​花吐き少年と、虚ろ竜

竜と友達

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 どこをどう飛んだのか覚えていない。気がついたらヴェーロは海原の真ん中に浮いていた。細木のように頼りない体を、小さな波がゆらしていく。空を仰ぐと、地球が優しく海を照らしていた。
 飛び過ぎて、疲れて落ちたのだと思う。ここに来るまでの記憶が曖昧で、夢を見ているような気持ちだ。
 あたたかな海は、ヴィーヴォの手を思い出させる。自分をあたたかく包んでくれる彼のぬくもりを。
 自分は、そのぬくもりを喰くららおうとした。
 彼を誰にも渡したくないために――
「あ……あ……」
 両手を顔で覆い、涙を耐える。それでも涙はとまってくれず、ヴェーロの頬に絶えず筋をつくった。
 泣いた方が楽になるのだろうか。
 涙は自分に芽生えたおかしな感情を洗い流してくれるだろうか。そう思い、ヴェーロは声をあげて泣いた。
 ヴェーロの泣き声は、海原の果てまで響き渡わたる。
 自分の泣き声に混じって、かすかな歌声がヴェーロの耳に響いた。
 ヴィーヴォの子守歌のように、あたたかく、それでいて優しい少女の声。
 泣かないでと、歌声は言っていた。
 泣かないでと、歌声はヴェーロに語りかけていた。
 驚いてヴェーロは眼を見開く。おそるおそる顔から両手をとると、見知らぬ少女が自分の顔を覗き込んでいる。
 珊瑚のような薄紅色の眼を瞬かせ、彼女はじぃっとヴェーロを見つめていた。
 海底で、自分に歌をうたっていた人魚じゃないか。
「きゅーん!」
 驚きのあまり、ヴェーロは鳴き声を発していた。そんなヴェーロを見つめながら、人魚はころころと笑う。
「Kio estas via nomo?(あなたの名前は?) 」
「何……?」
「Kio estas via nomo……」
 彼女が何を言っているのかわからない。
 そういえば、ヴィーヴォが教えてくれたことがあった。殻たちは、地球で使われていた古い言葉を喋るのだと。
 ヴェーロの名前もヴィーヴォの名前もみんな地球の古語をもとにつけられている。ヴィーヴォは古い言葉を少し喋ることが出来るみたいだけれど、ヴェーロには意味がわからない。
 困ったように眼を眇すがめ、人魚は唇を開く。そこから、ソプラノの美しい響きがはっせられた。

 水面に漂う竜の少女
 名もなき彼女は、どこの誰?
 名もなきあなたの、名はどこに?

「きゅん……」
 歌の内容が手に取るようにわかり、ヴェーロは驚きに眼を見開く。人魚は薄紅色の眼を細め、微笑んでみせた。

 私たちの異なる言葉
 歌は言葉を飛び越える
 私の歌はあなたの言の葉となり
 あなたの耳に届いている

 歌の内容から察するに、人魚たちの歌は聞いた対象が慣れ親しんでいる言語として聞こえるらしい。
 まるで魔法みたいだ。
 ぱっとヴェーロは顔を輝かせる。人魚はそんなヴェーロを見て、笑みを深めた。

 あなたは誰
 あなたは誰
 教えて
 あなたを教えて

 ヴェーロの髪を優しくなでながら、人魚は歌で語りかける。自分の名前を言おうとして、ヴェーロは愕然とした。
 名前が、分からない。
 それもそのはずだ。ヴィーヴォが自分から名前を取りあげたのだから。
 その事実がなんだか悲しくて、ヴェーロは人魚から視線を逸らしていた。
「竜は、竜……。名前は、分からない……」

 夜の少年
 あなたを支配する人
 彼があなたを苦しめるの?

