Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.
Hana kracxado knabo kaj, kava drako

虚ろ世界辞典

Hana kracxado knabo kaj, kava drako
vortaro


 

 

虚ろ世界
 
 虚ろ世界は地球にいる少女が見ている夢の世界であると言われている。また、少女の心の形そのものを表した世界でもある。
 この虚ろ世界は3層に別けられる。
 命が生まれ落ちた地球。異世界を背に乗せた虚ろ竜たちが存在する中ツ空と、虚ろの底にある水底。
 太古の昔、地球から命を宿した卵が落ちてきて、虚ろの中を漂ただよっていた。中ツ空の虚ろ竜たちはその卵を守っている使者たちだった。その卵が割れ、命が虚ろに投げ出された。竜たちは投げ出された命を救い出す。救い出された命たちは、虚ろ竜の背に新たな世界を創りだした。
 竜たちに取りこぼされた命は、虚ろの底に落ちそこに世界を創りだす。いつも夜に閉ざされ深海のように暗いその世界は、水底と呼ばれるようになった。


 

 

地球
 
 水底を照らす光の源であり、虚ろ世界の生命を生みだした虚ろ世界の頂きにある星。この星には虚ろ世界を夢見る少女が眠っており、虚ろ世界はその少女の心の形を表していると言われている。
 太古の昔に命を宿した卵が地球から転が
り落ち、これが虚ろ世界の生命の起源となった。
 虚ろ世界に生きるすべての生命は地球に還る本能を備えている。そのため灯花たちはその本能に従したがって地球を目指そうとする。


 

 

水底
 
 夜に包まれた虚ろの底の世界。虚ろ竜たちに取りこぼされた命がした創造した世界だと言われている。空には星となって彷徨う魂たちが溢れ、その夜空には虚ろ竜の陰影と蒼い地球が浮かんでいる。
 教会の聖典によるとこの世界の原初、虚ろ竜たちの父である始祖の竜が命を背中に乗せたまま水底に落ちてきた。始祖の竜の背中に乗っていた命たちは、生命のいなかった水底に根付きこの世界を創りあげた。水底の生命たちが暮らす大陸は始祖の竜の体であり、始祖の竜はこの世界を照らす太陽を口から吐いていたという。今では始祖の竜の力も弱まり、水底は夜闇が支配する深海のように暗い世界となってしまった。


 

 

中ツ空
 
 夜闇に包まれた水底と違い、太陽の光が溢れる明るい空の世界。虚ろ世界の中央に位置するこの世界は、背中に世界を乗せた虚ろ竜たちの世界でもある。中ツ空と水底は大天蓋と呼ばれる巨大な卵の殻によって隔てられている。


 

 

虚ろ竜
 
 虚ろ世界の中央にある中ツ空を飛ぶ竜。竜の背には異世界があり、その異世界に住む命を新たな世界へと連れていくために旅を続けている。虚ろ竜は全員雌であり、ときおり卵を産む。
 だが、新しい世界を探すことに夢中になっているため、産んだ卵を虚ろの底である水底へと落としてしまうことがある。
 虚ろ竜たちの先祖と言われている始祖の竜は雄であり、太古の昔に異世界を背に乗せたまま水底へと落ちていった。その異世界の命が水底の世界を創りあげたとも言われている。始祖の竜は未だに生きており、その体は水底の大陸となっている。
 また、虚ろ竜にはいくつかの血統があり、同じ血統の虚ろ竜たちは似通った髪と眼の色を持っている。


 

 

銀翼の一族
 
 その昔、水底に落ちた始祖の竜を取り戻さんと中ツ空の虚ろ竜たちが水底に攻めてきたことがあった。虚ろ竜の中では始祖の竜だけであり、虚ろ竜たちが子を成なすことができなくなってしまったためだ。
 水底の大陸となった始祖の竜は中ツ空に帰ることができない。そのため、彼を取り戻すために彼の上で生きている命を滅ぼす必要があった。
 始祖の竜は娘たちの蛮行を大いに嘆く。そんな彼を救うべく一匹の虚ろ竜の娘が立ちあがる。
 銀翼の女王と呼ばれる彼女は姉妹たちと戦い、水底を虚ろ竜たちの脅威から救った。
 彼女は始祖の竜と交わり、原初の花吐きたちである色の一族を生みだす。花吐きたちは虚ろ竜たちの番として生まれ、始祖の竜の力を引き継つぎ水底の命を循環させる力を授けられた。この色の一族が今日の水底の生物の起源であり、彼ら一族は始祖の竜と銀翼の女王の末裔として水底を治めている。
 この大戦の名残は水底の各所に残っており、戦で死んだ虚ろ竜たちの亡骸は島や山脈、湖などになり水底の地形を形づくっている。また、小さな亡骸は聖都周辺にある大樹海に散乱している。
 銀翼の女王が治めていた一族は、彼女の遺言に従い水底と中ツ空の秩序を守るために大天蓋を守る役目を課されている。
 この大天蓋を通って水底に行くことができる虚ろ竜は、番の花吐きを求め水底に降りようとしている虚ろ竜たちである。


 

 

