​花吐き少年と、虚ろ竜

虚ろ竜の卵

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 ヴェーロが翼をはためかせると、地面に咲く花々が大きくゆれた。
 輝く藍色の花畑にヴェーロは降りたってみせる。ヴィーヴォが自分の背から僧衣の外套を翻ひるがえして降り立つ。腰を低くして、彼は周囲に咲く灯花に話しかけていた。
「ただいま。みんなはいつもここにいるね。好きなところに行けばいいのに……」
 りぃん、りぃん。
 苦笑するヴィーヴォに抗議するように、花たちは音を奏でてみせる。
 灯花になった魂は、地球を目指し空へと旅立つ。だが、この水底に留まる命もあるのだ。水底に残った魂は、生まれ変わるまで花として咲き続ける。
 ここに咲いているのは、ヴィーヴォが吐いた花たちだ。好きなところに飛んでいけばいいのに、花たちはヴィーヴォの側から離れようとしない。
 冷たい風がヴェーロの鬣をなで、花たちをゆらす。ヴェーロは鳴き、巣に帰ろうとヴィーヴォに促した。
「ごめん、ヴェーロ」
「きゅん」
「今日もありがとう……。いっぱい飛んで疲れたろ? 家に帰って休もう」
 頭を下ろすと、ヴィーヴォが優しく鬣をなでてくれる。ヴェーロは眼を細め、くるくると喉を鳴らしていた。
 ヴィーヴォが顔を赤らめ、ふるふると震え始める。
「いやーん、可愛いよヴェーロっ! 今日も二人で一緒に寝ようねっ!!」
 自分の頭を抱き寄せ、ヴィーヴォは頬ずりを繰り返す。くすぐったくてヴェーロはきゅんと声をはなっていた。
「あ、ごめん……。君が可愛すぎて、ついね……」
 自分の鼻筋に額を押しつけ、ヴィーヴォは幸せそうに眼を閉じてみせた。
「ずっと独りぼっちだったから、君がいるだけで毎日が楽しいんだ。だからねぇ、僕は君がいればそれでいい。他にはなにもいらないよ……。罪を犯した僕には、過ぎた幸せだ」
 ヴィーヴォの声がどこか寂しげだ。胸元に手を充て、彼は弱々しく微笑んでみせる。ヴィーヴォの言葉に、ヴェーロは胸をしめつけられていた。
 ヴィーヴォの胸には小さな焼印がある。焼印は罪人の証だとヴィーヴォは言った。
 ここに来る前、自分たちは大きな都にいた。
 聖都と呼ばれるそこは、花吐きを崇める教会の中心地だ。教会はこの水底を統治も司っている。
 けれど、罪を犯したのはヴィーヴォではない。
 悪いのは、自分と彼を引き離そうとした人間たちの方なのに。
 ヴェーロは小さく翼をはためかせてみせる。ヴィーヴォが驚いた様子で自分を見あげてきた。
「あ、ごめん。風も強くなってきたし、そろそろいこうか」
 ヴィーヴォが微笑んでみせる。ふうっとヴェーロは鼻から息を漏らし、ヴィーヴォの体に頭をすり寄せていた
「うん、帰ろう。愛しい人……」
 ヴィーヴォがそう言った瞬間、頭上の星空が激しく瞬いた。それに呼応するように、周囲の灯花が強い光を放ち始める。
 りぃんりぃん。
 花は激しくゆれながら音を発する。ヴィーヴォは驚きに眼を見開き、呟いた。
「あのときと、一緒だ……」
 そっと自分の鼻筋をなで、彼は空を仰ぐ。星々の瞬きがいっそう強くなり、一滴の流れ星が地上へと落ちていく。
「ヴェーロっ! あそこに連れて行ってっ!」
 流れ星が落ちた場所を見つめながら、ヴィーヴォが叫ぶ。ヴィーヴォが自分の脇へと駆けていき、地面を蹴って背中に跳び乗る。
「早くいってあげなきゃ、君の仲間が死んでしまうよっ!」
 彼の大声にヴェーロは眼を見開いていた。自分の仲間が死んでしまうとは、どういうことだろうか。
 ヴェーロは星空を泳ぐ竜の陰影を見つめる。
 自分が知っている同族といったらあの巨大な竜の陰影だけだ。ヴェーロはこの水底で、同じ虚ろ竜に出会ったことはない。
「早くっ!」
 ヴィーヴォが急かすように鬣を引っ張ってくる。
「きゅん!」
 痛いと抗議の声をあげながらも、ヴェーロは翼をはためかせ花畑から飛び去っていた。

