​花吐き少年と、虚ろ竜

罪と業火

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 どうしてこうなったのか、ヴィーヴォは分からなかった。腕の中でぐったりとしているヴェーロを抱え、ヴィーヴォは聖都の外縁街を走る。
 襤褸を纏っているために誰も自分が夜色だとはわからない。だが、腕に抱えた竜を道行く人々は奇異の眼差しで見つめていた。
 僧兵たちが、そんなヴィーヴォを追う。坂道の中央通りを避け、ヴィーヴォは路地裏と足を踏み入れていた。
 走り続けたせいで喉が焼けるように痛い。大きな疲労を感じ、ヴィーヴォは壁に背中を預けていた。
「ヴェーロっ……」
 腕の中のヴェーロに話しかけても、彼女はヴィーヴォの声に応えようとしない。
 さきほどまでの出来事を思い出して、震える腕でヴィーヴォはヴェ―ロを抱きしめていた。
 すべてはポーテンコの言葉から始まったのだ。ヴィーヴォの霊廟にやってきた彼は、淡々とした口調でヴェーロを引き渡すように言ってきた。
 それが、教皇の勅命だということも。
 兄が何を言っているのか分からなかった。だが、兄は霊廟の中を飛んでいたヴェ―ロを無理やり捕え、嫌がる彼女を人形術で攻撃したのだ。
 それから先のことはあまり覚えていない。
 床に倒れたヴェーロを抱え、ヴィーヴォは必死になって霊廟から逃げ出した。どこをどう走ったのかすら覚えておらず、気がついたらここにいたのだ。
「なんで、こんなことに……」
 涙が溢あふれ出てしまう。
 ぐったりとしたヴェ―ロを抱き寄せ、ヴィーヴォは嗚咽を必死になって堪えた。
「きゅん……」
 弱々しい鳴き声が聞こえてヴィーヴォは竜を見つめる。閉じていた眼をうっすらと開け、ヴェーロは自分を見つめていた。
「きゅん……」
 優しく眼を細め、大丈夫だと自分の竜は鳴き声をかけてくれる。こみ上げてくるものを必死になって耐え、ヴィーヴォはヴェ―ロを抱き寄せていた。
「大丈夫、君は絶対に守るから……大丈夫だから……」
「きゅん……」
 首を伸ばし、ヴェーロは自分の顔を覗き込んでくる。頬を流れる涙をそっと彼女は舌で拭ってくれた。
「こんなところにいたのか……」
 瞬間、冷たい声がヴィーヴォの耳朶に突き刺さる。ぞわりとヴィーヴォは背筋が寒くなるのを感じていた。暗い、路地の奥へと顔を向ける。夜闇のような眼を鋭く細めたポーテンコが、自分を睨みつけていた。
「兄さん……」
「早く、彼女をこちらへ渡わたしなさい」
 後ずさりするヴィーヴォに、ポーテンコはゆっくりとにじり寄ってくる。
「嫌だ……」
「ヴィーヴォっ!」
 ゆっくりと首を振り、ヴィーヴォは震える声を兄に送っていた。そんなヴィーヴォをポーテンコが一喝する。
 恐い。
 その思いから、ヴィーヴォは兄に背を向け、駆けだしていた。
「ヴィーヴォっ!」
 ポーテンコの声が後方でする。だが、彼から逃れることはできなかった。
 捻れた手足を持つ木製の人形が、ヴィーヴォの行く手を塞いでいたのだ。翅から不気味な音をはっしながら、ポーテンコの木製人形はヴィーヴォににじり寄ってくる。
「嫌だ……。来ないで……」
 涙を流しながら、ヴィーヴォは震えた懇願を人形にすることしかできない。
「ヴィーヴォ……」
 怒気に満ちた兄の声が後方でする。兄に肩を掴まれた瞬間、ヴィーヴォは叫んでいた。
「嫌だっ! 誰か助けてっ! 助けて、{Vero}(ヴェーロ)!」
 ヴィーヴォの叫び声が周囲に轟く。
 瞬間、ヴェーロから眩い光が発せられ、それは爆音を伴って周囲に襲いかかった。

 


