​花吐き少年と、虚ろ竜

夜色の語り部

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 自分が落ちた場所が生まれ育った地だと気がついたとき、ヴィーヴォは苦笑を顔に滲ませていた。
 脱ぎ捨てた衣服を纏って起き上がると、懐かしい光景が周囲に広がっている。
 母が吐いた竜胆の灯花たちが、自分たちを優しく照らしてくれている。少女のかすかな声を聞いて、ヴィーヴォは自身の横にいる愛しい人を見つめた。
 乱れた銀髪を花畑に翻し、ヴェーロは裸体を丸めたまま眠っている。そっとヴィーヴォはそんな彼女に手を差し伸べていた。だが、昨晩のことが頭をよぎりその手を引いてしまう。
「ごめん……ヴェーロ……。兄さんを助けに行かなくちゃいけないのに、僕は何をやっているのかな……?」
 安らかな寝息をたてる彼女を見つめ、ヴィーヴォは眼を歪ませる。
 生々しく体に残るヴェーロの体温を思いだして、ヴィーヴォは自身を抱きしめていた。
 嫌がるヴェーロを組み伏せて、泣き叫ぶ彼女に甘い言葉を囁いて――
「気持ち悪い……」
 片手で顔を覆い、ヴィーヴォは吐き気をなんとか耐える。そっと立ちあがり、ヴィーヴォはヴェ―ロを残してある場所へと向かっていた。
 自分たちが落ちた花畑のすみに小さな洞窟がある。ヴィーヴォはその洞窟へと足を踏み入れていた。
 ヴィーヴォが洞窟に入った途端、周囲に生えた光苔が淡い光を発する。その光の先にあるものにヴィーヴォの眼は向けられていた。
「あなたも、母さんを抱いたとき、こんな感じだったの?」
 ヴィーヴォの声に、視線の先の存在は言葉を返さない。
 ヴィーヴォの視線の先には、巨大な水晶の塊があった。その水晶の中に一匹の竜が閉じ込められている。
 夜の空を想わせる紺青の鱗と翼を持った竜。それは自分の父親だと、ヴィーヴォは母であるサンコタから聞かされている。
 水晶に閉じ込められた竜は、焦点の合わない眼でヴィーヴォを見つめるばかりだ。
「やっぱり応えてくれないんだね。父さん……」
 苦笑して、ヴィーヴォは竜のもとへと歩み寄る。ヴィーヴォが歩くたび、足元にある光苔が淡い光を吐き出した。
 竜の閉じ込められた水晶に手を充てる。冷たい感触が掌に広がって、ヴィーヴォは眼を瞑っていた。
 父のぬくもりをヴィーヴォは知らない。
 その頃もう彼は、竜となって水晶の中に閉じ込められていたから。
「ヴィーヴォ……」
 名を呼ばれてヴィーヴォは我に返る。
 後方へと振りむくと、ヴェーロが洞窟の壁に身を預けこちらに眼を向けていた。ふらつく足どりで、ヴェーロはこちらへと向かってくる。
「ヴェーロっ!」
 ヴィーヴォは彼女へと駆け寄っていた。躓きそうな彼女の体を腕で支え、そっと抱き寄せる。
「ダメだよ。しばらくは動かない方がいい……」
 汗の浮かぶ彼女の額をなでると、彼女は嬉しそうに自分を見あげてきた。そっと彼女は竜の水晶へと視線を移す。
「ヴィーヴォのお父さん……?」
「うん。そうだって母さんからは聞いてる。まさか、自分が生まれ育った場所に落ちるなんて、何の因果だろうね……」
 父親を見つめ、ヴィーヴォは薄く微笑んでいた。
「ねぇヴェーロ、話を聞いてくれる。僕の、僕自身の話を……」
 そっとヴェーロの両手を握りしめ、ヴィーヴォは彼女に問う。ヴェーロは不思議そうに首を傾げ、ヴィーヴォに笑ってみせた。
「聞かせて、お話……」
 笑みを深め、ヴィーヴォは水晶に閉じ込められたの竜を見つめる。
 彼女に自分の話をするのは初めてだ。
 それが彼女にしたことへの懺悔なのか、彼女に自身の生きた証を刻みたい衝動なのか、ヴィーヴォには分からない。
 ただ、ヴィーヴォは小さく唇を開く。
 自分の過去を語るために――

 

 


 ヴェーロ、君にこうして自分の話をすることになるとは思わなかった。
 これは、僕から君への懺悔かもしれないし、君に僕という存在を刻みつけたい衝動かもしれない。
 それでも、僕は君に伝えたい。
 僕が生きた証を――
 君と出会って救われたという事実を――
 これから語るのは、君の物語ではなく僕の物語だ。
 僕、花吐きのヴィーヴォの生きた軌道をここで話すことを許していただきたい。

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now