​花吐き少年と、虚ろ竜

黒衣の使者

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

亡くなったのは、長老の孫娘だった。彼女の死体は寝台に横になっている。
 黒い髪を真っ白な布の上に広げ、彼女は眼を閉じている。まるで眠っているような彼女を目の当たりにして、ヴィーヴォは息を呑んでいた。
 まだ、彼女が生きているのではないかと錯覚してしまう。けれど、彼女の肌は蠟のように白く、赤みがかっていた愛らしい頬からは生気が感じらえない。
 それに――
 ヴィーヴォは天井を静かに仰ぐ。
 くるくると蒼白い光を放つ球体が、部屋の中を彷徨さまよっている。まるで液体のように不安定にゆれる球体は、ときおり少女の形をとって涙を流した。
 星になった少女の魂だ。
 自身が死んだことを悟り、混乱しているらしい。息を吸い込み、ヴィーヴォは眼に留まる花吐きの力を意識した。
「大丈夫だよ、{ĝojo}(ゴージョ)」
 凛とした声に己の力を込める。すると不安定だった魂は少女の形をとり、ヴィーヴォの前へと降りたった。
 名で彼女を縛ったのだ。
 古来より、名前には万物を支配する力があるとされている。古の昔、水底の支配者である教会は名前の力によって人々を従わせ水底を治めていたという。
 その力は今なお教会の一部の者たちにより使われているのだ。
 特に命を司る花吐きは自身の力を意識するだけで、死者の魂を従わせることができる。
 直系の花吐きである自分は、名を縛ることにより生きた人を従わせることも出来るという。
 そう、兄であるポーテンコは教えてくれた。魂を名で縛ることも彼が教えてくれたことだ。
 ――花吐きさま……。
 目の前の少女に呼ばれ、ヴィーヴォは我に返る。まるで蜃気楼のようにゆらめく彼女は、心配そうにヴィーヴォを見つめていた。
「おいで、ゴージョ」
 ヴィーヴォは彼女を呼ぶ。両手を広げてみせると、彼女は嬉しそうにヴィーヴォの胸へと跳び込んできた。
 彼女の体は明滅し、ヴィーヴォの眼へと吸い込まれていく。
 体が怠くなる。瞬間、ヴィーヴォの中に溢れんばかりの情報が入り込んできた。
 ゴージョの喜び、悲しみ、怒り。懐かしい思い出。懐かしい音。
 彼女の忘れがたい記憶が、ヴィーヴォの中を駆け巡っていくのだ。それらの記憶をもとに、ヴィーヴォはゴージョのための紡ぎ歌を奏でる。
 亡き両親への愛慕と、自分を育ててくれた祖父への感謝の気持ち。そして、そんな祖父より先に亡くなってしまったことへの無念。
 ゴージョの想いは歌となってヴィーヴォによって紡がれ、彼女の魂を浄化していく。
 ヴィーヴォの体が白く輝く。眼を煌めかせながら、彼はふっと息を吐いた。
 その息と共に、一輪の灯花が吐き出される。
 蒼い薔薇を想わせるそれは、鉱石の花弁を煌めかせながらゴージョの亡骸の上へと舞い下りる。
「君は、おじいさんの側にいたいんだね」
 ヴィーヴォは細い指で青薔薇の花弁にふれる。ヴィーヴォの言葉に花はりぃんと涼やかな音を奏でた。
「行こう。おじいさんのところへ……」
 灯花になったゴージョをヴィーヴォは優しく両手に持つ。
 瞬間、花の花弁が慌ただしく瞬きだした。りぃん、りぃんと花はヴィーヴォに何かを訴えるかのように音を発する。ヴィーヴォは驚いて声をあげていた。
「なにっ? 何があったの?」
 ヴィーヴォの声に応えるように、眼の中の星たち輝きを放ち始めた。視界が星たちの輝きに塗りつぶされ、ヴィーヴォは思わず目を瞑ってしまう。
「やめて、なんにも見えないよ……。一体、なにが……」
「相変わらず美しいな、お前の吐く花は……」
 男の声が辺りに響き渡る。背後の扉が開く音がして、ヴィーヴォは身を固くしていた。
 男の言葉に、ヴィーヴォは薄い肩をゆらす。
 彼が自分を大切にしてくれていることは分かっている。でも、ヴィーヴォはこの声の主が好きになれないのだ。
「久しぶりだな。ヴィーヴォ」
「ポーテンコ兄さん……」
 振り返ろうとした瞬間、ヴィーヴォは後方からポーテンコに抱き寄せられていた。顔をあげると、兄の顔が視界に入り込んでくる。紺青の髪を布で束ねた兄は、自分と同じ黒い眼に微笑みを浮かべていた。その眼からヴィーヴォは視線を逸らしてしまう。
「やはり、私のことは嫌いか?」
「何のよう? 最近、ぜんぜん来なかったくせして……」
 寂しげな兄の声に罪悪感を抱きつつも、ヴィーヴォは冷たい言葉をはっしていた。
「嬉しい知らせだよ。お前たちの罪が赦される。お前は剝奪された夜色の二つ名を再び名乗ることができるんだ、ヴィーヴォ」
 兄がサイドの三つ編みを優しくなでてくる。その手をヴィーヴォず払いのけていた。
「ヴィーヴォ……」
「僕たちが赦されるはずがないっ!」
 ヴィーヴォは彼へと体を向ける。ポーテンコは困惑した様子でヴィーヴォを見つめるばかりだ。
 そんな兄にヴィーヴォは叫んでいた。
「黒の一族の長である兄さんが、そのことは一番よく知っているはずだっ! 僕は、彼女を使って聖都の人たちをたくさん殺したんだよっ!」
 脳裏に、あのときの出来事が蘇る。
 炎に包まれた聖都と、その聖都を襲うヴェーロの姿が――
「緋色が死んだ……。金糸雀も危ない……」
 静かなポーテンコの言葉にヴィーヴォは眼を見開く。緋色と金糸雀は自分と同じ二つ名を持つ直系の花吐きだ。
「嘘だ。金糸雀はともかく、緋色は僕より年下のはずだよっ!」
「お前が聖都にいれば、緋色は死ななかったかもしれない……」
 ヴィーヴォの言葉にポーテンコは眼を伏せてみせる。悲しげな兄の表情を見て、ヴィーヴォはあることを悟っていた。
「やっぱり、生まれなくなっているんだね。僕たち花吐きが……」
 日増しに輝きを増す星空を思いだし、ヴィーヴォは唇を噛みしめていた。集落の人たちのあいだでも、この話題はときおり話されている。
 聖都から離れた辺境の地は灯花になれない星が溢れかえり、夜空が燭台のように明るいという。
 花吐きが生まれなくなれば、この水底に新たな生命が生まれなくなってしまう。花吐きの不在は、命の循環そのものが途切れることを意味しているのだ。
 それだけではない。
 水底を統治してきた教会は、花吐きによってその権力を維持してきた。花吐きがいなくなるとうことは、水底の秩序そのものの崩壊も意味するのだ。
「頼む。戻って来てくれ。私たちには、お前が必要なんだ。お前の花吐きとしての力が……」
 兄の言葉を聞いて、ヴィーヴォは彼を睨みつけていた。
 この人はいつもそうだ。自分のことを考えているといいながら、結局のところ本当の気持ちは分かってくれない。
「いいよ、戻るっても……。でも一つだけ聞かせて……。僕の竜はどうなるの?」
 ヴィーヴォの言葉にポーテンコは顔を歪ませる。彼は気まずそうに口を開いた。
「残念だが、彼女を連れていくことは出来ないよ。処分するしかないだろうな……。虚ろ竜は信仰の対象だが、彼女の犯した罪を考えればそれが妥当だ。でも、一緒に連れていける方法もある」
 すっと息を吸って兄は、ヴィーヴォに言葉を続ける。
「竜の名を教えろ、ヴィーヴォ。彼女の管理を教会に一任するんだ」