 人魚がヴェーロの頭を抱き寄せてくる。優しくヴェーロの髪に唇を寄せ、彼女は歌を紡ぐ。


 銀の竜
 地球の眼をしたあなたは
 悲しみで満ち溢れている
 夜色が
 あなたの心を闇で覆う

「違う……。ヴィーヴォは竜のヴィーヴォ……。ヴィーヴォがいないと、竜は悲しい……。でも、ヴィーヴォを傷つけたから、竜はここにいる……」
 ヴェーロの言葉に、人魚は大きく眼を見開く。彼女はヴェーロの顔を覗き込んできた。
 悲しそうに眼を細め、彼女は優しくヴェーロの頬に触ふれる。
 どうしてと、彼女はヴェーロに訴えかけているようだ。
「ヴィーヴォは竜の番だけど……竜のお母さんなの……。卵の竜を温めて孵してくれた……。それから……恐い人間たちから竜を守ってくれた……。それからずっと一緒……。竜の側にいるのは、ヴィーヴォだけ……。ヴィーヴォは人間で……ヴィーヴォの周りには人間がたくさんいて……その人間たちは、竜を嫌うから……。竜とヴィーヴォを引き離そうとするから……。だから竜は……ヴィーヴォがいないと……独りになる……」
 言い終えて、ヴィーロは口を閉ざす。
 ふと、背中に乗せた子供たちのことを思いだして、ヴェーロは悲しくなっていた。
 ヴィーヴォは言っていた。彼女たちはヴィーヴォの友達だと。
 ヴィーヴォは自分が独りだという。でも、彼の周りには彼を慕う人間たちがいつもいるのだ。
 ヴィーヴォがいないと、ヴェーロの側には誰もいない。
 家族も、友達と呼べる人も。
 ヴィーヴォと一緒にいることを選んだのは自分自身だ。
 でも、彼がいなくなったら自分は――


 彼はあなたを独りにする
 それでもあなたは彼を愛する
 何て矛盾
 何て悲劇

 まるで自分の気持ちを見透かしたように、人魚が歌を紡ぐ。ヴェーロは大きく眼を見開いて、口を開いていた。
「違うっ! ヴィーヴォは竜から何も奪わない! 竜が……人間を……嫌いなだけ……。ヴィーヴォのせいじゃない……」
「Kompatinda.(可哀そう)Vi estas tro afableco.(あなたは優し過ぎる)」
 人魚は眼を伏せ、悲しげに何かを呟く。何を言っているのか分からないが、彼女が自分に同情していることは分かる。
「そんなの……いらない……ヴィーヴォを悪く言わないで……」
「Por li vi estas sole……(彼のためにあなたは独り……)」
 そう呟いて、彼女は空を仰ぐ。
 桜色の唇を動かし、彼女は星空に向かって歌を吐き出す。

 独りぼっちの竜
 あなたは、どうして独りなの?
 側には、私がいるのに

 歌はまるで水がしみ込むように、ヴェーロの耳に入り込んでくる。そっと彼女は顔を下ろし、ヴェーロに微笑んでみせた。
「Ni estu amikoj(友達になろう)……tomodati……ともだち……トモハチ……ともばち……」
 拙い言葉を繰り返し、彼女は胸を叩いてみせる。ヴェーロは仰向けの体を起こし、彼女と視線を合わせた。
 首をこくりと傾げて、人魚は嬉しそうに薄紅色の眼を煌めかせる。
「友達? 竜と……友達になってくれるの?」
「Jes, ĝuste! (うん、そうよ!)」
「あっ……」
 ヴェーロの両手を握りしめ、人魚は弾んだ声をあげる。彼女はヴェーロの手を取って、くるくると回り始める。
「あ……あっ! ……あぁ!」
 ヴェーロの視線がくるくる回る。あたたかな海の波が肌を滑る感触が気持ちよくて、ヴェーロは眼を細めていた。
 嬉しそうに弾んだ声をあげながら、人魚が歌を奏でる。

 竜と人魚は共にある
 人魚は竜と輪舞を踊る
 人魚は竜を笑わせたい

 歌い終えて、彼女は嬉しそうな眼をヴェーロに向けてきた。
「きゅん!」
 彼女がヴェーロの体を抱きしめてくる。冷たい彼女の肌が体に触れて、ヴェーロは思わず声をあげていた。
「Ni iru!《行こう!》」
 人魚が嬉しそうに声をあげる。瞬間、ヴェーロは海中へと引きずり込まれていた。
 銀の帯が、ヴェーロの眼前で翻る。それは尾鰭をゆらして泳ぐ、人魚たちの群れだった。その群れの中に小さな青魚たちが紛れ込んで、青味がかった銀色の光を周囲に放っているのだ。
 ヴェーロを抱きしめたまま、人魚は海底へと潜っていく。淡く輝く蛍烏賊がヴェーロたちを取り巻く。その蛍烏賊の光に導かれるように、ヴェーロたちは白砂の海底に降りたった。
 人魚はヴェーロの手を掴み、体を引き寄せてくれる。砂地に足をつけると、かすかに砂が舞いあがる。ヴェーロが翼をはためかせると、舞いあがった砂は海流に巻き込まれ散っていった。
 人魚はヴェーロの手を取り、前方へと進み始める。
 どこに連れていかれるのだろう。不安になり、ヴェーロは動きをとめる。そんなヴェーロを人魚が振り返った。
 縋るような薄紅色の眼が、ヴェーロに向けられる。彼女についていかなければならない気がして、ヴェーロは人魚の手を握り返していた。