 

 

 

 

 流れ星が落ちた場所は水晶の谷だった。
 星空を映し出す水晶の峰は、星々の光を受けて砂粒のような光を放っている。その峰の間をヴェーロはゆったりとした速度で飛んでいた。峰のすき間には深い谷があり、唸うなるような川の流れが聞こえてくる。
「おかしい……。この辺りのはずなんだけど……」
 真摯なヴィーヴォの声が背中から聞こえてくる。先ほどからヴィーヴォは何度も同じ場所を飛ぶよう指示しては、そう呟いていた。場合によっては、谷間すれすれまで降下することを指示してくる。
「ヴェーロ、あそこっ!」
 ヴィーヴォが自分の鬣を引っ張る。痛いと鳴きそうになったが、谷底に光るものを認め、口を閉じた。
「早くっ!」
「きゅん」
 ヴィーヴォに急かされ、ヴェーロは谷へと降下していく。ごうごうと音をたてて流れる川の岸辺に光るものを見つけ、川の浅瀬へと着地した。
 川面が波立ち、岸辺に打ち上げられたそれをゆらす。ヴィーヴォは自分から跳び下りて、光るものへと駆け寄っていった。
「よかった……。まだ生きてる……」
 両手でそれを抱き上げ、ヴィーヴォは笑顔を浮かべる。彼はそれを抱きしめて、こちらへとやって来る。
 彼に抱かれたそれは、光る卵だった。ヴェーロは眼をまん丸にして卵を見つめる。
「初めて見るもん、驚くよね。ほら、君の仲間だよ。この大きさと形状だと、君と同じ銀翼の一族のものかな……」
 驚く自分の鼻先に、ヴィーヴォは卵を近づける。大きさはヴィーヴォの顔ぐらいだろうか。
 ヴェーロは鼻先に近づけられた卵の匂いを嗅いでみた。
 鼻先を当ててみると、あたたかなぬくもりと小さな鼓動が伝わってくる。
 光る卵は、生きているのだ。
 それになんだろう。卵の光が妙に懐かしくて心地いい。
 ヴェーロは卵に頬ずりをしていた。卵のあたたかな体温に、気持ちよくて小さく鳴き声をあげる。
「君と同じ虚ろ竜の卵だよ。本当、新しい世界を探すのはいいことだけど、自分たちの子供を産みっぱなしにするのはどうかと思うよ……」
 卵を抱きなおし、ヴィーヴォは空を仰いで見せた。暗い谷間からも細長い空が見える。その星空の向こうで、竜の陰影が優美に泳いでいる。
 ――あれが君のお母さんたち。産みっぱなしにされていた君を、僕が拾ったんだ。
 幼い頃にヴィーヴォから聞かされた言葉を思いだす。ヴィーヴォ曰く、虚ろ竜たちはたまに卵を産むらしい。
 でも、新しい世界を探すことに夢中で、産んだ卵のことを忘れてしまうんだそうだ。
 そんな竜の卵が、水底には落ちてくる。
 ヴェーロも大きくなるとあの陰影の竜たちのようになるらしい。大鹿ほどの大きさしかない自分が、そんなになるなんて考えられないけど。
「さぁ、早く帰ってこの子をあっためてあげよう。こんな冷たいところにいたら、卵が死んでしまう」
 愛しげに卵を見つめながら、ヴィーヴォは言葉を紡ぐ。彼は卵を顔に近づけ、頬ずりをしてみせた。
「早く産まれるといいな。新しい家族がまた増える。僕と君の子供だね、ヴェーロ」
「きゅんっ」
 ヴィーヴォが嬉しそうに微笑んでくれる。ヴェーロは翼をはためかせて、弾んだ鳴き声を彼に返してみせた。

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now