​花吐き少年と、虚ろ竜

光の遺言

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 頬にあたたかな感触があり、ヴィーヴォはゆるゆると眼を開けていた。ぼんやりとした視界に一人の少女が映りこみ、ヴィーヴォは口を開く。
「ヴェーロ?」
 名を呼ぶと、少女はゆっくりと首を振る。
 瞬きをする。はっきりとした視界に映りこむのは、ヴェーロではなく桜色の髪を持った人魚だった。
 薄紅色の彼女の眼から涙が零れては、自分の顔にあたっているのだ。
「君が、助けてくれたの?」
 そっとヴィーヴォは彼女の頬へと手を伸ばす。その手を握りしめ、人魚は頷いて見せた。
「そっか、本当にヴェーロの友達なんだね……」
 微笑んでみせると、彼女は濡れた眼に笑みを浮かべてみせる。ヴィーヴォは起き上がり、言葉を続けた。
「それなのに襲ったりして本当に悪かった。その……ごめん……」
 よく見ると、彼女の体は傷だらけだ。その傷がなんとも痛ましくて、ヴィーヴォは彼女から顔を逸らしていた。
 ふと、地面に生える灯花を認める。
 それは赤紫色の紫苑だった。その紫苑の花が、透明な水晶の地面に生えているのだ。 顔をあげ、周囲を見渡す。
 自分がいる場所は、どうやら水晶の中にできた大きな虚らしかった。水晶の虚の一面は輝く文字が刻まれ、虚の頂きには穴が空いている。
 桜色の人魚は、海に引きずり込まれたヴィーヴォを救い、どうやらあの穴からこの虚に逃げ込んだみたいだ。
 文字の記された壁の向こう側では、蠱惑的な笑みを浮かべる人魚たちが周囲を漂ただよっている。


 おいで――
 おいで――


 透きとおる歌声が虚に響き渡ってくる。その歌を聞きながら、ヴィーヴォは苦笑していた。
「えっと、僕たち……完全に取り囲まれちゃってるねぇ……」 
 苦笑を、側にいる人魚に向けてみせる。人魚は悲しそうに眼をゆがめて、口を開いた。
「Mi bedaŭras(ごめんなさい)」
「むしろ悪いのは僕の方だよ。レディをこんなに傷つけたなんて知ったら、母さんに叱られれる……」
 そっと彼女の頬についた傷口を指でなぞる。人魚は驚いたように眼を見開いて、ヴィーヴォを見つめ返してきた。
「あぁ、君たちの言葉は少しだったらわかるよ。これでも僕、聖都の花吐きだしね。あの、僕みたいなやつに教えたくないだろうけど、君の……名前は?」
「Mermaid(メルマイド), Li donis al mi nomon(彼が名前をつけてくれた)」
「人魚って……恋人にそのまんなの名前つけるかなぁ」
「Mi ŝatas ĉi tiun nomon……(私はこの名前が好き……)」
 胸に手をあて、メルマイドと名乗った人魚は不機嫌そうに顔を曇らせた。ヴィーヴォは微笑んで、彼女に言葉を返す。
「いや、あの人らしいや。奔放だったあの人に、君みたいな本命がいたことの方が驚きだけれどね」
 ヴィーヴォの言葉を受け、メルマイドは悲しそうに眼を伏せる。彼女は水晶の壁を指さし、小さな声で言った。
「Mi volas ke vi legu tiun leteron.(この文字を読んで欲しい) Ĉu la vorto, kiun li lasis por vi(彼があなたに残した言葉です)」
「珊瑚色が僕に……?」
 光り輝く文字を眺め、ヴィーヴォは立ちあがる。ゆっくりと壁に歩み寄より、手を添える。すると文字が淡く明滅し、その姿を変えた。
 しゃらんと灯花たちが淡い光を吐き出して鳴る。
 文字を描いていた光は形を変え、少年を乗せて飛ぶ竜の姿を壁に描き出す。その竜の横に、新たな文字が書き加えられた。

 ――久しぶりだね、ヴィーヴォ……。君が来るのをずっと待っていた。僕はもう長くはない。だから、ここに記されるのは僕の遺言だ。君には真実を知ってもらいたい。僕と同じ君には、僕の気持ちがきっとわかるはずだから――

