​花吐き少年と、虚ろ竜

竜の巣

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

「やったー! 卵だ! 新しい家族だっ!」
 声を弾ませながら、ヴィーヴォは灯花の花畑を駆けていく。彼は花畑を取り囲む石英の断崖へと向かっていた。
 断崖には洞窟がぽっかりと空いている。洞窟の入り口には暗闇杉で作られた褐色の大きな扉がついていた。閂のついた両開きの扉には、菖蒲の灯花が蔓のように長く伸びて、扉に巻きついている。
 この洞窟はヴェ―ロたちが暮らしている巣だ。
 その大きな扉の左側に、小さな人間用の扉がつけられている。ヴィーヴォが扉をノックしてみせると、扉に巻きついていた灯花が淡く輝き、扉から離れていった。
 灯花がなくなったことをたしかめ、ヴィーヴォは人間用の扉から洞窟へと入っていく。
「ヴェーロっ! 早くおいでっ!!」
 ヴィーヴォの言葉に、ヴェーロは閂を口に銜くわえ引き抜いてみせた。瞬間、勢いよく扉が開き、ヴィーヴォが中から跳び出してくる。
「お帰り、ヴェーロ!」
 ひしっとヴェーロに跳びつき、顔をあげたヴィーヴォは満面の笑みを浮かべてみせた。
「きゅん……」
 一緒に帰ってきたじゃないか。そう伝えたくてヴェーロは鳴いてみせる。ぷくっとヴィーヴォは頬を膨らませ、ヴェーロを睨みつけてきた。
「いいの……。僕がやりたいからいいの。君と一緒にいる幸せを実感じたいだけなんだから、我慢してよ」
「きゅん」
 分かっているよと返事をする。するとヴィーヴォは嬉しそうに頬を赤らめ、自分の頭を抱き寄せてきた。
「ほら、早く! 早く! 今日のご飯は昨日の夜に仕留めた角猪の生肉だよっ!」
 自分の頭から手を放し、ヴィーヴォは洞窟の中へと駆けていく。ヴェーロもヴィーヴォのあとに続き、自分たちの巣である洞窟の中へと足を踏み入れていた。
 洞窟の中は、縦長の空洞になっている。空を仰ぐと、丸い夜空がヴェーロの視界を迎えてくれた。洞窟の中央はすり鉢状に窪くぼんでおり、真ん中に長光草の乾草を敷きつめたヴェーロの寝床がある。寝床には濡れないようにアーチ状に組まれた暗闇松の廂がついている。洞窟の壁にはいくつかの壁龕が穿うがたれ、寝床の正面に穿たれた壁龕には翼を広げた竜の彫像が置かれていた。
 中ツ空なの虚ろ竜たちの父であり、この水底の世界の創造主とされる始祖の竜の像だ。教会の聖典によると遠い昔、この水底に始祖の竜が落ちてきて、その竜の背に乗っていた生命が水底の世界を創りあげたという。
 始祖の竜はヴィーヴォたちが暮らしている大陸へと姿を変え、今でも水底の生命たちを見守っているのだそうだ。
 花吐きたちはそんな始祖の竜の使いだとされている。彼らは始祖の竜がもたらした生命の循環を司つかさどるとされ、教会によって信仰の対象となっている。
 始祖を神と崇あがめる教会は、聖都に拠点を置く水底の統治機構ともいえる存在だ。教会の頂点には始祖の竜の直系とされる色の一族が君臨している。水底の命の起源とも伝わる色の一族からは、花吐きが生まれてくる。特に強い力を持つ花吐きは、一族を導くものとして色に因ちなんだ二つ名を与えられ、教会に捧ささげられるのだ。
 ヴィーヴォも、かつては黒の一族を司る夜色の二つ名を与えられた花吐きだった。
 あの事件が起きるまでは――
「ただいま帰りました。始祖さま」
 竜の彫像に駆け寄より、ヴィーヴォは優しく彫像に声をかける。そっと彼は汚れた僧衣の外套を翻ひるがえして、片膝をついた。
 両指を組み、彼は眼を瞑って始祖に黙祷を捧ささげる。ヴェーロも彼に倣って、眼を瞑り首をさげてみせた。
 といっても始祖の竜の何が偉大なのか、自分にはわからない。
「ヴェーロのお父さんは、やっぱり始祖さまなのかな?」
 顔をあげ、ヴィーヴォが自分を見あげてくる。
