​ 魔女と子竜

森の守護者

 水に呑まれていく故郷を竜は空から見おろしていた。竜の背に乗る女は、何を思い水に沈む故郷を見つめているのだろうか?

 彼女は語る。

 森が保水力を失い、行き場を失った山脈の雪解け水がこの地に押し寄せたのだと。

「消えちゃったね、私たちの森……」

 ぽつりと女が呟く。

 悲しげな彼女の声に竜は小さく嘶く。

 月が夜空に上る頃、あたりは凪いだ水で満たされていた。水没した大地の上を、竜は女を乗せて疾走する。

 目指す先には、水没を免れた林檎の木の丘があった。

「林檎が……」

 彼女の声がかすかに弾む。

 竜は林檎の木の前へと静かに降りたった。

 竜の体を、月光を想わせる光が包み込む。光が止んだとき、そこにいたのは竜ではなく一人の青年だった。

 美しい銀糸の髪を靡かせる彼の双眸には、抱きしめた女が映り込んでいる。緑の双眸を大きく見開く彼女に、青年は告げた。

「作りましょう、俺たちで……。新しい森を」

「チビ……」

 青年の言葉に女は震えた声を発し、涙を流してみせる。そっとその涙を、青年は銀色の義手の指で拭ってみせる。

 潤んだ眼を魔女は細め、青年に笑いかけてみせた。

 そっと青年は彼女の顔を覗き込む。恥ずかしそうに彼女は潤んだ眼を伏せた。そんな彼女に微笑みかけ、青年は彼女の唇に口づけを落とす。


 

 ――数百年後、荒野だった大地には、たくさんの緑が溢れかえっていた。

 そして、こんな言い伝えもある。

 この森は竜と森の魔女により息を吹き返したと。

 竜の子孫は今もなお、神々の森を護り続けているという。

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now