​花吐き少年と、虚ろ竜

茨と牢獄

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 聖都の地下には、大迷宮が広がっている。
 はるか昔、銀翼の女王はこの迷宮に水底の生命たちを隠して戦いをおこなっていたという。
 女王の遺骸の下に広がる迷宮は教会によって厳重に管理されている。
 罪人を閉じ込める牢獄として。
 そして、ヴェーロもまたここに閉じ込められていたことがあった。
 灰の石英で覆われた通路の両側は湿り気を帯び、照明代わりとなっている光苔が頼りない明りを周囲に投げかけている。
 かつて牢獄の中からその光景を見ていたことを思い出しながら、ヴェーロはヴィーヴォに手を引かれて通路を歩いていた。
「僕ならともかく、なんで金糸雀がこんなところに閉じ込められているの。兄さん……?」
 木製のランタンを持ったポーテンコにヴィーヴォは問う。自分たちの前方を歩くポーテンコは、辛そうな眼をこちらへと向けてきた。
「見た方が早い……」
 ポーテンコの持つランタンが前方へと向けられる。照らし出された周囲の光景に、ヴェーロは息を呑んだ。
「ヴェーロっ!」
 ヴィーヴォが自分へと振り返り、体を抱きしめてくる。たぶん、眼の前の光景を自分に見せたくないのだ。
 腐った肉の香りがする。
 そこに照らし出されたのは、通路の両脇に設えられた牢獄だった。その牢獄の中に閉じ込められている人々がいる。
 いや、それは人の形をした、人とは異なるものだった。
 彼女たちは一様に背から翼を生やし、呻き声をあげながら恨めしそうな眼差しをこちらに向けている。まるで蝶の標本のように翼を鋭利な杭で壁に固定され、鎖で裸体を縛られた彼女たちは怨嗟の声をあげていた。
 虚ろ竜の少女たちだけではない。
 竜の形をした異形の物体が、牢には放り込まれている。
 それらは上半身だけが竜の形をしていたり、竜の体から人の足が無数に生えている、人と竜をまじ合わせたかのような歪な形をしていた。
 それらが苦しげに呻き声をあげながら、床の上をのたうち回っているのだ。
「なんだよ……これ……」
 呆然としたヴィーヴォの声が耳朶に轟く。
「こっちだ。ヴィーヴォ……」
 ポーテンコは彼を振り返ることなく、虚ろ竜と異形の存在で溢れた牢獄の通路を静かに歩んでいく。
 ヴィーヴォは力強くヴェーロの手を握りしめ、兄のあとをついていく。
 冷たい靴音だけがヴェ―ロの耳朶に轟く。静寂を破るように、ポーテンコが口を開いた。
「ここにいるのは、すべて実験に使われた花吐きと、虚ろ竜たちだよ……。教会は長年、私たちの祖先である竜に人を近づけるべく研究を重ねていた」
「僕がここで拷問を受けていたときは、こんなのいなかった……」
「お前がここに投獄されていたときは、まだ牢獄の最奥にしか被検体はいなかった。おかしくなったのは、つい最近だよ……」
 通路が途切れる。通路の最奥には巨大な牢獄が設置され、ポーテンコはその前で立ちどまった。
 ポーテンコははゆっくりとこちらに振り返り、辛そうな眼でヴェ―ロたちを見つめる。
「違う……。私たちが生まれたことが、すべての元凶だったんだ、ヴィーヴォ……。教会は私たちの父さんと母さんを使って、始祖の竜を復活させようとしていた……」
 ポーテンコの言葉を受けヴィーヴォは眼を凝らして牢の中を見つめる。
「父さん……?」
 そんな彼が唖然と声をあげた。牢獄に閉じ込められているそれを見て、ヴェーロも大きく眼を見開いていた。
 それは、巨大な雄の虚ろ竜だった。
 黄金の鱗で全身を覆おおわれた竜は、赤い血管の浮き出た金の翼をはためかせた状態で水晶の中に閉じ込められている。