 文章を読んで、ヴィーヴォは眼を見開く。これは、自分に宛てて書かれた珊瑚色の遺言だ。
 どうして彼は自分に遺言を残したのだろうか。
 困惑するヴィーヴォをよそに、文字はどんどんと書き加えられていく。どうやら彼は、ここに咲く灯花たちに遺言を託し、彼らに自分の意思を伝えるよう言い残していたらしい。
 変化していく文章を追うヴィーヴォの表情は、驚きから悲しみのそれへと変わっていく。眼から涙を流し、ヴィーヴォは地面に力なく膝をついていた。
「なんだよ、これ……。なんであなたは、いつもそうなんだよ……」
 変わることをやめた光の文字列をなぞり、ヴィーヴォは涙を流し続ける。背後から抱きしめられ、ヴィーヴォは後方へと振り向いていた。
「Mi bedaŭras……(ごめんなざい)」
 自分を抱きしめるメルマイドが、謝罪の言葉を述べる。
「君のせいじゃない」
 そんな彼女に、ヴィーヴォは震えた声を発していた。メルマイドは顔をあげ、ヴィーヴォを驚いた様子で見つめてくる。
「彼と一緒にいてくれて、ありがとう……」
 そっと自身を抱きしめるメルマイドの手を優しくなで、ヴィーヴォは言葉を続ける。そんなヴィーヴに微笑みかけ、メルマイドは花畑の中央へと這っていく。
 花畑の中心にあるものを認め、ヴィーヴォは眼を見開いていた。
 それは、瓶だった。その瓶の中に一揃いの眼球が海水に浸かって浮かんでいる。桜色に煌めくその眼球を見て、ヴィーヴォは眼を歪ませていた。
「珊瑚色……君は……」
 メルマイドは瓶をそっと抱き寄せ、愛しげに頬を寄せる。幸せそうに眼を瞑った彼女は、穏やかな声で告げた。
「Realiĝis via deziro estas apenaŭ……(やっとあなたの望みが叶う……)」
 そっと彼女は眼を開け、縋るようにヴィーヴォを見つめてくる。
「メルマイド……」
 ヴィーヴォは立ち上がり、メルマイドへと体を向ける。そんなヴィーヴォにメルマイドは瓶を差し出してきた。
「そこに、珊瑚色がいるんだね?」
 ヴィーヴォの問いかけにメルマイドは静かに頷く。唇を引き結び、ヴィーヴォはメルマイドへと近づいていった。
 そのときだ。
 引き裂くような悲鳴が、あたりに響き渡ったのは。
「なんだっ?」
 ヴィーヴォは壁の向こう側へと視線を転じていた。水晶の虚を取り囲んでいた人魚たちが、苦悶の表情を浮かべながら透明な粒子となって消えていく。
 そんな人魚たちの背後に、美しい胸鰭を持った銀色の竜がいた。

 

 

