ちゃんじゃないと駄目だ。いい加減、俺の娘々になってよ」
「だって、健一兄さんには、いい人がたくさんいるじゃない……。それに、彼女たちの方が美しいわ……。私は、醜いもの……」
 ほろほろと、音々の頬を涙が伝った。あたたかなその涙は、自分を優しく抱いてくれた父の腕を思い出させてくれる。自分を犯そうとした獣のような男。だが、はるか昔には自分に優しかった、父でもあった。
 優しかった父のことを思い出し、音々は涙を流していた。
 ごぼごぼごぼごぼ。
 ほの暗い水槽が大きな気泡をあげる。音々は驚いて、水槽へと顔を向けた。
 水槽の中では金魚が巡っている。その金魚の屏風の向こう側から、ゆらゆらと泳いでくる人影がある。 その人影を見て、音々は眼に笑みを浮かべていた。
 人影は、脚を金魚の鰭のように揺らし、こちらへとやって来る。彼女たちは、母のようにいつ見ても美しい。
 人影は、赤い金魚の鱗を生やした女たちだった。
 少女といえる年頃の娘もいれば、妙齢の母性豊かな乳房を持った女もいる。皆、全身にまとった赤い鱗を黄金色に輝かせ、音々の側へと寄ってくる。
 彼女たちは、音々に優しく微笑みかけてきた。そして、口を開けて気泡をごぼごぼと吐き出すのだ。
 ――変わってご覧。変わってご覧。
 ――コチラへおいで。コチラへおいで。
 金魚女たちは、音々を慰めるようにそう言っているらしかった。
 あぁ、自分はソチラに行って良いのだろうか。彼女たちの優しい眼差しを見つめながら、音々は考える。
 なりたい。金魚になりたい。醜いこの人間の体を脱ぎ捨てて、彼女たちのような美しい金魚の肉体を得たい。
「音々ちゃん……」
 健一の声が背後からした。振り返ると、健一が柔らかな笑みを浮かべている。彼は裸電球に照らされ、赤く照り光る音々の体に見蕩れているらしかった。
 このまま健一は、自分を金魚にしてくれるのではないだろうか。ふっと音々の中に仄暗い考えが浮かぶ。音々のふくよかな唇には、自然と笑が浮かんでいた。
「あぁ、綺麗だよ。娘々……」
 健一がうっとりと呟く。
 彼の眼に映る音々は、妖艶な、それでいて美しい女の笑みを浮かべていた。




 激痛が体全体に走って、音々は小さく唸っていた。
「大丈夫……」
 体の上に跨っている健一が、音々の顔を覗き込んでくる。彼の手には、金魚の鱗が挟まったピンセットが握られていた。ピンセットの先で、小さな鱗は金色の輝きを放っている。
 音々は自分の胸元を眺めた。
 泥にまみれた皮膚はすっかり剥ぎ取られ、美しい赤い鱗が音々の胸を覆い尽くしている。まだ人間の皮膚が残る腹の隅には、乾いた精液がこびりついていた。精液は、健一のものだ。  
 そっと、音々は腹についた精液に手を伸ばす。
 お互いを求め合いながら、健一は音々を新たな存在に変えようとしていた。
 泥にまみれた乞食から、音々は美しい金魚になろうとしている。
 ふっと腹の中に微かな胎動を感じ、音々は眼を見開いていた。視線を感じる。頭上を見上げると、天井いっぱいに広がる水槽が視界に飛び込んできた。水槽の中では、金魚の鱗を纏った女たちが優美に泳いでいる。
 彼女たちは水槽の底に手をつき、音々に微笑みかけていた。
 まるで、音々の中に宿る命を祝福するように。
 音々の顔も自然と綻ぶ。音々は、金魚女たちに笑顔を浮かべていた。
 もうすぐ、自分も彼女たちのいるアチラへといけるのだ。そして、音々は新たな命を水槽の中で産み落とすことだろう。
 母と同じ、金魚娘々に、音々は生まれ変わるのだ。


 

            

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now