 大きく見開かれた眼は血を想わせる深紅。その深紅の眼で、竜はヴェ―ロたちを睨みつけていた。
「違う。これは、金糸雀だったモノだ。私たちの父さんを使って始祖の竜の蘇生に失敗した教会は、金糸雀を使って再び同じことをした。金糸雀を始祖の竜にしようとしたんだ」
 ポーテンコの声が震えている。ヴィーヴォに手を強く握りしめられ、ヴェーロは彼を見つめていた。
 ヴィーヴォが震えている。彼は水晶に閉じ込められた竜を見つめたまま、じっと動こうとしたい。
「何で……。どうやってこんな……緋色が……緋色っ!」
「ヴィーヴォっ!」
 突然、ヴィーヴォがヴェ―ロの手を振り払い、牢獄へと駆け寄っていた。水晶に閉じ込められた竜の背後に、蠢くものがある。
 それが赤い花を咲かせた茨の灯花だった。その茨に守られるように水晶に閉じ込められた裸体の少女がいる。
 まるで炎のように赤い髪を靡なびかせた少女は、虚ろな朱色の眼を金色の竜に送っていた。
「緋色! 緋色っ!」
 ヴィーヴォは牢獄の鉄格子を両手で掴み、少女に必死になって呼びかけている。
「やめろ、ヴィーヴォ……」
 そんなヴィーヴォにポーテンコは震える声をかけていた。
「言っただろう。もう、緋色は……」
「嘘だ……。こんなの……。みんな、どうしちゃったんだよ……」
 ポーテンコの言葉を受けて、ヴィーヴォは石畳の床に膝をつく。かすかな彼の嗚咽を耳にして、ヴェーロは彼に駆け寄っていた。
「ヴィーヴォ……」
 そっとヴィーヴォの両肩を抱く。ヴィーヴォは潤んだ眼をヴェーロに向け、ヴェーロの体を抱きしめてきた。
「なんだよ、これ……。僕がちょっといないあいだに……。なんでこんなことになってるの? 訳わかんない……。なんで、みんな……」
 ヴェーロの腹部に顔を埋め、ヴィーヴォは上擦った声を発してみせる。悲痛な彼の声をヴェーロは黙って聞くことしかできない。
「何って、みんなで帰るために決まってるじゃないか。ヴィーヴォ……」 
 弾んだ声が牢獄に響き渡る。
 ヴェーロはとっさに後方へと顔を向けていた。
 薄暗い廊下に、若草が佇んでいる。片眼鏡を妖しく煌めかせながら、彼は舐めるような視線をヴェ―ロたちに送っていた。
「そして、そのためには君と彼女の力が必要なんだ。協力してくれるよね? 君は僕と同じなんだから……」
「マーペリア……?」
 唖然としたヴィーヴォの声が聞こえる。ヴィーヴォはヴェ―ロの体を放し、覚束ない足取りで立ちあがってみせた。
 ヴェーロの横を通り過ぎ、彼は友人である若草のもとへと向かおうとする。
「行くな。ヴィーヴォ……」
 そんなヴィーヴォの歩みを、ポーテンコの片腕が制した。ポーテンコは厳しい眼差しをヴェ―ロたちに向け、前方にいる若草を睨みつける。
「あれはもう、お前の知ってるマーペリアじゃない」
「兄さん?」
「はは、何だよそれ……」
 ポーテンコの言葉を受け、若草は可笑しそうに顔を歪めてみせる。彼の哄笑は陰鬱な牢獄に響き、ヴェーロを戦慄させた。
 これが、あの優しかった若草なのだろうか。
 彼は、意識を取り戻さないヴィーヴォを心配して、つきっきりで看病してくれた。不安なヴェーロを大丈夫だと慰め、ヴィーヴォの小さな頃の話をたくさんしてくれた。
 そんな彼が、壊れたようにヴェ―ロたちを嗤っている。
「どうして、若草……?」
 疑問が呟きになる。すると若草はぴたりと笑うことをやめ、無感動な眼をヴェ―ロに投げかけてきた。
「どうしてって、僕の母さんが君の一族に殺されたからだよ。女王さま……」
