​花吐き少年と、虚ろ竜

夕顔の丘

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 ヴィーヴォが眼を覚まさない。
 りぃんと竜胆の形をした灯花を彼の耳元でゆらしてみる。けれど、長い睫毛に覆われた彼の瞼が開くことはない。ヴェーロは、手に抱えていた灯花をヴィーヴォの眠る寝台に散らしてみせる。
 りぃん、りぃん、りぃん。
 催促するように灯花たちは音を奏でるが、ヴィーヴォは身じろぎ一つしない。
「ちゃんと命……あげたのに……」
 数日前の出来事を思い出して、ヴェーロは顔を曇らせる。
 自分の友達である人魚のために彼は大量の灯花を吐いた。そのあと倒れた彼に幾度も生命力を分け与えているが、彼が起きる気配はない。
 気のせいだろうか。
 最近、ヴィーヴォの眠る時間が長くなっている気がする。灯花を吐いたあとは特にそうだ。
「ヴィーヴォ……起きて……」
 彼がこのまま眼を覚まさなかったら。そんな不安が胸を過って、ヴェーロは眼を歪めていた。
潤んだ眼から零こぼれた涙がヴィーヴォの頬にかかる。それでも彼は起きてくれない。
 頬に落ちた雫を舐めとり、ヴェーロは彼の体に覆いかぶさる。彼の両頬をそっと包み込み、ヴェーロは彼の唇に口づけを落とした。
 これで何度目だろう。
 目覚めない彼に、唇を重ねるのは――

 


