Three Cats 島の物語

 自室のドアを開けると、美しい女性の歌声が聴こえた。ソウタはネコミミをぴんっと立て、歌に聴き入る。
 部屋のロフトにおいてあるラジオから歌声が流れてくるのだ。澄んだ歌声は、ハルそれとよく似ている。だが歌声はハルのそれよりも大人びていて、洗礼された印象を受けた。
 歌声の主は、ハルの母親だ。
 ハルが、教えてくれた。
 ハルの母親であるサクラ・コノハは、名の知れた歌手だった。
 外の世界から、ケットシーである彼女は治療のために箱庭にやってきた。そして、外の世界と箱庭の交流を促す広告塔として活躍していたそうだ。
 歌は、常若島に伝わる物語を歌っていた。
 優しく、切ない歌声は、聴くものを哀しい心持ちにさせる。
 物悲しい気持ちを抱きながら、ソウタは正面にある壁画を見つめていた。
 壁画は島に伝わる物語をモチーフに、ソウタが描いたものだ。
 漆喰塗りの壁には、羽を生やし飛び去っていく白い猫と、彼女を追う灰色の猫が描かれていた。
 昔、この常若島には十三匹の猫たちが仲良く暮らしていた。十二番目に島にやって来た白猫と、十三番目に島にやって来た灰猫は恋人同士だった。
 だが、流行り病で猫たちは死んでいく。恋人であった白猫も亡くなってしまい、灰猫は島にたった独り残されてしまうのだ。
 旧文明時代、常若島で治療を受けていた子供たちをモデルにした物語だ。
 主人公の灰猫はもちろん、ワクチンとウイルス開発に貢献した少年がモデルになっている。
 少年は灰猫と呼ばれ、救世主として箱庭各地で崇拝されている対象でもある。
 その信仰を広めるために物語はつくられた。箱庭の大人たちは信仰心を養うため、幼い頃から子供たちにこの物語をきかせてみせる。
 壁画は恋人である白猫を喪った、灰猫の心境を描いたものだ。
 ソウタは壁画に近づき、灰猫にふれる。朝陽を受けて、灰猫の蒼い眼が悲しげにゆれていた。灰猫と同じ蒼い眼を、ソウタは辛そうに伏せる。
 義母のサツキは、何度も島の物語を聞かせてくれた。そのたびに、話を聴くソウタは心臓を悲しげに鳴らしたものだ。
 物語を聴いていると、とても辛い気持ちになる。ソウタ自身が、灰猫の辛さを感じているように思えてしまうのだ。
 自分が灰猫の『{チェンジリング}(取り換え子)』であるせいかもしれない。
 チェンジリングとは、マブがクローン技術で生み出した子供たちのことだ。彼らは島で治療を受けていた十三人の子供たちの遺伝子情報をベースに生み出されている。不足する人口を補うために造り出された彼らは、その出生に因んで『マブの子』とも呼ばれている。
 ラジオから聴こえてくる歌声が、物悲しい鎮魂歌に変わっていた。
 ハルが言っていた。
 葬儀のあと、母を想い歌っていたときにソウタと巡り会ったと。ソウタもその日、常若島に越してきたばかりだった。
 会ったその日に、ハルはたくさん話をしてくれた。
 母親の歌う姿に憧れていたこと。母親のようになりたいと思っていたら、ケットシーの能力を発現させていたこと。
 母親のように鎮魂祭で歌を奏で、人々を慰められるような歌手になりたい。涙ぐんだ眼を輝かせながら、ハルは夢を語ってくれた。
 話を聴いているうちに、ソウタは彼女に自分を重ねていた。
 ハルが同じだと思ったから。
 自分と同じ、母親を亡くした悲しみを抱えていると思ったから。けれど、歌により悲しみを乗り越えようとするハルを、遠くに感じた。
 ハルの強さが羨ましい。
 不意に、真っ赤になったネズミ捕りが脳裏を過ぎる。ネコミミを伏せると、鈴が悲しげに音をたてた。
「友達に、なれればいいな」
 ソウタはぽつりと呟いた。
 茶トラと鯖トラの二人組の姿が、脳裏を過る。
 ハルは、桜の木の下からいつも二人を楽しげに眺めている。彼らと友達になりたいと言いたげに。
 でも、あの二人は自分たちを受け入れてくれるだろうか。ハルは、あの二人にいじめられたりしないだろうか。
 不安を覚えながらも、ソウタは壁画の灰猫から手を離す、壁画に背を向けると、口からあくびが出てきた。
 ソウタは、部屋の中央にかかっているハンモックを見あげる。
 ソウタは床を蹴り、ハンモックに跳び乗った。ハンモックが大きくゆれ、紐につかまる。ゆれが収まると、ソウタはぽふんとハンモックに身を横たえた。
 ソウタは体を丸め、紅茶缶を胸元に抱き寄せる。
 桜の香りが、鼻腔をくすぐる。
 円卓公園の桜を思い出し、ソウタは眼を細めていた。
 まだ桜は、蕾のままだ。その蕾が咲くことを、ハルはとても楽しみにしている。
 ソウタは眼を瞑る。
 ラジオから聞こえる歌声が子守唄を歌っていた。歌は、ソウタの心音に合わせて旋律を刻んでいるようだ。
 満開になった円卓公園の桜は、どれほど綺麗なのだろう。
 はらはらと、薄紅の花びらが舞う公園。その中で、ハルは笑いながら歌をうたってくれるに違いない。
 輝く眼で、満開の桜を見つめながら――
「ハル……」
 ハルの笑顔を思い描きながら、ソウタは眠りに落ちていく。