 

 


 桜を想わせる珊瑚礁を通り越すと、水晶の崖が眼の前に現れた。珊瑚を映し出す崖は、ほんのりと薄紅色の光を放っている。
 ヴェーロは珊瑚の枝に腰を下ろし、崖を眺めた。人魚が崖に近づき水かきのついた両手をあてる。
 彼女は眼を瞑つぶり、崖に額を押しつけた。彼女が崖に唇を寄せると、その表面が淡い光を放つ。光は水晶の崖に無数の文字を描き出した。
 大きく眼を見開き、ヴェーロは翼をはためかせる。人魚の側に降りたち、ヴェーロは崖に現れた文字の羅列を見つめた。
 その文字を見て、ヴェーロは愕然とする。
 文字の輝きが、ヴィーヴォの吐く灯花とよく似ていたからだ。隣にいる人魚が、崖を指で軽く叩く。崖の内部に無数に輝くものがあること認め、ヴェーロは眼を見開いた。
 花だ。
 赤紫の灯花の花畑が、崖の内側に広がっている。紫苑を想わせる花たちは、美しい音色を放っていた。
 その音色に合わせて、人魚が歌を奏でる。
 海中であるはずなのに、人魚の歌声は朗々と辺りに響き渡る。その歌声は砂にしみ込む水のように、ヴェーロの耳に入り込んでいく。
 それは、悲恋の歌だった。
 大切な恋人を奪われた人魚の歌は、悲しく海に響き渡っていく。
 その歌声を彩るように、灯花たちが音を奏でる。

 どうか、どうか聞いて欲しい
 彼の言葉を、彼の死を
 どうか、どうか聞いて欲しい
 私の言葉を、私の嘆きを

 桜色の髪を海中に散らばらせ、人魚は両手をゆったりと広げる。そんな人魚に呼応するように、周囲の珊瑚礁が淡い輝きを放ち始めた。
 それは瓶に入った星たちの輝きだった。珊瑚の枝に瓶が置かれ、その中に閉じ込められた星が煌めいているのだ。
 一つの瓶が浮かびがり、高いソプラノを奏でる人魚の元へと近づいてくる。人魚は、瓶をそっと両手で抱きしめた。
 彼女は眼を瞑り、歌をやめる。
 彼女ゆったりと眼を開け、辛そうな眼差しをヴェーロに向けてきた。胸に抱いた瓶を彼女は両手で持ち直し、ヴェーロに見せてくる。
 その瓶に入っているものを見て、ヴェーロは眼を見開いた。
 それは、一揃いの眼球だった。
 銀色の眼球が、地球の輝きを受け桜色に輝いている。瓶を持つ人魚は、そんな眼球を泣きそうな眼で見つめていた。

 