「きゅん……」
「そっか、僕が卵から育てたんだもん。わからないよね」
 ヴィーヴォの言葉に、ヴェーロは眼を顰めてみせた。ヴェーロの故郷は中ツ空だが、ヴェーロはこの水底で生まれ育った。ヴィーヴォが教えてくれる世界の知識と、水底のことしかわからない。
 だから、集落の人間たちがヴェーロを女神さまだと崇あがめる理由もよくわかならい。
 聖都から追放された自分たちは、この洞窟がある山麓の集落でお世話になっていた。
 集落の人々ときたら自分とヴィーヴォを生神さまと祀りあげて、毎日お祈りを捧ささげる始末だったのだ。
 遠くの街や集落からやってきた参拝客で小さな集落は溢れかえった。自分とヴィーヴォは小さな教会に押し込められて、人々を夜遅で祝福しなければならなかったのだ。
 ヴェーロはストレスで鱗うろこの生えが悪くなるし、ヴィーヴォは疲労で倒れる始末。
 こんな生活もう嫌だと、ヴェーロはこの洞窟を一匹で掘ったのだ。
 人間たちにヴィーヴォをこれ以上虐められたり、彼と一緒にいる時間をとられるは嫌だった。ここにヴィーヴォを連れてきたとき、ヴィーヴォはかなり反発した。
 けれど、今ではここでの暮らしにすっかり馴染んでいる。
「さてと、卵は元気かなーっ?」
 ヴィーヴォは立ちあがり後方にある寝床へと駆けていく。
 寝床の中を見ると、真新しい長光草の乾草の上に卵が横たえられていた。ヴィーヴォは寝床の中へと跳び込み、ぎゅっと両手で卵を抱きしめる。抱きしめられた卵は、嬉しそうに明滅を繰り返した。
「うーん、君と同じ銀翼の一族の卵かと思ったけど、ちょっと違うかな? 調べものーっ!」
 寝床から跳び出して、ヴィーヴォは壁に穿たれた壁龕へと向かって行く。壁龕のいくつかは、長光草での紙で作られた書簡や本が所狭しと並べられていた。それらに視線を走らせながら、ヴィーヴォは口を開く。
「ヴェーロっ! 首貸してっ!」
「きゅん」
 ヴェーロは軽く翼をはためかせ、ヴィーヴォの側へと降りたった。座り込んで首をそっと地面に降ろす。ヴィーヴォはその首に乗り、声をかける。
「右から三番目の書棚。虚ろ竜たちの本が読みたい」
 ヴィーヴォの言葉に従い、ヴェーロは体を起こし、鍵爪を石英の壁に突き立てる。首を目的の壁龕へと伸ばすと、ヴィーヴォは自分の首を伝って、その壁龕の中へと入っていった。
「ひゃほーい!」
 いくつかの巻物と本を両手に抱え、彼は自分の背中を滑り落ちていく。尻尾を滑り降り、彼は寝床に敷かれた乾草へと着地した。
「えーと、虚ろ竜の種族別の特徴を書いた本は……あった、卵の項目。あ、やっぱりヴェーロの仲間だっ! 銀色に光ってるし、卵の形がちょっと細長い。ヴェーロみたいな美人な子が生まれてくるといいなぁっ!」
 弾んだ彼の声が耳朶に轟く。壁から前足を放し、ヴェーロは寝床の中を覗き込んでみた。書物が散乱する寝床の中で、ヴィーヴォが卵を抱きしめて眼を瞑っている。そっと彼を鼻でつつくと、ヴィーヴォはくすぐったそうに笑ってみせた。
「しばらく、花は吐けそうにないや……。この子を温めなきゃいけないもん……」
 うっすらと眼を開けて、ヴィーヴォは笑ってみせる。
「こうやって、僕は君の卵もずっと抱っこしてたんだよ。虚ろ竜の卵はずっとあっためてないといけないってことを教えてくれたのも、兄さんだった……」
 すっとヴィーヴォの眼が影を帯びる。
「最近兄さん、来てくれないな……」
 寂しげな彼の言葉を聞いて、ヴェーロは胸を痛めていた。ポーテンコは彼の兄だ。彼は花吐きを管理する庭師という地位を与えられている。
 文字通り花吐きを保護する立場にある彼は、ヴィーヴォの様子を見にここへも足を運んでいる。
 洞窟にある書物も、ポーテンコがヴィーヴォに乞われて持ってきたものがほとんどだ。中には貴重な書物もあり、それらはヴィーヴォが写本を作り手元に置いている。