 眠りから目覚める。
 ベッドで丸くなっていたハルはネコミミをあげ、周囲の音を聴く。
 ハルのネコミミには、たくさんの時計の音が響いていた。
 ハルは顔をあげる。
 ハルの視界に寝そべっている天蓋ベッドの支柱が映った。支柱には、いくつもの懐中時計が括りつけられている。支柱を照らす光に導かれ、ハルはカーテンに閉ざされた窓を見た。
 窓の下には、たくさんの時計が散らばっている。鈍い陽光を受けて、時計は表面の硝子を輝かせていた。
 時計はすべて、ハルが部屋に持ち込んだものだ。
 時計の音は心音に似ている。ネジを巻いてやれば動き続け、その音でハルを安心させてくれるのだ。
 部屋の隅に置かれたラジオから、子守唄が流れてきていた。
 歌っているのは、義母であるサクラ・コノハだ。
 この家に養子としてやって来たハルに、サクラは子守唄をよくうたってくれた。
 そのときに亡くなった娘の話を、サクラは楽しそうに話すのだ。
 話を聞く、ハルの気持ちなど考えもしないで。
 ハルは彼女の子守唄を聴くたびに、自分が身代わりであることを思い知らされる。
 心臓が不穏な音をたて、ハルは体を抱きしめた。優しい子守唄は、ハルのネコミミに残酷に響き渡る。
 ウイルスに侵され、喉を患い、歌を失った義母。
 サクラが、最後に残した音が忘れられない。
 だんだんと弱っていく心臓の音。その音を聞いて以来、ハルは他人の心音に異常なほど敏感になった。
 恐いのだ。
 側にいる人の心臓がとまってしまうかもしれないと不安で、歌えなくなる。
 不意にソウタのことを思いだす。彼の困ったような笑顔が脳裏を閃き、ハルは眼を見開いた。
 ソウタはハルが歌えなくなると、困ったように苦笑する。そしてハルに、ごめんねと謝るのだ。
 彼の笑顔を見ていると、安心できるのはどうしてだろう。
 ソウタは忙しなく心音を鳴らしては、自分を困惑させる。その音にハルは不思議と安らぎを感じているのだ。
 時計の音が、とまる。
 驚いて、ハルはネコミミをたてていた。
 顔をあげ、部屋を見回す。
 部屋の時計が、いくつかとまってしまっている。ハルはネコミミをたらし、力なくベッドに顔を伏せた。
 とまっていく、義母の心音を思い出してしまう。
 時計が、また一つ、とまる。
 びくりと、ハルはネコミミを震わせた。
 嫌なことを考えてしまう。
 もし、ソウタの心臓が時計のように止まってしまったら――
「お願い、とまらないで……」
 不安が呟きになる。
 体が震えてしまう。ハルはぎゅっと体を丸めて、その震えをとめようとした。

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now