 初めてだった。
 ヴィーヴォ以外の存在を乗せたいと思ったのは。
 背中に響く人魚の笑い声が心地よくて、竜の姿になったヴェーロは眼を細めていた。
 翼をはためかせ、上昇気流を捉える。夜空に瞬く星が視界に迫った瞬間、美しい歌声が耳朶に響いた。
 人魚がおいでと星々に語りかけている。
 その声に引きつけられ、煌めく星々が螺旋を描きながらヴェーロの周囲を旋回する。人魚は、そんな星々に優しく歌を聴かせていた。
 人魚の名前は、メルマイドといった。
 死んでしまった恋人につけてもらった名前だそうだ。
 恋人の名前は{koralaj}(コーララフ)という。人間は彼のことを珊瑚と呼んでいたそうだ。
 彼は花吐きだった。
 疫病で死んだ人々の魂を弔っていた彼は、この地で病に罹り感染を恐れた人間たちによって殺されたという。
 ヴィーヴォの話と全く逆だ。
 彼は人魚が珊瑚色を殺したと言っていたし、殻である人魚は人の敵だとも言っていた。
 珊瑚色はそんな人魚たちに近づいたから、殺されたとも――
 どちらが本当のことなのかヴェーロには分からない。でも、メルマイドが嘘をついているとヴェーロは思うことが出来なかった。
 歌を通じて彼女と心を通い合わせた。
 自分を慰めてくれたメルマイド。友達になってくれたメルマイド。
 メルマイドは珊瑚色を喪った悲しみを自分に訴えてきた。
 そして、ヴェーロに頼んだのだ。
 これ以上、人魚を殺さないで欲しいと。珊瑚色が死んだ本当の理由を、あの夜色の花吐きに教えて欲しいと。
 彼に、あの崖に記された文字を読んでもらいたいと。
 この水底で文字を書ける存在と言ったら、水底を治める教会の人間ぐらいだ。
 ヴェーロもメルマイドも自分の名前を書くのがやっと。メルマイドは自分よりも単語を書くことが出来るけれど、あの文章を読むことはできないという。
 ただ、頻繁に出てくる単語が人の名前であることは理解していたという。
 {Vivo}(ヴィーヴォ)。
 それが、崖に刻まれた文字の中に多く含まれている人名だ。
 メルマイドは砂浜を散歩していた自分とヴィーヴォの会話から、文字に刻まれた人物が自分たちを襲う花吐きであることに気がついたらしい。
 夜色としか呼ばれない彼が、本名で呼ばれていたことにメルマイドは驚いたという。
 名は、その名を持つ存在を縛ると言われている。
 今は廃れてしまったが、遠い昔の水底では名を呼ぶことによって相手を支配することができる呪術が使われていた。
 聖都では今でもその呪術が用いられ、花吐きたちは名を縛られることで聖都への忠誠を誓わされているとメルマイドは珊瑚色から教えられたという。
 彼らの本名を知っている人間は一握りしかおらず、通常は二つ名や官職でお互いを呼ぶそうだ。
 名のない存在に名前をつけたものは、その存在そのものを支配することができることも珊瑚色はメルマイドに告げたという。
 だから、名を持たないメルマイドは珊瑚色に名を授けて欲しいと願った。
 自分が彼を愛している証として、メルマイドは名を欲したのだ。
「Sabla plaĝo estis vido!(砂浜が見えてきた!)」 
 メルマイドが弾んだ声がする。その声に、ヴェーロは大きく眼を見開いていた。白い砂浜が視界に映りこむ。
 その砂浜に咲く灯花を見て、ヴェーロは眼を見開いていた。
 砂浜一面に珊瑚が咲いている。いや、珊瑚だと思ったものは、薄紅色をした灯花だった。その花たちが涼やかな音をたてながら、自分たちを歓迎してくれる。
「{koralaj! Koralaj!}(コーララフ! コーララフ!)」
 メルマイドは、嬉しそうに恋人の名前を呼ぶ。どうやらあの花たちは、珊瑚色が吐いたものらしい。
 彼に会いたいと、メルマイドは言っていた。彼の墓地が、漁村の外れにある砂浜にあると。
 だから自分は、彼女をそこまで乗せていくことにしたのだ。
 海面に漣をたてながら、ヴェーロは浅瀬へと降り立つ。
 ゆっくりとヴェーロは四肢を折り、浅瀬に座り込んだ。メルマイドが背から滑り落ちて、海に落ちる。
 しゃらん、しゃらん。
 軽やかな音が聞こえる。灯花たちが、自分たちに呼びかけているのだ。そんな灯花たちを見つめながら、ヴェーロは人の姿をとっていた。
 少女の姿となったヴェーロは、浅瀬に尾鰭を横たえるメルマイドへと近づく。
