​花吐き少年と、虚ろ竜

星空の恋人たち

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.


 灯花に囲まれながら空を舞う少女と少年を、木製の鹿に乗ったポーテンコは静かに眺めていた。その眼差しは、蒼い地球に照らされ寂しげにみえる。
「また、私たちは繰り返すのか?」
 微笑み合う二人を見つめながら。ポーテンコは眼を伏せる。彼は星空を仰ぎ、小さく呟いた。
「また、私を連れて行ってはくれませんでしたね。私は、ずっとあなたのことを想っていたのに……」
 その声に応える者はない。彼を慰めるように、空の星々は優しく瞬く。かつて彼らを灯花に変え導いていた自分が、今は彼らに慰められる立場になっている。
 その月日の残酷さが妙におかしくて、ポーテンコは苦笑を漏らしていた。
 彼女に会ったことで自分の人生は変わってしまった。
 愛しい女は空へと去り、自分は独りこの地に取り残された。
 虚ろ竜の舞う空を眺めても、彼女は応えてくれない。それでも、ポーテンコは愛しい人へと語りかける。
「教えてください……。あの子たちは――」
 ポーテンコの言葉は、軽やかな灯花の音によって遮られる。周囲を見回すと、風に流された花々が自分の前を通り過ぎていくところだった。
 ふと、視線を感じてそちらへと眼を向ける。
 竜の少女に抱かれたヴィーヴォが不安げな眼で自分を見つめていた。彼を抱く少女は、翼を大きくはためかせ、鋭い眼を自分へと向けていた。
 その蒼い眼に、思わず見入ってしまう。その眼の色は、彼女と同じものだから。
 少女に微笑みかけ、ポーテンコは木鹿の腹を蹴る。木鹿は低く嘶いて、黒い翅を動かす。
 木鹿が上昇するとともに、少女と少年の姿は瞬く間に小さくなっていく。少女の射るような眼差しを思い出しながら、ポーテンコは眼を伏せてた。
 空から降ってきた弟の恋人は、あの人の子に違いないのだ。
 そして、彼女の父親は――
 静かに、ポーテンコは眼を閉じる。
 星空を飛ぶ虚ろ竜の羽ばたきが、かすかに聞こえてくるような気がした。

 

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now