 口を大きく歪め、マーペリアはヴェ―ロに嘲笑を向けてみせる。瞬間、巨大な轟音が牢獄に響き渡り、周囲が大きくゆれた。
「何だっ?」
「ヴェーロっ!」
 巨大なゆれに、ヴェーロはバランスを崩して床に倒れ込んでしまう。そんなヴェ―ロのもとへとヴィーヴォが駆けつける。彼がヴェーロを抱きしめた瞬間、床が大きく捲りあがり、劈くような嘶きが牢獄に響き渡った。
 壊れた床下から、緑の鱗を煌めかせた雄竜が顔を覗かせる。翠色の眼を鋭く細め、竜は翼を翻しながらヴェ―ロたちの前に姿を現した。
「もう、遅いよ。父さんてばっ!」
 弾んだ声をあげながら、若草は緑の竜へと駆けていく。竜は若草を愛しげに見つめながら、首を下ろす。そんな竜の頭を若草は優しく抱きしめ、その鼻筋に唇を落としてみせた。
「まさか、教皇?」
「そのまさかだよ。ポーテンコ。父さんは竜になったの。僕と一緒に、中ツ空にいくために」
 震えるポーテンコの言葉に、若草は嬉しそうに言葉を返す。若草は頬を嬉しそうに赤らめ、幸せそうに微笑んでみせた。
 その純真な微笑みに、ヴェーロは戦慄を覚える。震えるヴェーロをヴィーヴォが強く抱き寄せてくれた。
「狂ってる……。それに、どうやって人である教皇さまを竜になんて――」
「先祖返り。オレたち色の一族は始祖の竜の直系だ。傍系では無理だったけど、血の濃い直系であればたとえ花吐きでなくても先祖である竜の血を呼び起こすことができる。ここにいる出来損ないたちで試した実験で、それは証明済み。だから、悪いけど金糸雀には竜になってもらったよ。彼は泣き叫んで、最後まで抵抗していたけどね」
 ヴィーヴォの言葉を、若草の弾んだ声が遮る。彼は喜悦に歪めた眼をヴィーヴォに向け、言葉を続けた。
「でも、最後の最後で彼は自分の体を水晶の中に閉じ込めて、オレたちが手出しできないようにしちゃった。一緒に実験体にされてた緋色もろともね……。だからさぁこの研究、まだ完成してないんだぁ。本当に残念。花吐きが生まれるためにも、始祖の竜の復活は欠かせないイベントなのに……。残念だよねぇ、ポーテンコ」
 こくりと首を傾げ、若草はポーテンコに語りかける。ポーテンコは辛そうに眼を歪め、若草から顔を逸らした
「まさか、兄さんもその実験に――」
「ううん、この人はつい最近まで何も知らなかったよ。だって、この実験は緑の一族が密かに請け負ってきた家業みたいなものだからね。金糸雀も緋色も病気だって嘘ついて、庭師さんの管理から父さんが外してくれたもん。この人はずっと2人が聖都の治療棟にいるとばかり思い込んでたよ。緋色も本当に死んだ思い込んでたし。でも、それじゃつまんないからオレがポーテンコをここに連れてきてあげたんだ。そしたらなぜか、金糸雀も緋色も水晶漬けになっちゃった……」
 すっと若草の顔から笑みが消える。彼はポーテンコに色のない顔を向けてみせた。
「ねぇ、ポーテンコ……。二人を名前で縛って、わざとこんな姿にしたのはあなたでしょ? ヴィーヴォたちまでここに連れてきて、一体何を考えているの?」
 彼は片眼鏡の奥に隠された眼を鋭く輝かせ、ポーテンコに問う。
「分かっているだろう。マーペリア!」
 ポーテンコが叫ぶ。
 瞬間、轟音が周囲に轟く。ヴェーロは慌てて背後へと顔を向けた。ヴェ―ロたちの背後にあった牢獄の鉄格子が吹き飛ばされ、茨が雪崩れのようにこちらへと向かってくる。
「お目覚め下さいっ! 我らが主! 金糸雀っ! いや、{fondinto}(フォンデント)!」
 ポーテンコの言葉と共に、金の竜を取り囲んでいた水晶に罅が入る。音をたてながら水晶の罅は大きくなっていき、水晶は砕け散る。

 ぐわぁあああああああああ!

