​花吐き少年と、虚ろ竜

裁きの旋律

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 それは、正義なのだと兄は言った。
 罪人を裁くことは二つ名の花吐きの役割であり、自分たちはその執行者だと。
 その話を聞かされた後のことをヴィーヴォは詳しく覚えていない。ただ、人を葬ったその罪悪感で押しつぶされそうになった。

 


「金糸雀、新しい夜色がお披露目になるよ……」
「あぁ、庭師さんのお気に入りでしょ……」
 銀髪を三つ編みにした珊瑚色は、金髪の少年、金糸雀に話しかけていた。石英の石に腰かけ本を読む金糸雀は、めんどくさそうに返事をする。彼の周囲にはうず高く積まれた本が置かれていた。
 珊瑚色は眼を桜色に煌めかせ、苦笑を浮かべてみせる。
「そ、実の兄弟なのに誰の目にも触れさせず、愛人みたいに囲ってるんだって。扱いが緋色のそれよりだし、なんだか興味湧かない……」
 妖しい微笑みを眼に浮かべ、珊瑚色は金糸雀の顔を覗き込む。そっと金糸雀の頬を両手で包み込み、珊瑚色は彼の耳元で囁いてみせた。
「もしかして、庭師さんは彼を愛人に育てるつもりなのかな?」
「オレ……男に興味はないから……」
「あれ、なんで僕が誘ってるって分かったの?」
「お前、また男と寝たろ……」
 金糸雀の言葉に、珊瑚色は大きく眼を見開いていた。先ほどまでの出来事を思い出して嘲笑が唇に滲んでしまう。
「仕方ないでしょ……。泣きつかれて、足元に土下座までしたんだよ、あの人。どうぞ珊瑚色さま、私にご慈悲をって。僕まだ、子供なのにさ」
「お前は、大人の体になるのが早かったから……。オレは今のところ平気だけど……」
 そっと慰めるように金糸雀が頬をなでてくれる。その感触が心地よくて、珊瑚色は眼を細めていた。
「大丈夫か……。今月に入ってから、けっこう酷いんだけど……」
「いざとなったら、教皇さまに泣きつくから大丈夫。あと、庭師さん」
 金糸雀の視線が自分の鎖骨に注がれている。そこに出来た小さな痣を見つめ、珊瑚色は笑ってみせた。
 半年前に、精通がきた。
 それからだ。周囲の大人の様子がおかしくなったのは。
 唯一の楽しみだった少女の花吐きである緋色にも会えなくなり、珊瑚色は一日中、霊廟で過ごすことを強いられるようになった。
 理由は、自分が人を狂わせるようになったからだ。
 子を成せるようになった花吐きは、その香りで周囲の者を知らずのうちに誘惑する。特に始祖の竜の直系たる色の一族はその香りにあてられやすい。
「色の一族のあいだで近親相姦が多いいことは知っていたけど、自分の身に振りかかるとは思わなかったよ」
 珊瑚色は嗤ってみせる。初めての相手は他でもない、自分の家族だったから。
 桜色の一族の長である兄が、自分に傅き慈悲を乞うたのだ。
 それが花吐きの恩寵を周囲に示す行為であることも、珊瑚色は知っていた。
 聖都の花吐きたちの周囲に、女性は少ない。
 花吐きはその存在だけで人を狂わせると言われているからだ。間違いが起こらないように、色の一族の限られた女性が彼らの身の回りの世話をする。
 傍系にあたる下位の花吐きは街に出ることもできるが、二つ名の花吐きは厳重に管理され人と会うことも制限されることがほとんどだ。
 そして女性が少ない教会では、花吐きや少年たちを愛する文化がいつの頃からか持て囃されるようになっていた。
「でも、思っちゃう。やっぱり慈悲を与える方より与えられる方がいいって……」
 そっと金糸雀の顔を引き寄せ、珊瑚色は耳元で囁いてみせる。彼から発せられる花の香りが心地よくて、珊瑚色は眼を潤ませていた。
 彼の深紅の眼のなんと美しいことか。
 心を許した同じ花吐きに、自分の気持ちを知って欲しい。自分と同じ立場になって欲しい。