 ヴィーヴォが殺される。
 そう思った瞬間、ヴェーロはその姿を竜へと転じていた。その竜の姿から、ヴェーロはさらに姿を変えていく。
 彼女の銀糸の鬣は透明な背鰭となり、羽は銀がかった胸鰭へと転じる。脚と一体となった尾鰭を大きく振ふりながら、ヴェーロは海中へと突入した。
 暗い海の中を迷うことなく突き進んでいく。そんなヴェーロの側に、人魚たちが群がってきた。
 笑う人魚たちが、鋭い鍵爪で攻撃してくる。ヴェーロは大きく口を開け、そんな人魚たちを鋭い牙で屠っていた。
 噛みつかれた人魚が、気泡を吐きだしながら咆哮をあげる。彼女の体は硝子のように砕け、海中へと散らばっていく。
 たけり狂くるう人魚たちの叫び声が、ヴェーロの耳朶を叩く。怒った人魚たちは、高い声をいっせいに発した。
 その声は海中を震わせ、鋭い凶器となってヴェーロの体を傷つけていく。人魚たちを睨みつけ、ヴェーロは口から煙を漏らしていた。口を大きく開けると、巨大な火球が放たれ、人魚たちへと襲いかかる。
 爆音が海中をゆらす。爆発によって巻き上げられた砂が、ヴェーロの視界を奪う。それでもヴェーロは前進を続けた。
 海中に漂う、花の香りを追う。それは、花吐きであるヴィーヴォの匂いだ。
 その匂いの先に珊瑚礁が広がっている。珊瑚礁の向こうには、光る文字の記された透明な水晶の壁があった。
 その壁の向こう側にヴィーヴォがいる。そのヴィーヴォの側に人魚がいるではないか。
 このままでは、彼が殺されてしまう。
 大きな咆哮をあげ、ヴェーロは壁の側にいる人魚たちに火球をぶつけていた。彼女たちは悲鳴をあげながら、透明な粒子となって消える。
 壁の向こう側にいるヴィーヴォが驚いた様子で、自分を見つめてくる。
 ヴェーロは鋭い咆哮をあげ壁に襲いかかっていた。
 ヴィーヴォの側にまだ人魚がいる。その人魚が彼を殺す前に、処分しなければならない。
 ヴェーロは海中を突き進み、水晶の崖に頭を打ちつけていた。崖にひびが入り、その内側に広がっていた空間に水が浸入する。崖を完全に崩すべく、崖にもう一頭突きをする。
 轟音と共に崖が崩れる。
 崖の内側に入り込む海水と共に、雄たけびをあげ、ヴェーロは水かきのついた前足を虚へと入り込ませていた。紫苑の灯花を踏みつけ、唖然と座り込むヴィーヴォの脇を通り過ぎ、人魚へと襲いかかる。
 瓶を庇うように抱きしめた人魚は、怯える眼で自分を見つめながら何かを叫んでいた。
 その叫び声が自分に呼びかけているような気がして、一瞬だけ動きをとめる。
 桜色の人魚は、震える眼差しで自分を見つめながら、ヴェーロに両手を差し伸べてきた。
 だが、ヴェーロは大きく叫び、彼女に牙を向いていた。
 ヴェーロが人魚を屠らん口を開けた瞬間、眼の前にヴィーヴォが躍り出る。
「止まれっ! Veroっ!」
 ヴィーヴォが自分の名前を叫ぶ。
 ヴェーロは動きを止め、前足を地面に投げ出していた。その衝撃で、虚は大きくゆれる。虚の壁に開いた穴から、灯花が海水に運ばれて流れ出ていく。
 横たわる自分の頭を優しく抱きしめ、ヴィーヴォは自分に話しかける。
「ヴェーロ、僕は無事だ……。だからもう、大丈夫……。大丈夫だよ……」
 自分の頭をなで、ヴィーヴォは囁きかける。その言葉にヴェーロは大きく眼を見開き、呻き声をあげていた。
 ヴェーロの体を光が包み込む。ヴェーロは少女へと姿を変えていた。
 ヴェーロは、力なく地面に膝をつける。そんなヴェ―ロをヴィーヴォは優しく抱きしめてくれた。
「竜は……何をしようとしていたの……?」
 先ほどまでの出来事が頭の中を巡る。
 ヴェーロは、ヴィーヴォの背後にいるメルマイドへと視線を向けた。彼女は怯えた眼をヴェ―ロに送るばかりだ。
 当たり前だ。自分は、彼女を殺そうとしていたのだから。
「あ……いや……。いやぁああああ!」
 ヴェーロの叫び声が、虚に響き渡る。
「ヴィーロ、落ち着いてっ!」
 ヴィーヴォに抱き寄せられ、ヴェーロは悲鳴をあげることをやめていた。涙に濡れた眼を彼に向ける。 
 ヴィーヴォは優しく微笑んで、ヴェーロに告げた。
「メルマイドから話は聞いた。彼女の望みを叶えてあげたいんだ。協力してくれる?」
「ヴィーヴォ……」
 彼が優しく髪を梳いてくれる。ヴェーロは気持ちが落ち着いていくのを感じていた。そっとヴィーヴォの背後にいる友人へと顔を向ける。
 メルマイドは真摯な眼で自分を見つめ、口を開く。
「Bonvolu……(お願い……)」
 眼球の入った瓶を大切そうに持ち直し、メルマイドはヴェーロに頭をさげてきた。

 

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now