 ヴェーロはあまり彼が好きじゃない。
 彼はどこか近寄りがたく、冷たい目でいつも自分のことを睨みつけてくる。
 教会の命令により、自分とヴィーヴォを引き離そうとしたのも――
「ヴェーロ、どうかした?」
 ヴィーヴォの声に我に返る。
 彼が心配そうに自分を見つめている。そんな彼にヴェーロはきゅんと鳴き声をあげていた。ヴィーヴォは安心した様子で笑顔を浮かべる。
「二人っきりの生活もこれで終わりかと思うとちょっと寂しいね……。でも、この子がいれば僕がいなくなってもヴェーロは寂しくないか……。集落に僕が降りて行っても、二人でお留守番できるし、君は独りにならない……」
 卵を抱き寄せ、ヴィーヴォは笑ってみせる。
「きゅん……」
 どこか悲しげなヴィーヴォの笑顔が心配になって、竜は鳴いていた。
 ヴィーヴォはあまり人が好きじゃない。当たり前だ。人間たちはヴィーヴォを自分からとろうとする。
 だが、彼は人との関りを断つことは出来ない。
 この世界に生きる生命を生まれ変わらせることができるのは、花吐きだけなのだから。
「花吐きさまっ! 花吐きさまっ!」
 洞窟の外から声がする。集落の人間が洞窟の扉を叩き、ヴィーヴォを呼んでいるのだ。
 寝そべっていたヴィーヴォが悲しげな表情を浮かべ、体を起こした。
「また、人が星になった……。それも、凄すごく若い星だ……」
 ぎゅっと卵を抱きしめ、ヴィーヴォは辛そうに眼を閉じる。彼は俯き、小さく言葉を呟いていた。
「すぐに行くから、君の愛しい人から離れちゃいけないよ……。だんだん記憶がなくなっていく? 大丈夫、花になれば思いだせる。安心して……」
 口元に笑みを浮かべ、ヴィーヴォはここにはいない誰かを慰めているようだった。遠くにいる死者の魂とヴィーヴォは会話をしているのだ。
 ヴィーヴォから聞いたことがる。
 死んだばかりの魂は、星になる前に側にいる花吐きに語りかけてくると。その言葉を受け、花吐きは死者のもとへと赴くのだ。
「ヴェーロ……。僕が戻ってくるまで、卵をあたためてくれる……?」
 そっとヴィーヴォが眼をあける。彼は顔をあげ、自分に微笑んでみせた。不安になって、ヴェーロはきゅんと鳴く。
「大丈夫。すぐに戻って来るから。人が死んだんだ。弔ってあげなきゃ……」
 ヴィーヴォは、ヴェーロの額に自分の額を押しつけてきた。
「自分が何者かもわからず、この世界を彷徨い続けることほど恐いことはないから……。それにね、僕は花を吐くことでしか、君たちに償えない……」
 ヴィーヴォは寂しげに呟く。彼は眼を伏せ、遠い昔に思いを馳せているようだった。
 人間といるときのヴィーヴォは辛そうだ。
 彼は人間たちに優しい。無理やり笑みをつくっては、身近な人を亡くした彼らに優しく語りかける。
 人間は、彼を虐いじめてばかりいるのに――
 ――自分と、ここにいればいいのに……。
 そう伝えたくて、彼に鳴いてみせる。ヴィーヴォは顔をあげ、困ったように自分に微笑みかけた。
 彼はヴェーロの鼻筋に口づけをして、抱いた卵を干草の上に横たえる。
「僕になにかあったら、花たちが教えてくれるから……」
 耳元でヴィーヴォは囁く。きゅんと鳴き、ヴェーロは卵の上に移動して、そっと座り込んだ。
「ちゃんと、あたためてあげてね。僕と君の大切な子供なんだから」
 自分の頭をなで、ヴィーヴォは笑ってみせる。煌めく彼の眼が何だか頼りなくて、ヴェーロはまた鳴いていた。
 洞窟を出ていくヴィーヴォを見送りながら、ヴェーロは思う。
 人間たちがヴィーヴォになにかしたら、ただじゃおかない。
 ヴィーヴォをヴェーロから引き離そうとしたあのとかのように――

 

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now