 金の竜が叫ぶ。
 その叫びに応じて、赤毛の少女を閉じ込めていた水晶も音をたてて砕けた。少女の裸体は床に投げ出され、金の竜は翼を翻して少女のもとへと飛んで行く。
 少女は顔をあげる。眼を瞬またたかせ、少女は金の竜に微笑んでみせた。
「お兄ちゃん、無事だったのね」
 横たわる少女に竜は優しい眼差しを送り、鼻先を近づけてみせる。少女は竜の頭を抱き、起きあがってみせた。
「緋色……」
 唖然としたヴィーヴォの声が聞こえる。立ちあがった少女は、ヴェ―ロたちへと顔を向けてくる。
「行きましょう、二人ともっ!」
 赤髪を靡かせながら、緋色と呼ばれた少女はヴェーロたちに声をかけてきた。同時に、灯花の茨たちが牢獄の天井へと襲いかかり、天井に大きな穴を開けた。
 金の竜が咆哮をあげる。緋色は颯爽と竜の背中に跨り、天井の穴へと鋭い眼差しを向けた。
「行けっ! 二人ともっ! 緋色たちについていくんだっ!」
 ポーテンコが叫ぶ。
「行かせないよっ!」
 そんなポーテンコに若草が怒声を浴びせた。若草の言葉を受けて、緑の竜がヴェーロたちに襲いかかる。
 翼を後方へと滑らせこちらへと向かってくる竜の前に、ポーテンコは立ち塞がる。彼が手に持つランタンを投げると、それは太い蔓となって竜の前方を塞いだ。飛んでくる竜の体へと、蔓は巻きついていく。
 蔓が竜の首を絞しめる。竜は苦しそうに呻きながらも、巨大な口から煙を発し、蔓めがけて小さな火球を連続で放った。
 爆音が通路に響く。ポーテンコの体が爆風により後方へと吹き飛ばされる。それを見て、ヴェーロは大きく眼を見開いていた。
「お父さんっ!」
「竜っ!」
 ヴィーヴォの体を振りほどき、ヴェーロはポーテンコへと向かって行く。ヴェーロの体を蒼い光が包み込む。銀の竜となったヴェーロは、後方へと飛ばされるポーテンコの襟首を銜えていた。
「竜……」
 ポーテンコの優しい声が耳朶に響く。きょろりとヴェーロは蒼い眼で彼を見つめた。
 ポーテンコは、唖然と自分を見つめている。そんな彼を見つめながらヴェーロは眼に微笑みを浮かべ、父であるその人を自分の脇に優しく降ろした。
 ぎっとヴェーロは緑の竜を睨みつけ、突進していく。牙を剥き出しにして叫び声をあげると、緑の竜も咆哮を放った。
 竜たちはお互いの首筋に噛みつき、頭を打ちつけ、鍵爪を突き立てながら争い合う。やがて、緑の竜はヴェ―ロの胸に頭突きを食らわせ、ヴェーロの体を吹き飛ばした。
 ヴェーロの体は牢獄の壁に叩きつけられる。
「竜っ!」
 そんなヴェーロにヴィーヴォが駆け寄ろうとする。そのヴィーヴォの前に、翼を翻した緑の竜が立ち塞がった。
「どこに行くの? ヴィーヴォ……」
「あっ……」
 竜と共に若草がヴィーヴォのもとへと近づいていく。ヴィーヴォは大きく眼を見開き、彼らを凝視するばかりだ。
 ヴィーヴォが危ない。ヴェーロは必死になって体を起こそうとする。だが、首をあげただけで激痛が走り、ヴェーロは呻き声をあげていた。