 そんな思いが芽生えたのはいつ頃だろうか。
「俺でいいの……? 緋色が俺たちにはいるのに」
「緋色は君ばかり見てる。だから、君を誘ってる……」
 銀の眼を妖しい桜の光で満たし、珊瑚色は金糸雀に笑ってみせた。金糸雀はため息をついて、珊瑚色の片手を握る。そっと彼の手を自分の顔から引き離し、金糸雀はその手の甲に口づけをした。
「金糸雀……」
「真似事でよければ……。どうせ俺も、本ばっかり読める毎日なんてもうすぐ終わるだろうから……」
 眼を珊瑚色に向け、金糸雀は笑ってみせる。そのときだ。轟音が辺りに響いたのは。
「あぁ、雰囲気台無しだよ……」
 眼を歪め、珊瑚色は音のした崖下を眺める。
 鈍色の翼を持った機械の竜が鬱蒼とした樹海を飛んでいる。その眼がときおり星のように蒼く瞬くのを、珊瑚色は見逃さなかった。
「魂に対する冒涜だね……。あまつさえ灯花の意思を無視して、兵器として使用するなんて」
「同意……」 
 金糸雀が持っていた本を閉じ、珊瑚色に返す。
「さて金糸雀。君は君の一族に寝返ることも出来る? 君の心はどこにある?」
「アレを父親だと思ったことはないよ……。俺は本と、珊瑚色たちがいればいい……」
 崖下を飛ぶ機械の竜を金糸雀は忌々しげに見つめる。機械仕掛けの竜は金の一族が生み出した機械竜だ。
 ときおり竜たちは、細長い首から蒸気を吹き出し、蒼い炎を口から吐き出す。灯花を燃料に動くこれらの竜は、蒸気の力で動いているという。
 金糸雀の所属する金の一族は機械工学に長けた一族だ。
 その技術は教会の中でも最高機密とされ、金糸雀と親しい珊瑚色もその実態はほとんど知らない。
 知っていることといえば、その技術が地球から降りてきた稀人と呼ばれる人々によってもらたされたこと。聖都の中心たる銀翼の女王の竜骸が、その技術によって人が過ごしやすい環境を維持していることぐらいだ。
 金糸雀は機械竜を見つめたまま、動こうとしない。
 彼の一族の長が反乱を起こして、数日が経とうとしていた。緑の一族である教皇に、金の長である彼の父親は反旗を翻した。
 色の一族ではお約束の、権力闘争だ。
 といっても金糸雀の父親は権力欲の塊のような人で人望が薄い。それが功を奏して反乱に加担しているのは一族でも一部の者たちだけだ。
「本当、親父がバカでよかった……」
 本を積本の上に置き金糸雀は苦笑してみせる。彼が積んだ本を叩くと、大きな咆哮とともに珊瑚色たちのいる崖上へと昇ってくるものがあった。
 それは、小柄な機械竜だった。剥き出しの骨を金属で覆われた機械竜は、蒼く輝く眼で珊瑚色たちを凝視する。金糸雀は地面を蹴り、その機械竜へと跳び乗っていた。
「金糸雀っ!」
「ちょっと親父殺してくるから、そこで待ってて……。それから、これからのこと考えよう……。珊瑚色は、俺が守るよ……」
 眼を細め、金糸雀は微笑んでみせる。手にした本を開き、彼は機械竜の背に腰をおろした。
「本読みながら、戦えるの?」
「うん、こいつがやってくれる……。それに――」
 ふっと視線をこちらに移し、金糸雀は優しい声をかけてきた。
「珊瑚色が守ってくれるから、平気……」
 深紅の眼を細め、金糸雀が微笑みを向けてくれる。珊瑚色は、自分を優しく見つめる彼の眼から視線を逸らすことができない。
「じゃあ、またあとで……」
 彼の声に珊瑚色は我に返る。友人を乗せた機械竜は珊瑚色のいる崖を離れ、戦場たる樹海へと向かって行く。
 蠱惑的な彼の笑顔が脳裏から離れてくれない。彼が子供を作れる体になったら、自分より大変なことになるんじゃないだろうか。
「君の方が、心配だよ……」
 彼を乗せた機械竜を見送りながら、珊瑚色はため息をついてみせた。

 


