​花吐き少年と、虚ろ竜

​そして語り部は沈黙する

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 聖都と比べ、ここは夜空に瞬く星が多い。それが花吐きがいなくなっているせいだとヴィーヴォが言っていたのを思いだし、竜の姿になったヴェーロは大きく翼を翻す。
 ヴェーロの耳には、愛しい人の語りかけが優しく響き渡っていた。
「それから先のことは、君も知っての通り。僕は君の名前を白状させられるために拷問にかけられて、教皇に辱めも受けた……。でも、君の名前を僕は誰にも教えられなかった……。教えたくなかったんだ……。君だけは、どうしても僕のモノでいて欲しくて……。あとは、死んだと思っていた兄さんが僕を助けてくれて全部終わり。兄さんは教皇とかけあって、君と僕が生きられるよう取り計らってくれたんだ……。僕は、そんな兄さんを殺しかけたのに……」
「きゅん……」
 背に乗るヴィーヴォが、震えた言葉で語りを終える。
 蒼い地球を仰ぎながら、ヴェーロは彼のために小さく鳴き声をはっしていた。
「けっきょく僕は、いつも誰かに助けられてばかりで、君を悲しい目に合わせてばかりいた。でも、それでも君は、僕と一緒にいてくれる。僕をずっと選んでくれる 」
 そっとヴェーロの頭を、あたたかなぬくもりが包み込む。ぽたり、ぽたりと音を伴なって落ちてくるそれが何なのかヴェーロには分かっていた。
 ヴィーヴォが泣いている。彼は何も悪くないのに、また自分を責めて苦しんでいるのだ。
 ヴェーロはそんなヴィーヴォが、大好きで大嫌いだ。
 すっと眼を細め、ヴェーロは人になりたいと願う。彼を慰めるために。
 ヴェーロの体が光に包まれ形を失う。光は粒子となって集い、少女の姿を形づくる。
「うわっ!」
 悲鳴が聞こえる。少女の姿となったヴェーロはゆったりと眼を開き、落ちていくヴィーヴォを追いかけた。僧衣を翻しながら、彼はじっと自分を見つめている。
 星の宿る彼の眼からは涙が零れ、それは雫となって夜空を舞っていた。彼に近づくたび、ヴェーロの体にヴィーヴォの涙があたり、砕けていく。
 泣いている彼に両手をのばし、ヴェーロは彼を抱き寄せていた。
「ヴェーロっ?」
「ヴィーヴォは何も悪くないっ!」 
 彼の頭を抱き寄せて、ヴェーロは叫ぶ。
 そう、彼は何も悪くない。
 悪いのは、本当に悪いのは――
「いつもヴィーヴォは竜のせいで不幸になる……。お父さんも、ヴィーヴォも……。大好きな人たちも竜は、殺そうとした……」
 ヴェーロの眼から涙が伝う。涙は雫となってヴィーヴォの顔に降りそそがれる。
 ヴィーヴォは優しく微笑んで、そんなヴェ―ロの頬をなでてみせた。軽く眼を見開くヴェーロの頬に指の背を走らせ、彼は指で眼に溜まった涙を拭ってくれる。
「君は、いつも僕のことを想ってくれている……。それだけで、僕は十分だ。君がいてくれるだけで……」
「ヴィーヴォ……」
 愛しい人をヴェーロはそっと抱き寄せる。そんなヴェ―ロに応えるように、ヴィーヴォも自分を強く抱きしめ返してくれた。
「だから、僕は君に名前を返そう。もう、誰も君を縛れない。Vero、君の主は君自身だ……」
 優しいヴィーヴォの囁きが耳に響き渡る。
 瞬間、ヴェーロの脳裏で鎖の弾けるような音が響いた。
「ヴィーヴォ……。私は……」
 唖然と、ヴェーロはヴィーヴォを見つめる。ヴィーヴォは優しく微笑みながら、ヴェーロに問う。
「愛しい{女}(ひと)、君の名前は?」
「私は、ヴェーロ……。名前が、分かる。名前が、分かるわっ! ヴィーヴォっ! これは?」
 驚く自分に、ヴィーヴォは穏やかな微笑みを向けるばかりだ。彼の眼がどこか悲しげなのは、気のせいだろうか。
「ヴィーヴォ……あなた……」
 震える声が喉から出てきてしまう。ヴィーヴォは眼を歪め、自分の頭を抱き寄せた。
「もう君は誰にも縛られない……。君の主は君自身で、君は自由だ。その羽でどこまでも飛んでいけるよ……。僕の側にいなくてもいいんだ……」
「ヴィーヴォ……」
 震える彼の体をヴェーロは力いっぱい抱き寄せていた。
 ヴィーヴォが自分を名で縛ることをやめたのだ。それは、彼が自分を自由にするということ。
 自分を、手放すということに他ならない。
「いや、どこにも飛んで行かない。私の居場所は――」
「ヴェーロ避けろっ!」
 涙に咽ぶヴェーロの言葉は、ヴィーヴォの叫びに遮られる。
 背中に熱さを感じた瞬間、ヴェーロは自分が攻撃されたことを悟っていた。
