​花吐き少年と、虚ろ竜

還る場所

Tio estas, de knabo kaj kava drako kraĉ floro filino de la historio de amo.

 眼前に飛び込んできたのは、歯車の入った水槽の群れだった。
 白く濁る水槽の中で、夕顔の灯花が暗い光を放っている。水槽の水からは絶えず気泡があがり、水中で漂う灯花を弄んでいた。
 そんな水槽が、大理石の敷きつめられた通路に所狭しと並んでいるのだ。水槽からは無数の管が伸び、それは通路の奥へと続いていた。
「なんだよ、これ……」
 どこか禍々しさを感じる光景に、ヴィーヴォは顔を顰める。
 稀人たちが金の一族に機械の技術を伝えていたことは知っていた。機械竜を初めて見たときも、術なしで動かせる竜骸にヴィーヴォは感動したものだ。
 けれどここにある装置からは、不気味さしか感じられない。
 手に持つ短剣を腰にさげ、ヴィーヴォは前方を見つめる。水槽の吐き出す蒸気によって白く曇る通路の奥に何かがある。
 眼を凝らしそれを見つめるヴィーヴォは、驚きに声をあげていた。
「ヴェーロ……?」
 地面に膝ひざをつき、ヴィーヴォは最奥にいる愛しい女性を見つめる。
 それは巨大な花だった。
 巨大な灯花がヴェーロの白い裸体を包み込んでいる。白い百合の形をしたそれの周囲には、色とりどりの灯花が咲き誇っていた。
 優しい音を奏でながら、灯花たちは蒼い眼から涙を流すヴェーロを慰める。ヴェーロの花にはいくつもの透明な管がとりつけられ、それらは歯車のついた水槽に繋がっていた。
「ヴィー……ボ……」
 弱々しい声が耳朶を打つ。
 ヴェーロがゆっくりと首を動かし、虚ろな眼をこちらにむけていた。
「ヴィー……ボ……」
 涙に潤んだ蒼い眼が自分に向けられた瞬間、ヴィーヴォは弾かれたように立ちあがっていた。
「ヴェーロっ!」
「綺麗でしょ? 君の花嫁だよ、ヴィーヴォ……」
 自分の声を遮る者がある。ヴィーヴォは眼を見開き、その人物を凝視していた。
 深緑の法衣を翻し、花に飲み込まれたヴェーロの後ろからマーペリアが姿を現す。片眼鏡に隠れた翠色の眼を妖しく煌めかせ、彼はヴィーヴォに嗤ってみせた。
 涙に濡れるヴェーロの頬に指を這わせ、彼はヴェ―ロの顔を両手で包みこむ。
「やめろっ!」
 とっさにヴィーヴォは怒鳴り声を張り上げていた。そんなヴィーヴォを愉しげに眺めながら、マーペリアはヴェ―ロの頬にかかる銀糸の髪を彼女の耳にかけてやる。
 彼女の耳に唇を寄せ、彼は囁いた。
「さぁ、Vero。君の愛しい花婿が、君を迎えに来てくれたよ。君は彼を、どうしたいの――」
 マーペリアの囁きにヴェーロの眼が歪められる。彼女は大粒の涙を眼から流し、悲鳴をあげた。
「いやぁああああっ!」
 彼女の体は白く明滅し、光りの粒子となって霧散する。粒子は空中で再び集まり、巨大な竜の形をとった。
 銀の鱗を持つ竜は、縦長の瞳孔を持った眼でヴィーヴォを睨みつける。
 銀翼の翼を翻し、竜は咆哮を発する。竜の咆哮は空気を揺るがし、乱立する水槽の硝子を震わせた。
「ヴェーロっ……?」
 恋人の異変に、ヴィーヴォは唖然とすることしかできない。ヴェーロは鋭く眼を細めヴィーヴォに唸ってみせる。
 翼をはためかせ、ヴェーロは飛び立つ。
 ヴィーヴォの眼前に着地した竜は口から牙を覗かせ、ヴィーヴォに唸った。
 びちゃりと、牙の覗くヴェーロの口から涎がしたたり落ち、ヴィーヴォの頭にかかった。ヴィーヴォはそっと顔をあげ、竜を見上げる。
 あのときと同じだ。ポーテンコに連れて行かれそうになっていた自分を、ヴェーロが迎えに来てくれたときと。
 ――きゅんっ!
 自分を叱咤した彼女の鳴き声が、耳元で蘇る。
 口に含んだ卵をヴェーロが吐き出したせいで、自分の体は彼女の涎まみれになった。自分が抗議すると、彼女は早く逃げるぞとヴィーヴォを怒ったのだ。
「あのときと同じだね」
 ヴィーヴォは愛しい{女}(ひと)に語りかける。ヴェーロは大きく眼を見開き、ヴィーヴォを見おろした。
 彼女を微笑んだ眼で見つめながら、ヴィーヴォは言葉を続ける。
「君が口に入れた卵を僕に渡して、そのせいで僕は君の涎まみれになった。今でも、僕は君のせいで涎まみれ……。一緒でしょ?」
 ヴェーロの眼が歪められる。小さく口を開け、ヴェーロは唸った。
「でも、君を迎えに来たのは、僕。あのときと逆だね。一緒に帰ろう。君が掘ってくれたあの巣へ。僕たちが二人で過ごした場所へ」
 ヴィーヴォは彼女に両手を差し伸べていた。ヴェーロは大きく眼を見開き、差し伸べられた手に鼻先を近づける。その鼻をヴィーヴォはそっとなでていた。
「ねぇ、ヴェーロ……。言っただろ。君の主は君自身だ。君は、どうしたいの?」
 彼女の頭をそっと両手で包み込み、ヴィーヴォは問いかける。
「きゅん……」
 その問いかけに応えるように、愛らしい竜の鳴き声が耳朶に轟いた。
 気持ちよさげに眼を細め、ヴェーロは嬉しそうにヴィーヴォの両手に頭をすりつけてみせる。ヴェーロの眼に優しい光が宿り、その眼差しはヴィーヴォへと向けられていた。
「ヴェーロ、お帰り……」
 ヴェーロがくるくると喉を鳴らして、自分に甘えてくる。彼女の頭を抱き寄せ、ヴィーヴォは小さく囁く。
「愛してるよ、ヴェーロ……。命なんていらない。君がいてくれれば、僕はそれだけで――」
「Vero、ヴィーヴォを食べてっ!」
 ヴィーヴォの言葉は、マーペリアの弾んだ声に遮られる。大きな咆哮が耳朶に突き刺さり、ヴィーヴォは眼を見開いていた。
 ヴェーロが自分を突き放し、苦しそうに頭を振っている。彼女は牙を剥き出しにして、ヴィーヴォを睨みつけてきた。
 それでも、ヴィーヴォは笑顔を崩さない。
「おいで、ヴェーロ……」
 両手を広げ、愛しい人の名を呼ぶ。
 微笑むヴィーヴォの眼の前で、ヴェーロは咆哮をあげた。

Back       Next

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now