​花吐き少年と、虚ろ竜

夜色の竜

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 教皇庁の一室から逃げ出してきたヴィーヴォを出迎えたのは、不気味なほど静かな街並みだった。
 銀翼の女王の中には、美しい街が築きずかれている。透明な背骨に造られた大通りには、骨をくり抜いて作られた壁龕の店が立ち並ぶ。
 吊るされた灯花で輝く店には、肉屋、魚、鮮やかな花が並び街を彩っている。
 それらを背景に、美しい星空が透明な街の外には広がっていた。
 そこに通りを往来していた人々の姿はない。代わりにあるのは、黒く輝く夕顔の灯花だ。透明な通路を塞ぐように、それらの花々は咲き誇っている。
 ひゅん、ひゅんと夕顔の花は悲しげにヴィーヴォに向かって音をはっする。その音から、これらの花がマーペリアの吐いたものだとヴィーヴォには分かった。
「マーペ……どうして……?」
 じわりと眼が涙で潤んでしまう。ヴィーヴォはしゃがみ込み、そっと夕顔の花をなでていた。夕顔の花に変えられた灯花は転生することなく、永遠に水底で咲き続ける運命を背負わされる。
 金糸雀から聞かされたことがある。
 金の一族が代々製法を伝えている機械竜は、灯花を熱源として動いていると。そして、銀翼の女王の遺骸に取り付けられた歯車の機械も同じ原理で動いているのだ。
 恐らく、夕顔の花は銀翼の女王の中で生活をしていた人々の魂だ。この巨大な竜骸を動かすためには大量の灯花が必要になる。マーペリアはその灯花を手に入れるために、聖都の人々を夕顔に変えたのだ。
「君は、そんな奴やつじゃなかったはずだろ……」
 何が彼を狂わせたのだろう。
 ほろりとヴィーヴォの頬を涙が伝う。その涙は黒い夕顔の花弁を小さくゆらし、床へと落ちる。
「マーペリア……」
 ぎゅっと自身を抱きしめ、ヴィーヴォはこみ上げてくる涙を必死になって堪たえていた。
 そのときだ。外で大きな爆音がしたのは――
 驚いて、ヴィーヴォは水晶で隔てられた星空へと顔を向ける。
 夜色の竜が機械竜たちに追われている。その竜を見て、ヴィーヴォは息を呑む。
「父さん?」
 漆黒の眼で機械竜を睨みつけるその姿は、水晶に閉じ込められている父そのものだ。黒い炎を吐きながら、竜は自身に襲いかかる機械竜たちを倒していく。
 火花を散らしながら機械竜が落ちていく。爆発する機械竜を背後に控えながら、竜はヴィーヴォのいる中央通りへと向かってくる。
「ちょ、こっち、来る?」
 物凄い勢いで向かってくる竜に驚き、ヴィーヴォは立ちあがっていた。
 瞬間、轟音が辺りに響き渡った。
 竜は竜骸の背骨を打ちこわし、中央通りへと侵入してくる。その衝撃に、ヴィーヴォは地面へと押し倒されていた。吹き飛ばされたヴィーヴォの体を、灯花たちが優しく受けとめてくれる。
 竜の唸り声が耳朶じだに轟く。
 顔をあげると竜が大きな顔を自分に近づけ、匂いを嗅いでいた。荒い鼻息が顔にかかり、ヴィーヴォは思わず顔を顰めてしまう。
「なんだよ……。こいつ……」
 ヴィーヴォの言葉に、灯花たちが悲しげな音色をたてる。竜は、悲しげに漆黒の眼を細めてみせた。
 その眼差しが、あの人と重なってしまう。
 囚われているはずの兄と――
「兄さん?」
 教皇が竜になったことを思い出し、ヴィーヴォは口を開いていた。竜は悲しげに鼻を鳴らし、顔をヴィーヴォに擦りつけてくる。
「本当に、兄さんなの?」
 ヴィーヴォの言葉に竜は悲しげに眼を細めるばかりだ。
「なんで……? なんで、兄さんまで竜に……? 何なんだよ、これ……?」
 声が震えてしまう。
 そんなヴィーヴォを慰めるように、ポーテンコは弱々しい鳴き声をはっしてみせる。
「マーペリアっ! どうして?」
 友だった少年の名をヴィーヴォは叫んでいた。それでも、その声に応える者はいない。ただ、竜になったポーテンコが小さく翼をはためかせただけだ。
「グゥっ!」
 低い唸り声をポーテンコがあげる。ヴィーヴォはそんな兄を見あげていた。
 真摯な眼差しをヴィーヴォに送りながら、兄は背中の翼をはためかせてみせる。彼は眼を鋭く細め、空を仰いだ。兄の視界の先には、竜骸の頭がある。
 あそこに、兄は何かあることをヴィーヴォに知らせようとしているのだ。
 竜骸に頭部には、操縦室が設けられている。
 恐らく、あそこにマーペリアはいるのだ。
 そして、ヴェーロも――
「連れて行ってくれるの? ヴェーロのもとに……」
 立ち上がりヴィーヴォは兄に問いかける。兄は低く唸り、背中をヴィーヴォに向けてきた。
「まさか、兄さんの背中に乗る日が来るなんてね」
「グゥ!」
 苦笑するヴィーヴォに顔を向け、ポーテンコは不機嫌そうに唸ってみせる。
 背中に乗れと急かす姿が何だがヴェーロと似ていて、ヴィーヴォはこみ上げてくるものを必死になって押さえていた。
 ヴィーヴォは眼を拭い、地面を力いっぱい蹴っていた。ポーテンコの背中に跳び乗りヴィーヴォは言葉を放つ。
「行こう、兄さん。僕たちの愛しい{女}(ひと)のもとへ――」
 ヴィーヴォの言葉に、ポーテンコは鋭い咆哮を放つ。

