​ ナナ島クロニクル

ラピス・ラズリの地球

 漆黒の宇宙空間に人型の巨大な物体が浮いていた。
 物体は、周囲の空間に溶け込むように黒い金属で造られている。異常なまでに長い手足と、細い胴体。その胴体には不釣合いな、大きすぎる頭部のせいで、人型の体はバランスを欠いていた。
 細い胴体には無数の黒い触手が蠢いている。触手は人型の胴体をすっぽりと覆っていた。
人型は、真っ黒な宇宙船の側に漂っている。
 ――機体異常なし。他システム正常値クリア。成層圏に張り巡らされた簡易結界の間隙地点を予測。予測データを元に、降下ポイントを指定。作戦開始とともにアトランティスへの降下を決行する――
 機械的なアナウンスが人型から流れてくる。その声に反応するように、宇宙船が青白い光を放った。人型もまた、宇宙船の光を受けて煌く。
 人型は巨大な頭部を足元へと向ける。
 人型の足元には、ラピス・ラズリのように煌く地球が、暗闇にぽっかりと浮かんでいた。

 

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now