 

 

 りぃんと涼やかな音がなってヴェーロは頭をあげていた。
「きゅん」
 鳴き声をあげると、その音は自分の声に応えるようにまた奏でられる。
 りぃん。りぃん。
 ――僕になにかあったら花たちが教えてくれるから……。
 不意にヴィーヴォの言葉を思い出し、ヴェーロは起き上がっていた。
 灯花には、不思議な力がある。
 ヴィーヴォが吐いた花たちは、彼のことを慕っている。ヴィーヴォに何かあると、花たちは音を鳴らしてそれを伝えてくれるのだ。
 ヴィーヴォが集落で大変な目に合っているかもしれない。そう思うといたたまれなくなって、ヴェーロは洞窟の入り口を見つめていた。
 遠い、昔のことを思い出す。
 小さかった自分を抱きしめて、たくさんの人間たちから逃げていたヴィーヴォのことを。
 ――大丈夫、僕が守ってあげるから。
 震える声でそう言って、ヴィーヴォは泣きそうな顔に笑みを浮かべてくれた。
 人間たちが恐かったのに、ヴィーヴォは自分を慰めようとして笑顔を浮かべてくれたのだ。
 でも結局、自分たちは捕まって――
 ざわりと、鬣が逆立つ。静かな怒りが体中に広がっていくことを感じながら、ヴェーロは立ちあがっていた。
 もし人間たちが、あのときのように自分たちを引き離そうとしたら――
 不意に、あたたかな感触が足に広がり、ヴェーロは我に返る。
 卵が、寄り添うように後ろ足にふれていた。まるで行かないでと自分に訴えているみたいだ。
 そうだ、卵をあたためないといけない。そうしなければ、この子は死んでしまうのだ。
「きゅん……」
 困ったと鳴き声をあげ、ヴェーロは鼻先で卵をつつく。あたたかな卵から、かすかに心音がしている。
 この子はちゃんと生きているのだ。
 卵に頬ずりをしていたヴィーヴォの姿を思い出して、ヴェーロは困惑する。
 早くヴィーヴォのところに行かなければいかない。
 でも、そしたら卵が――
「きゅんっ!」
 いいことを思いついてヴェーロは鳴いていた。
 ぐわんと大きく口を開け、口の中に卵を入れる。口の中に卵を入れておけば卵が冷えてしまうことはないし、ヴィーヴォのところに行くことができる。
 口に卵を入れたまま、ヴェーロは洞窟の入口へと走った。
 洞窟の外に広がる花畑では、灯花がけたたましく音を奏でている。
 自分の脳裏を、ヴィーヴォの笑顔が過る。
 ヴィーヴォのことを想い、ヴェーロは大きく翼を翻していた。 

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now