登場人物紹介
Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 Vero《ヴェーロ》
 名の意味は真実。
 本編の主人公。一人称は竜。
 中ツ空を飛ぶ虚ろ竜の娘。銀の鱗と地球を想わせる蒼い眼を持つ。銀糸の髪と蒼い目を持つ少女の姿をとることも可能。自分の卵を温め孵してくれた育ての親であるヴィーヴォを番として愛している。現在はヴィーヴォに名を縛れており、自分の名前を認識できない状態にある。
 


 Vivo《ヴィーヴォ》
 名の意味は生命。
 本編のもう一人の主人公。一人称は僕。
 紺青の髪と星屑めいた光を放つ黒い眼の少年。可憐な外見から少女だと勘違いされることがある。かつては黒の一族の二つ名『夜色』を名乗ることを許された高位の花吐きだったが、恋人であるヴェーロが聖都を破壊した罪を問われ聖都を追放された過去を持つ。
 自分の恋人であるヴェーロを深く愛し、彼女のためだったら自らが犠牲になることも厭わない。

 Potenco《ポーテンコ》
 名前の意味は権力。
 一人称は私。
 鋭い黒い眼と、黒衣を纏った長身が特徴。
 ヴィーヴォの兄であり、花吐きであるヴィーヴォの後継人。聖都では花吐きたちを管理する庭師の官職についている。実直で寡黙な性格の持ち主。
 ヴィーヴォとの関係に距離があること悩んでいる。本人は弟であるヴィーヴォのことを案じており、彼が聖都を追放される原因となったヴェーロに対しては複雑な感情を抱いている。黒の一族の長でもあり、優秀な人形術の使い手でもある。

 

 

 Mermaid《メルマイド》
 名の意味は人魚。
 桜色の髪と薄紅色の眼を持つ。
 魂を持たない殻の人魚であり、二つ名の花吐きである珊瑚色の恋人だった。

 

 

珊瑚色《さんごいろ》
 桜の一族を司る二つ名の花吐き。
 ヴィーヴォよりも年長であったが派遣されていた漁村で伝染病を患い、謎の死を遂げる。名はkoralaj《コーララフ》。名の意味は珊瑚

 

 

教皇《きょうこう》
 緑の一族の長にして、教会の頂点に立つ最高権力者。

 

 

若草《わかくさ》
 緑の一族を司る二つ名の花吐きにして、教皇の一人息子。
 ヴィーヴォとは古くからの友人。心許せる話をするときは、本名でお互いを呼び合う仲。

 

 

金糸雀《かなりあ》
 金の一族を司る花吐き。

 

 

緋色《緋色》
 赤の一族を司る花吐き。滅多に生まれない女の花吐きであり、二つ名の花吐きたちの花嫁になることが宿命づけられている少女。

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.
​back

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now