花吐き
 
 水底の世界で死んだ者の魂は死後、星となって空を彷徨う。そんな魂を結晶の花として浄化し、新たな命へと生まれ変わらせる者たちを花吐きという。花吐きはその命を糧として星となった魂を灯花と呼ばれる花の結晶に変える。 
 そのため彼らは短命であり、成人を迎える者はほとんどいない。花吐きのほとんどが男性であり、女性の花吐きは稀。
 灯花になった魂たちは、新たな転生先を求め旅に出る。その多くが地球を目指して飛び立つが、大半は虚ろ竜たちの背中にある世界に転生する。中には水底に留まり、咲き続ける花もある。水底の生命は減り続けているため、水底は少しずつ縮小を続けている。
 花吐きの力は眼に宿る。星となった魂は花吐きの眼に引き寄せられ、その眼の中に留まる習性を持つ。
 花吐きは魂を眼に留め、自ら作曲した花紡ぎの歌をうたうことで花吐きの力を発動させることができる。花吐きの吐く灯花には、吐いた花吐きの個性と心情が色濃く合われるという。
 教会の聖典によると花吐きは、始祖の竜と銀翼の女王との間に生みだされた十二の花吐きを紀元に持つという。
 彼らは色の一族と呼ばれ、今日水底で生きている生物たちの始祖となった。色の一族は自らの先祖である始祖の竜を崇める教会を創設し水底を統治している。
 教会を統治するのは直系の色の一族たちである。彼らは一族の中から生まれた強力な力を持つ花吐きに二つ名を与え、始祖の竜の使いとして信仰の対象にしている。
 花吐きは始祖の竜の血を濃く引くほど力も強いとされている。直系と傍系では花の吐ける量や、その花を操る能力にも大きな差がある。


 

 

灯花
 
 水底を星になって彷徨っていた魂が、花吐きに浄化され結晶の花となった姿。灯花になることで、魂は新たな命に転生することが可能となる。その転生先として、灯花たちには生命の生まれた地球を目指す習性があるという。灯花の姿かたちには、吐いた花吐きの心情や個性が反映される。稀に、特殊な能力を持つ灯花を吐く花吐きもいる。
 灯花になった魂は意思を持ち、生前の記憶も保った状態でいる。そのため、彼らは自身の意思で転生先や咲く場所を決め、何に転生するのか自身で考え選び取ることができる。


 

 

教会
 
 水底を治める統治機構。水底の命の起源となって始祖の竜を神として崇め、その能力を引き継ぐ花吐きたちを始祖の竜の使いとして信仰の対象にしている。
 教会を治めるのは始祖の竜の直系である色の一族である。教会は色の一族たちにより共同で運営されており、教会の頂点である教皇の下に色の一族を治める長たちの議会がある。教皇はその議会の選定によって決められるのが習わしだが、長年の権力闘争により議会の選定は形骸化している。教皇が直属に治める存在に二つ名の花吐きと、その花吐きたちを管理する庭師の存在がある。


 

 

色の一族
 
 始祖の竜の直系とされ、水底の生物たちの起源になったとされる古い一族。彼らからは代々強力な花吐きが生まれ、その花吐きを始祖の竜の使いとして崇める教会を介して水底を統治している。
 強い花吐きを生みだすための近親相姦きんしんそうかんと長年の権力闘争により耐えてしまった一族も多いい。現在では緑の一族が覇権を握っており、他の一族はほぼ力を失っている状態である。
 一族は特殊な技術を継承しており、その技術を独占することによって自分たちの教会における地位を確保してきた経緯がある。


 

 

 聖都
 
 花吐きを信仰の対象として崇め、花吐きの子供たちを保護することを目的に作られた教会の総本山。聖都に集められた花吐きの子供たちは専用の霊廟を与えられ、そこで花を吐く毎日を送る。
 教会は花吐きの始祖であるとされる、始祖の虚ろ竜を最高神として祀っている。


 

 


 
 魂を持たない生物たちの総称。太古の昔、生命を宿した卵が壊れた際、その殻の破片も虚ろ世界に飛び散ちった。その破片から生まれたのが、殻と呼ばれる長大な寿命を持つ幻獣たちである。彼らは魂を持たず、新たな命に転生することはない。彼らは魂に惹きつけられる性質を持っており、星となった魂を集める習性がある。魂を新たな生へと導く花吐きたちにとって天敵ともいえる存在。


 

 

竜骸
 
 中ツ空から落ちてきた虚ろ竜の遺骸を利用して造られた乗り物。黒の一族が代々伝えている人形術で動くものと、灯花を熱源とした蒸気の力で動くものの二種類がある。前者は人形術を操る術者しか使用できないが、後者は誰でも操作が可能。
 人や物資の運搬の他に、兵器として使用されることもある。


 

 

稀人
 
 地球から虚ろ世界に落ちてきた人々の総称。
 稀人は少女の眠る地球にいる人々であり、彼女が虚ろ世界を救うためにこれらの人々を送り込んでくるとされるが詳細は不明。未知なる技術を虚ろ世界にもたらすこともある。聖都で使われている蒸気機関の技術は稀人がもたらしてものであり、その技術は金の一族によって伝えられている。

 

 

 


 
 虚ろ世界において名は、存在そのものの在り方を定義するものである。名をつけられることによって初めて生命は自身が何者であるかを認識することができる。原初の水底において名を知られることは、その存在そのものを相手に支配されることを意味していた。これは水底の世界の在り方が不安定であり、名という概念で存在を定義する必要があったためである。
 今日において水底は名によって存在を定義されてもので溢れている。そのため名で人を支配することは色の一族の血を色濃く引くものか、生命そのものを司る花吐きの力を持つ者に限られている。

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.
Hana kracxado knabo kaj, kava drako
Hana kracxado knabo kaj, kava drako
​Bzck

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now