「――!?」
「連れて行ってあげる……」
 驚くメルマイドを抱上げ、ヴェーロは彼女に微笑んでみせた。
「Dankon……(ありがとう……)」
 彼女は水かきのついた手をヴェーロの首に回してきた。ヴェーロは彼女を抱き寄せ、砂浜へと顔を向ける。
 ふと、こちらに走り寄ってくる少年の姿に気がつきヴェーロは眼を見開いていた。
 ヴィーヴォだ。慌てた様子で彼がこちらに駈け寄てくる。
「竜っ!」
 ヴィーヴォが自分を呼ぶ。
 ヴェーロが飛び出してすぐに後を追ってきたのか、彼の僧衣は着崩れたままだった。首筋に手をあてる彼を見て、ヴェーロは固まる。
「竜っ! 」
 躊躇することなく、ヴィーヴォは海へと足を踏み入れ、ヴェーロの元へとやってくる。
 逃げなきゃ。そう、ヴェーロは思った。
 そうしなければ、彼を傷つけてしまう。ヴェーロは後方へと振り向き、翼を広げた。
「逃げるな、Vero!」
 ヴィーヴォが自分を呼び止める。
 名を呼ばれた瞬間、ヴェーロは体中の筋肉が硬直するのを感じていた。
 力が入らず、腕に抱いたメルマイドを海に落としてしまう。海中に腰をつけたままへたり込むヴェーロの腕をヴィーヴォが掴んだ。
「人魚と一緒にいるなんて……。何を考えてるんだ、君はっ?」
 ヴィーヴォの怒声が耳朶を叩く。体をヴィーヴォに抱き寄せられた瞬間、メルマイドの悲鳴があがった。
 驚いて、ヴェーロは後方へと顔を向ける。海中に座り込むメルマイドを、小さな光の粒たちが襲っていた。ヴェーロの鱗を操り、ヴィーヴォが彼女を攻撃しているのだ。
「やめてっ!」
「うわっ!」
 ヴェーロは、ヴィーヴォを突き飛ばしていた。彼が海に倒れ込むのも気にせず、両手で自身を庇うメルマイドの元へと駆け寄る。
 ヴェーロの白い柔肌を、鋭い鱗が切り裂いていく。体に痛みが走るが、そんなものを気にしている余裕はない。
 傷だらけのメルマイドを抱き寄せ、ヴェーロは空へと飛び立っていた。
「ヴェーロっ!」
 ヴィーヴォの怒声が聞こえる。
 体を起こした彼は、上空へと逃れた自分を睨みつけてくる。彼の周囲に銀色の鱗が集い、小さな竜の形をとる。
 ヴィーヴォの人形術だ。あの小さな竜たちは、強力な火球すら放つことが出来る。それを使って彼は、メルマイドを襲おうとしている。
「やめてっ! メルマイドは竜の敵じゃないっ! 竜の友達っ!」
「人魚が友達っ? 何を言っているんだ君は、そいつらは僕たち人間の――」
「竜は人間じゃないっ!」
 ヴィーヴォの言葉を、ヴェーロの叫びが遮る。ヴィーヴォが瞠目する。ヴィーヴォの周囲を旋回していた鱗の竜たちが、音もなく崩れ落ちた。
「ヴェーロ……」
 ヴィーヴォが自分を見つめてくる。動揺する彼の眼から、ヴェーロは眼が離せない。
「嘘だ……。君が、僕に逆らうなんて! 僕を拒絶するなんてっ! そんな――」
「竜は、ヴィーヴォの人形なんかじゃない!」
 凛とした声が、喉から溢あふれ出る。
 自分の発言に驚きを覚え、ヴェーロはとっさに自分の口に手をあてていた。
「ヴェーロ……」
 ヴィーヴォが力なく浅瀬にへたり込む。そんな彼をいたぶるように、波が彼の体を濡らしていく。
「うわぁ!」
 突然、ヴィーヴォが悲鳴をあげた。
 暗い海面から伸びた無数の手が、彼を掴み海中に引きずり込もうとしていた。
 それは、笑い声をあげる人魚たちの手だった。
「Senutila!(ダメっ!)」
「あっ!」
 腕の中のメルマイドが尾鰭を跳ね上げ、海へと跳び込んでいく。海面に波紋を広げ、メルマイドはヴィーヴォのもとへと泳いでいった。
 溺れるヴィーヴォに彼女は手を差し伸べる。その手を同胞の人魚が掴み、海中へと一気に彼女を引きずり込んでいった。
「ヴィーヴォ! メルマイドっ!」
 ヴェーロは叫び、海面へと急降下していた。
「ヴェ……ロ……」
 人魚に頭を抑え込まれたヴィーヴォが、ヴェーロに手を伸ばす。その手を掴もうとした瞬間、彼は海中へと沈んでいった。
 ヴェーロの手が虚しく宙を掴む。眼の前には暗い海面だけが広がっている。
「ヴィーヴォっ!」
 叫んでも、彼は答えない。
 その叫び声は、不気味なほど静かな夜の海に響き渡った。

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now