 歪む視界の中で、若草がヴィーヴォに手をのばそうとしている。ヴィーヴォはその手を払いのけ、腰にさげたナイフを抜いていた。若草と距離をとり、ヴィーヴォは彼を睨みつける。
「僕に近づくな……」
「やめてくれよ。君とは、争いたくないんだ……」
 ナイフを構えるヴィーヴォの体めがけ、緑の竜が前足を振るう。ヴィーヴォはすんでのところで竜の鍵爪を避け、後方へと跳んでいた。
 そんなヴィーヴォの体を、植物の蔓が拘束していた。ポーテンコのランタンから放たれた蔓がヴィーヴォを捕らえたのだ。
「兄さんっ?」
「行けっ! ヴィーヴォっ!」
 ポーテンコがヴィーヴォに叫ぶ。それと同時に、ヴィーヴォを拘束した蔓はヴェーロめがけて近づいてくるではないか。
 ポーテンコがこちらへと駆け寄ってくる。瓦礫に埋まったヴェーロの顔に近づき、彼は耳元で囁いた。
「Vero、飛びなさい……。ヴィーヴォを連れて、金糸雀を追うんだっ……」
 名を呼ばれ、ヴェーロは眼を大きく見開いていた。その眼にポーテンコの優しい微笑みが映りk込む。
 お父さんと呼ぼうとした瞬間、背中に違和感を覚えヴェーロは後ろへと振り向いていた。
 蔓によって拘束されたヴィーヴォが、自分の背中に乗せられている。
「兄さんっ! 何を考えて――」
「行けっ……。Veroっ!」
 ヴィーヴォの言葉は、ポーテンコの鋭い言葉によって遮られる。名を呼ばれ、ヴェーロは自身の意思とは関係なく瓦礫から起き上がっていた。体中に激痛が走る。それでも、体は翼をはためかせ、咆哮をあげる。
 ポーテンコの命令通り、ヴェーロは金糸雀を追って天井に空いた穴へと飛びたっていた。
「兄さんっ!」
 ヴィーヴォの悲鳴が耳朶に轟く。それでも自分の体は茨の作り上げた縦穴をぐんぐんと昇っていく。
 なんとか首を動かして下方へと視線をやる。すると、微笑みながら自分たちを見あげるポーテンコの姿が視界に映りこんだ。
 瞬間、耳を劈くような爆音が辺りに響く。
 ポーテンコの姿は煙幕に遮られ、見えなくなってしまう。大きく口を開け、ヴェーロは鳴いていた。父を助けに行きたいと思っているのに、体はいうことをきいてくれない。
 やがてヴェーロの体は縦穴を抜け、星の舞う夜空へと躍り出る。その星空を飛ぶ竜がいた。
 金の鱗を煌めかせながら、赤髪の少女を乗せた竜は夜空を飛んでいる。その竜を、ヴェーロは一心不乱に追っていた。
 唯一、自由に動く眼を下界へと走らせる。
 輝く聖都の周囲で、いくつもの爆発が起こっていた。赤い爆炎は轟音を伴いながら、険しい山頂に鎮座する巨大な竜の遺骸を照らす。
 ポーテンコの笑顔が脳裏を過って、ヴェーロの視界は潤んでいた。
「ヴェーロ……」
 慰めるように背中のヴィーヴォが声をかけてくれる。そっと彼に背中をなでられ、ヴェーロは大粒の涙を零こぼしていた。

 


   

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now