 


 聖都中にばら撒まいていたヴェーロの鱗が、こんなところで役立つとは思わなかった。
 機械竜からの追撃を躱す兄の背に乗りながら、ヴィーヴォは思う。
 ヴィーヴォが手を掲げるたびに、銀翼の女王に残されたヴェーロの鱗が反応し上空へと舞いあがってくる。
 鱗は空中を旋回しながら、ポーテンコを追う機械竜の装甲を傷つけていく。肘や首の装甲が甘くなっている可動部を狙い、ヴィーヴォは鱗を機械竜たちに放つ。
 鱗に切り裂かれた部分から火花を散らし、機械竜たちは墜落していく。次々と落ちていく機械竜を見つめながらも、ヴィーヴォは険しい表情をやめることはなかった。
 前方を睨みつける。
 ヴィーヴォたちの行く手には、巨大な緑の竜が立ちはだかっていた。翠色の眼を嫌らしく歪め、竜は嗤ってみせる。
 竜になった教皇だ。
「グゥ!」
 兄が唸る。ヴィーヴォはポーテンコの背を静かになで、声を発した。
「兄さん、打ち合わせ通りにいける?」
 ヴィーヴォの言葉に応えるように、ポーテンコは小さく翼を動かす。ヴィーヴォは口元に笑みを浮かべ、兄の背から跳び降りていた。
 教皇の咆哮が耳朶に轟く。ヴィーヴォは、腰に差した灯花の短剣を抜き放っていた。
「頼む、力を貸してっ!」
 ヴィーヴォは短剣を頭上に掲げる。短剣は眩い光を放ち、刃を蔓へと変えた。その蔓が、教皇の首に巻きつく。
 ヴィーヴォはその蔓にぶら下り、遠心力を利用して前方へと飛ぶ。首に急激な重りがかかり、教皇は頭をたらしながら呻き声をあげた。
 その教皇の首筋に、ポーテンコがかぶりつく。ヴィーヴォは短剣の蔓を教皇の首から放し、紡ぎ歌を奏でていた。
 空中に投げ出されたヴィーヴォの眼に、星たちが吸い込まれていく。
 体を輝かせながら、ヴィーヴォは前方へと手を翳かざしていた。空を舞っていたヴェーロの鱗が並び、薄い壁をヴィーヴォの前へと作り出す。
 その壁を蹴りあげ、ヴィーヴォは上空へと飛んだ。
 歌が止むと同時に、唇から灯花が生まれる。灯花は物凄い勢いで成長し、竜骸の頭部へと伸びていく。複雑に絡み合いながら巨大な蔓となって伸びていく灯花に、ヴィーヴォは跳びついた。
 ヴィーヴォを乗せ、灯花はぐんぐんと頭部を目指して成長していく。
 鋭い咆哮が聞こえて、ヴィーヴォは下をみつめていた。緑の竜に噛みつかれ、ポーテンコが悲痛な声をあげている。
 兄は竜を睨みつけ、傷を負わせたその首筋に再度噛みついてみせた。緑の竜は悲鳴をあげながらも、翼を激しく動かし兄を引き離す。
 吹き飛ばされる兄に、緑の竜は火球を発する。兄は翼を大きく翻し、その火を消してみせた。
 ポーテンコの漆黒の眼がヴィーヴォを捉える。ヴィーヴォは真摯な眼差しを兄に送り、近づいてくる竜骸の頭部を睨にらみつけた。
 ヴィーヴォは頭部に向けて片手を翳してみせる。ヴィーヴォの前方に鱗が集まり、それは小さな竜の形をとった。竜たちは火球を吐き、竜骸の頭部を攻撃する。煙とともに爆音があたりに轟いて、竜骸の頭に穴を作り出した。
 体を丸め、ヴィーヴォは穴の中へと飛び込んでいった。
 

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now