 暗い色をした夕顔が咲き乱れる丘にヴィーヴォは佇んでいた。
 りぃん、りぃんと悲しげな音を奏でながら、ヴィーヴォが吐いた灯花たちは風にゆれている。
 その苦しげな音が滑稽で、ヴィーヴォは苦笑を顔に滲ませていた。
 夕顔は罪の証。
 夕顔の灯花として吐き出された魂は、永遠に水底で咲き続ける運命にある。
 数日前、大勢の魂を灯花に変え殺したばかりだ。その夕顔がこうして自分の周囲に咲いている。
 胸に刻まれた焼き印が痛む。自分も本来はこの夕顔の灯花になるはずだった。
 それを兄であるポーテンコが救った。虚ろ竜であるヴェーロを諫めることができるのは、ヴィーヴォだけだと教皇を説き伏せて。
「どうして兄さんは、僕を殺してくれなかったんだ……」
 胸元を握りしめ、ヴィーヴォは呟く。
 過去にヴィーヴォはポーテンコに名を縛れていたことがある。
 罪人たちを夕顔の灯花に変えるために、彼は名を縛ることによってヴィーヴォに罪人たちを殺させていた。
 ヴェーロを養うことを許可しておきながら、教皇の命に従いヴェーロを自分から引き離そうともした。
 そのせいで、ヴェーロは――
「あの人は、ヴェーロを殺そうとすらした……」
「でも、君を僕のもとに導いてくれたのは、ポーテンコさんだよ、夜色。僕があの人にお願いして、君があの漁村にくるよう手配してくれたんだ」
 ヴィーヴォの呟きに応えるものがある。驚いて顔をあげると、薄紅にがかった銀髪を束ねた青年がヴィーヴォを見つめていた。
 銀の眼を桜色に煌めかせながら、彼は笑みを浮かべる。
「珊瑚色……」
 もうこの世にいないはずの人物を目の当たりにして、ヴィーヴォは大きく眼を見開いていた。珊瑚色は苦笑しながらも、言葉を続ける。
「そんなに驚かなくてもいいだろう? 僕は死んだけれど、灯花になってメルマイドの側にいるんだ。存在自体が消えたわけじゃない。僕を灯花にした君は、僕の主でもある。こうやって夢を通じて話をするぐらいのことはできるよ」
「死んでも色々と規格外の人ですね。あなたは……。殻である人魚と恋をしたり、そうかと思ったら僕の夢にズケズケと入ってきたり……」
「君の霊廟に押し入って、愛を囁いてあげたこともあったね。君が泣き叫ぶもんで、僕には君が必要だって言ってあげたくなっちゃって!」
「それは言わなくていいっ!」
 昔のことを思い出して、ヴィーヴォは思わず叫んでいた。罪人の魂を夕顔の灯花に変えたあと、幼い自分は後悔の念に憑りつかれ泣き叫んだものだ。
 そんな自分を、いつも珊瑚色が慰めてくれた。彼はヴィーヴォの側に寄り添い大丈夫だとヴィーヴォを抱きしめてくれた。
「本当、あなたには何度助けられたかな? それに、あの子守歌……」
 珊瑚色の優しい歌が耳朶に蘇る。何だか嬉しくなってヴィーヴォは微笑んでいた。
 泣き疲れ意識が朦朧とする自分に、珊瑚色は優しく子守歌をうたってくれた。懐かしい、母親が歌ってくれた子守歌を。
 あの歌声に、自分はどれだけ救われただろう。
「夜色、いやヴィーヴォそれは……」
 珊瑚色の声がヴィーヴォの耳に聞こえる。珊瑚色を見ると、彼は寂しそうにに眼を伏せ、片腕をもう片方の手で握りしめていた。
「僕、何か変なこと言った?」
「ううん、君は凄く甘えんぼさんだなって思って」
 首を振り、珊瑚色は曖昧に笑ってみせる。何だか誤魔化た気がして、ヴィーヴォは唇を尖らせていた。そんなヴィーヴォを珊瑚色が優しく抱き寄せる。
「ちょ、珊瑚色……」
「二人だけのときは名前で呼べって言っただろ? ほら、ヴィーヴォ……」
 ヴィーヴォの顔を覗き込み、珊瑚色は不敵な笑みを浮かべてみせた。耳を赤く染め、ヴィーヴォはそんな彼から顔を逸らす。
 その昔、人に名を教えることは愛の告白だとされていた。名は人を縛り、その名を知る人はその人を支配することができるからだ。
 そして、名を呼ぶことを忌避する聖都では、今でもその習慣が残っている。
「コーララフ……」
 消え入りそうな声で、ヴィーヴォは珊瑚色の名を呼ぶ。珊瑚色は笑みを深め、ヴィーヴォに言葉を返した。
「やっぱり、君が女の子だったら恋に落ちてたかもなぁ……。初めて会ったときは女の子たと思って、つい名前を教えちゃったんだよねぇ……。そしたら君も名前を教えてくれて……。まぁ、君が男でも僕は構わなかったんだけど……」
「煩いな! 聖都に来たばっかりの頃は、名前を教えることが愛の告白だなんてこと知らなかったんだよっ!」
「あー、お互い若かったってことで。今は僕らにも恋人がいることだしねぇ」
 珊瑚色はヴィーヴォの髪を乱暴になでてくる。ヴィーヴォは顔を不機嫌に歪め、彼を睨みつけていた。
「僕のこと、憎くないの……?」
 珊瑚色から眼を逸らし、ヴィーヴォは小さく尋ねる。彼の遺言を破り、自分は漁村の人間たちを夕顔に変えた。そんな自分を彼が許してくれるとは思えない。
 珊瑚色は眼を曇らせながらも、微笑みを浮かべてみせる。
「僕は君に託した。それだけのことだよ、ヴィーヴォ……」
 そっと珊瑚色の手が、自分の頬を優しくなでてくれる。驚いてヴィーヴォは顔をあげていた。
「そろそろ起きてあげなよ。心配してるよ、彼女……」
「あっ……」
 珊瑚色の優しい言葉に、ヴィーヴォは俯く。
 きゅんと愛らしいヴェーロの鳴き声が耳元でして、ヴィーヴォは口元に微笑みを浮かべていた。
「うん、そうだね」
「またね、ヴィーヴォ。僕も愛しい人のところに帰らなきゃ」
「さようなら、コーララフ……」
 珊瑚色が頭から手を放す。
 彼は手を振りながら、踵を返した。暗い灯花の花畑を、彼は独り歩いていく。
「さようなら……」
 もう、二度とと彼に会えない気がしてしまう。ヴィーヴォは小さく彼に別れを告げていた。
[/weaker]

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now