 悲鳴をあげる自分をヴィーヴォが抱きとめる。彼は何かを叫びながら僧衣の懐に手を入れ、ヴェ―ロの鱗を宙にばら撒いていく。
 光り輝く鱗がヴェ―ロたちの前に壁を作る。その壁に紅蓮に輝く火球がぶつかった。
 鱗は盾となって、ヴェ―ロたちを襲う火球を防いでくれた。だが、火球によって鱗は燃えつきていく。
「ヴェーロ、僕に捕まってっ!」
 ヴィーヴォの鋭い声と、彼の紡ぎ歌が耳朶に轟く。
 星を吸い込んだヴィーヴォの眼は光り輝き、空中で制止した。彼の口から菖蒲の形をした灯花が吐き出される。
 ヴェーロを抱きしめたまま、彼の体はゆったりと地上へと降りていく。眼前に広がる巨樹の森と、竜の遺骸の数々がヴェーロの視界に映りこんだ。
 聖都の側に広がる、大樹海だ。
 樹海の開けた草原に、水晶鹿の群れがいた。ヴェ―ロたちを見あげ、鹿たちは森の中へと逃げていく。
 何もいなくなったその草原に、ヴィーヴォの体は投げ出されるように落ちていった。
「ヴィーヴォっ……」
 背中の痛みが取れてくれない。それでもヴェーロは自身の下にいるヴィーヴォに声をかける。だが、彼を見た瞬間、ヴェーロは眼を見開き口元を両手で覆っていた。
 ヴィーヴォの首筋に鋭利な傷が穿たれていたからだ。傷は深く、うっすらと骨らしきものが血の滲み出る断面から窺える。
 荒い息を吐きながら、ヴィーヴォは顔を向けてくる。笑みを浮かべ、彼はヴェ―ロの頬に優しく手を添えてきた。
「ヴィーヴォ……」
 ヴェーロは添えられた手を握りしめる。敵の攻撃から自分を庇い、ヴィーヴォは深い傷を負ったのだ。
 自分のせいで、彼がまた傷ついた。
 ヴェーロの眼から涙が零れ落ち、ヴィーヴォの頬を濡らす。悲しげにヴィーヴォは眼を歪め、ゆったりと首を横に振った。
 彼は弱々しく微笑んで、眼をゆっくりと瞑る。
「ヴィーヴォ……?」
 声をかけても、彼は応えてくれない。
「ヴィーヴォっ!」
「そんなに、彼を助けたい? 女王さま……」
 ヴェーロの叫びを遮る者がいる。驚いて、ヴェーロは声のした前方へと顔を向けていた。
 淡く光る長光草を踏みしめ現れたその人物をヴェーロは睨みつけていた。
「若草……」
「おぉ、恐い」
 片眼鏡に隠れた眼を歪め、若草はヴェ―ロに嘲笑を向けてくる。深緑の法衣を翻し、彼は颯爽とヴェ―ロたちのもとへと歩み寄っていく。
「来ないでっ!」
 ヴィーヴォを抱き寄せ、ヴェーロは拒絶の言葉を彼に放っていた。
「その口調だと、ヴィーヴォが君を名で縛ることをようやくやめたようだね。予定通りだ。これで、すべてが上手くいく。大丈夫、君のお父さんも元気だよ。ヴィーヴォも今のオレだったら助けあげられる……」
 彼の眼が妖しく光る。
 マーペリアはゆったりと腰を曲げ、ヴェーロの顔を覗き込んできた。
「ねぇ、君はヴィーヴォを助けたいんでしょ? ヴィーヴォの命そのものを救いたいんでしょ? だったら、僕はとっておきの方法を知っている。ヴィーヴォを救う唯一の方法を。そのお陰かげで、君のお父さんは命を救われたんだ」
 マーペリアが優しく囁いてくる。その言葉にヴェーロは自分の耳を疑っていた。
 父であるポーテンコは虚ろ竜である母を愛していた。だが、彼は母に食べられることなく生き長らえている。
 その秘密をマーペリアは知っているというのだ。その秘密によって、ヴィーヴォを救うことができるかもしれないと仄めかして。
「だから君の名前を教えて……」
 マーペリアの甘い囁きが耳朶に轟く。顔をあげると、嗤う彼の顔が視界に広がった。
 ヴィーヴォを、殺さなくて良い方法を彼は知っている――
「マー……ぺ……」
 ヴェーロが唇を開きかけた瞬間、ヴィーヴォの声がかすかに聞こえた。
 驚いて彼を見つめる。ヴィーヴォが薄らと眼を見開き、マーペリアを睨みつけていた。
 汗の浮かぶ彼の首筋からは、鮮血が流れ続けている。それでも彼はマーペリアを睨みつけることをやめない。
「私の……」
 口を開きかけた自分の腕を、ヴィーヴォが握りしめてくる。その弱々しい力に、ヴェーロは顔を歪めていた。
 彼は確実に死に向かっている。それでも自分を守ろうとしてくれているのだ。
「大丈夫よ、ヴィーヴォ……」
「竜……」
 縋るように自分を見つめるヴィーヴォに笑顔を向け、ヴェーロは彼から顔を逸らす。
 妖しい微笑みを浮かべる若草を見すえ、ヴェーロは口を開いていた。
「私の名前は、Vero……」

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now