 目覚めたときヴィーヴォが聞いたのは、遠くで聞こえる爆音と、人々の悲鳴だった。
 うっすらと眼を開けると、立ち昇る炎と煙が視界に映りこむ。
 驚いてヴィーヴォは上半身を起こしていた。
 炎に包まれた聖都が眼前にある。自分がいたはずの外縁街は炎に包まれ赤々と燃えていた。
 どうして自分は、こんなところにいるのだろうか。疑問に思い、ヴィーヴォは周囲を眺めていた。
 そしてヴィーヴォは気がつく。自分が巨大な竜の背に乗っていることに。その竜が咆哮をあげ、聖都に向けて巨大な火球を放っていることに。
 聖都がその火球によって炎に包まれていることに――
「なんだよ……これ……」
 ヴィーヴォの呟きを無視して、竜は湖面を滑走し、巨大な火球を連続して吐き続ける。その火球から、聖都を守る少年たちの姿があった。
 機械の竜が火球を受け止め、ヴィーヴォの眼の前で次々と大破していく。見慣れた紫陽花の灯花が巨大な蔓網となって火球を受け止める。
「ヴィーヴォ! どうしてこんなことをするんだっ! 君は僕たちの命よりも、その竜の方が大切なのっ?」
 聞きなれた叫び声が、上空から聞こえる。小さな竜骸に乗ったマーペリアが、悲痛な眼差しをヴィーヴォに向けていた。
「マーペリア……?」
 何が起こっているのか、わからない。気がついたら自分は、この竜の背中に乗っていたのだ。
「君は、その子のためだったらお兄さんまで平気で殺すのっ!?」
 マーペリアの震える叫び声を聞いて、ヴィーヴォは大きく眼を見開いていた。
 自分が、ポーテンコを殺した。彼は何を言っているのだろうか。
「君がその子を名で縛ったんでしょ? そのせいで、ポーテンコはっ!」
 マーペリアの叫びから、ヴィーヴォはすべてを悟っていた。
 この巨大な竜は、ヴェーロだ。自分は名前を呼び彼女に助けを求めた。
 無意識のうちに自分は彼女の名前を縛り、救ってほしいという命令を彼女に下していたのだ。
 では、自分たちを捕えようとしていたポーテンコは――
「あ……嫌だ。兄さん、嫌だっ!」
 がくりとヴィーヴォは竜の背の上で膝をついていた。
 自分は兄を手にかけた。その罪の重さに、ヴィーヴォは胸が張り裂けそうになっていた。
「ヴィーヴォっ!」
 両手を顔で覆うヴィーヴォのもとに、竜骸に乗ったマーペリアが接近してくる。彼はヴィーヴォのいる竜の背に近づき、ヴィーヴォに腕を差し伸べてきた。
「早くっ! 君の竜はおかしいっ!」
「マーペっ!」
「ヴィーヴォっ!」
 マーペリアに促され、ヴィーヴォは彼の手を握りしめる。マーペリアはヴィーヴォを竜骸の背へと引き上げた。物凄い勢いで、竜骸は竜の背から離れていく。竜骸は燃える聖都を目指し突き進んでいた。
 ヴィーヴォは離れていくヴェーロの姿を唖然と見つめることしかできない。
 銀の鱗は珊瑚色が放つ灯花の槍も、金糸雀が操る機械竜たちの炎さえ受けつけない。巨大な翼で突風を巻き起こし、ヴェーロは空を舞う花吐きたちの体を弄ぶ。
 何人たりとも彼女の攻撃を受けつけず、彼女は火球を吐いて聖都を業火の中へと放り込んでいく。
 その姿は、聖都を形づくる銀翼の女王そのものだった。怒り狂った女王が、罪を犯した聖都を罰している。
 業火に包まれる聖都に巨大な灯花の蕾が生じた。赤い薔薇を想わせるそれは花開き、散りゆく花弁で業火を切り刻む。薔薇の花弁は突風に乗り、巨大な彼女に肉薄していく。
 ヴェーロが悲鳴をあげる。
 首筋から赤い血を迸とばせながら、彼女は湖へと落ちていく。それでもヴェーロは蒼い眼で聖都を睨みつけ、口から巨大な火球を吐き出した。
 強力な突風が辺りに吹き荒れ、ヴィーヴォたちの乗る竜骸を大きくゆらす。
「うわっ!」
 マーペリアが悲鳴をあげる。飛ばされそうになった彼の腕を握りしめ、ヴィーヴォは竜骸の背中に必死になってしがみついていた。迫りゆく火球の衝撃波に竜骸は形を崩し、火球の熱波に装甲が溶かされていく。
「ヴィーヴォっ!」
 マーペリアの叫びとともに、ヴィーヴォは彼を抱き竜骸から飛び降りていた。
 落ち行く視界の先に、火球に飲み込まれる竜骸が映りこむ。ヴェーロへと眼を向けると、彼女は湖から顔を出し、新たな火球を放とうとしていた。
「もうやめてっ! Vero!」
 ヴィーヴォの悲鳴が、周囲に響き渡る。暗い湖面がヴィーヴォの眼前に現れ、マーペリアともどもヴィーヴォは湖の中へと落ちていった。

Back      Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now