 美しい旋律が星空に広がっていく。
 明るく明滅する樹海の上空を見つめながら、珊瑚色は紡ぎ歌を奏でていた。
 桜の一族は歌を生業とする一族だ。
 それゆえ、桜の一族の花吐きである珊瑚色の歌は、特別な意味を持つ。
 珊瑚色の眼に星々が吸い込まれていく。珊瑚色の体は銀色に煌めき、眼が薄紅色の光を発する。
 ふっと息を吐くと、桜の形をした灯花が夜闇へと放たれた。珊瑚色はなおも歌い続け、周囲を巡る灯花たちに囁きかける。
 僕に、力を貸してほしいと。
 そんな彼の歌声に応え、灯花たちは形を変えていた。
 灯花たちは翅を想わせる葉を茂らせ、蔓のように細くなった幹を珊瑚色の体に巻きついていく。幹は巨大な葉を珊瑚色の背中に生じさせた。あまった幹は珊瑚色の体から離れていく。それらは珊瑚色の前で、槍の形をとった。
 透明な桜の花弁が穂先となっているその槍を、珊瑚色は手に取る。彼がアルトの歌声を奏でると、珊瑚色の背に生えた透明な葉は翼のようにはためいて彼を宙へと浮かせた。
 薄紅色の光を放ちながら、葉の翼は珊瑚色を星空へと誘う。珊瑚色の向かう先で、機械竜たちは星空を優美に走っていた。
 星空の向こうで蠢く虚ろ竜の陰影と相まって、機械竜たちはダンスを踊っているようだ。蒸気とともに吐かれる彼らの炎は蒼く、闇色の空を彩る。
 その炎を避ける一匹の機械竜がいる。その機械竜に乗る金糸雀を認めて、珊瑚色は苦笑していた。戦場の只中だというのに、彼は機械竜の背に寝そべり食い入るように本を読んでいるのだ。
 金糸雀めがけて敵の機械竜が火球を吐く。
 珊瑚色は紡ぎ歌を奏でていた。
 歌に応え、珊瑚色の纏った灯花たちの花弁が桜吹雪となって舞う。花吹雪は突風を伴いながら金糸雀を取り巻き、火球を消してみせた。
「ありがと……。これで集中して本が読める……」
 金糸雀が顔をあげ、眠たげな言葉を珊瑚色にかけてくる。そんな金糸雀に苦笑を送り、珊瑚色は葉の翼を靡かせ、敵のもとへと向かって行った。
 放たれる火球を躱しながら、花弁の穂先を持つ槍で機械竜の頭部を突き刺す。
 蒼い火花と蒸気を放ちながら、槍で突かれた敵は動かなくなる。そんな敵の亡骸を地上に捨て、珊瑚色は次の獲物へと向かって行く。
 珊瑚色は槍を薙いで敵の装甲に傷をつけ、配管で満たされた内部に灯花の花弁を送り込んだ。花弁たちは配管を切り刻む。爆発を起こし、配管を切り刻まれた機械竜は静かに森へと落ちていく。
「けっきょく、僕がやっているじゃないか……」
「ドンマイ……。だって、この本に出てくるエンジンの解説が面白くて……」
 金糸雀を珊瑚色は睨みつけてみせた。
「君ね……」
「だって、珊瑚色が側にいるから……」
 本から眼を放し、彼は珊瑚色に微笑みを向けてくる。どこか妖艶さを感じる彼の眼を見て、珊瑚色は思わず顔を逸らしていた。
「あれ、珊瑚色?」
「いや、なんでもない……」
 彼の笑顔に見惚れていたとはさすがにいえない。曖昧な笑みを浮かべ、珊瑚色は金糸雀に視線を戻す。
 そのときだ。轟音が珊瑚色の耳を貫つらぬいたのは。
「なにっ!」
 驚く珊瑚色の視界の先には、信じられないものがあった。
 巨大な機械竜の群れだ。
 機械竜の銀の装甲が地球に蒼く照らされている。暗い空に巨躯を浮かばせ、機械竜たちの群れは樹海に黒い影を落としていた。
 鉄の竜の群れは、珊瑚色たちのもとへと不気味な音をたてながら迫ってくる。
「たっく、兄貴のバカ……。親父に機械竜の格納庫乗っ取られやがったよ……」
 嫌そうに顔を歪め、金糸雀は立ちあがる。彼は本を閉じ、鋭い眼差しを機械竜の群れへと送っていた。
「あれには敵わない……。撤収するよ……」
「そんなに――」
 危ないのかと声を発しようとした瞬間、珊瑚色の視界を眩いばかりの光が覆った。爆音が耳に轟いて、自分の体が風に煽られていることに気がつく。うっすらと眼を開け、珊瑚色は眼の前に広がる光景に絶句した。
 金糸雀の乗っていた機械竜が、炎を吹きながら暗い森へと落ちていく。その後を追うように、金糸雀の体が落ちていくではないか。
 敵の攻撃を、金糸雀の機械竜はまともに受けたのだ。自分を庇おうとして。
「金糸雀っ!」
 珊瑚色は金糸雀に叫んでいた。だが、彼から応答はない。奥歯を噛かみしめ、金糸雀は落下していく彼の体を追う。機械竜の残骸を避けながら、金糸雀の体を抱きしめる。
「金糸雀っ!」
 声をかけるが、金糸雀は眼を瞑ったまま動くことすらない。ぎゅっと彼の頭を抱き寄せ、珊瑚色は崖を目指し飛んでいた。
 そのときだ。視界の端が眩い光に包まれたのは――
 そちらへと眼を向け、珊瑚色は戦慄に動きをとめていた。
 巨大な機械竜たちが横一列に並び、蒼い火球をこちらに向かって放っている。火球は森を焼き払い珊瑚色に迫ろうとしていた。
 駄目だと、思った。
 ふと、腕の中で金糸雀の体が動く。顔を向けると、彼はうっすらと眼を開け珊瑚色に何かを囁いていた。
 ――ごめん……。
 唇の動きから、彼が何を言いたいのかわかる。
「こんなところで、言う台詞じゃなないだろ……」
 震える声が喉からでてしまう。そんな珊瑚色に、金糸雀は赤い眼を細め微笑んでみせた。
 眼を歪ませ、珊瑚色は彼を力強く抱きしめる。
 瞬間、轟音が辺りに響いた。
 驚く珊瑚色の眼に、信じられない光景が映りこむ。
 こちらに向かっていた火球から珊瑚色たちを庇うように、無数の竜骸が空に浮かんでいる。その竜骸から放たれた火球が機械竜の火球とぶつかり、あたりにいくつもの火柱が立ちあがった。
 火柱があがる向こう側では、巨大な機械竜たちが咆哮をあげながら落ちていく。
「何が、起きてるの……?」
 珊瑚色の視界は、上空にあるものを捉とらえる。
 それは、黒い竜骸だった。その竜骸に、漆黒の法衣を纏った子供が乗っている。紺青の長い髪を風に靡かせ、虚ろな眼差しで子供はじっと珊瑚色を見つめていた。
 子供は星屑のように輝く眼を瞬かせながら、美しい紡ぎ歌を周囲に響かせる。
 それは、呪いの歌だった。
 罪を犯した者たちを罰する虚ろ竜たちの歌。その歌に呼応し、地面へと落ちていく機械竜から紫苑の光を伴った魂が立ち昇っていく。
 機械竜に乗っていた人々の魂だ。反乱を犯した金糸雀の一族の。
「親父が……死んだ……」
 ぽつりと腕の中の金糸雀が呟き、珊瑚色は彼に顔を向けていた。金糸雀は悲しそうに眼を歪め、歌を紡ぐ子供を見つめている。
「あれが……新しい夜色なんだな……」
「うん……とっても、綺麗だ……」
 呪いの歌を奏でる彼の眼に、紫苑の魂は吸い込まれていく。子供の体は紫の光を帯び、その唇から夕顔の形をした灯花を吐き出した。
 夕顔の灯花に変えられた魂は、転生することも出来ず未来永劫水底の地に咲き続ける。
 焦土に、罪を宿した灯花の雨が降る。
 その雨を茫洋とした眼で子供は眺め続けていた。珊瑚色はそんな子供から眼を逸らすことができなかった。 
 子供の眼から流れる涙に、気がついてしまったから。
 その子を無性にもろくて美しい存在だと思ってしまったから。

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now