Seven Cats 時計=心音

 硝子のポットにお湯を淹れると、紅茶の葉が踊りだす。ソウタは困惑した面持ちで、茶葉が舞うポットを眺めていた。
 水の流れる音がネコミミに届き、ソウタはネコミミを忙しなく動かす。
 ハルがシャワーを浴びている音だ。
 カウンターキッチンに立つソウタは、背後を見つめた。視線の先には、バスルームへと続くドアがある。
 シャワーの流れる音は、ドアの向こうから聞こえてきていた。
 バルスームで、今まさに、ハルがシャワーを浴びているところなのだ。
 心臓が騒がしい。ハルを抱きしめた感触を、思い出してしまう。
 柔らかく、桜の香りを漂わせていたハルの体。瑞々しい彼女の肌は、ほんのりと桜色に染まり、花開いたように可憐だった。
 どうしてハルを、家に誘ってしまったのだろう。今更ながらに後悔して、ソウタはドアから視線を離すことができなかった。
 ドアが開く。
 ソウタは、ぶわりとネコミミの毛を逆立てていた。ドアが静かに閉じられ、ハルの足音がネコミミに響く。
 ふんわりと石鹸の香りが鼻腔に広がり、ソウタはやって来たハルを見つめた。
 ハルは、白いワンピースを纏っていた。
 控えめなレースが愛らしい、姫袖のワンピースだ。
 薄紅色のリボンが胸元を飾り、白いハルの体によく映えている。
 ハルが歩くたびに、レースで飾られたスカートが優雅に翻る。裾から覗く華奢な足に眼がいってしまう。
 ハルが微笑む。頬を桜色に染めて、彼女はスカートの裾をつかみ、頭をさげてきた。ぺこりと、ハルのネコミミも一緒になってたれさがる。
 ソウタの心臓が、高鳴る。
 ミミコのお古であるワンピース。ハルに似合うと思っていたが、想像以上だ。
「どうしたの、ソウタくん?」
 ハルがネコミミを困ったようにさげてくる。呼びかけられ、ソウタは我に返った。
「いや、なんでもない……」
 ハルに見惚れていた。その事実を悟られまいと、ソウタは彼女から視線を放す。
 片耳だけネコミミをあげて、ちらりとハルを盗み見る。
 ワンピースが気に入ったのだろう。彼女はぴょこぴょことネコミミを動かしながら、ワンピースの裾を弄んでいた。
 彼女は顔をあげ、カウンターを見つめてくる。
 ハルは、卓上に置かれたポットに顔を向けた。ポットを見て、ハルは眼を輝かせる。
 ハルがカウンターへと駆け寄ってきた。ポットを覗き込み、彼女はそこから漂う香りにうっとりと眼を細める。
「これ、さっき飲んだフレーバーティー?」
「そうだよ」
 ハルに微笑えみソウタは答えてみせる。
 ソウタは、視線をポットに戻す。ポットの中では、茶葉がゆっくりと浮き沈みを始めていた。ハルが眼を丸くして、動く茶葉を見つめる。
「何だろう、葉っぱが動いてる?」
「ジャンピングって言うんだ。熱いお湯を入れると紅茶の葉が開いて、ポットの中で動くんだよ」
「へぇ」
 ハルは感心したようにネコミミを動かす。ふんわりと、ハルの髪から香りが漂ってきた。紅茶と同じ、桜の香りだ。
 心臓がまた、大きな音をたててしまう。
 案の定、ハルがネコミミをソウタの方へと向けてくる。びくりと、ソウタは緊張にネコミミを震わせた。
「時計の音?」
 ひょいっと、ハルのネコミミが前方へと向けられる。助かったと、ソウタは安堵にネコミミをたらしていた。
 店内には、ゆったりとした時計の音が鳴り響いている。
 ソウタは店のすみにある柱時計に視線をやった。時計は振り子をゆらしながら、単調な音を店に響かせている。
 ソウタが毎朝、ゼンマイを廻している時計だ。
 この時計はユウタが子供の頃にはすでにあったという。どのくらい前につくられたのか、わからないくらい古いものらしい。
「心臓の音……」
 ハルはうっとりと呟き、柱時計を見つめる。時計の音に誘われるように、ハルはカウンターをでていく。
「ハルっ」
 声をかけると、ハルは立ちとまった。彼女はくるりとソウタに振り返る。
 ハルの唇に、微笑が刻まれる。ソウタは思わず、心臓を高鳴らせていた。
 彼女はワンピースの裾を両手でつかむ。頭をさげ、恭しくハルはソウタにお辞儀をした。
 明り取りの窓から夕陽が差し込み、ハルを照らす。
 夕陽に照らされ、ハルの纏うワンピースは淡いオレンジ色に輝いていた。
 ハルの唇が、歌を紡ぐ。
 夕陽に照らされ歌うハル。その姿は、さながら舞台にいる歌姫のようだ。窓から差し込む夕陽は、スポットライトのようにハルの姿を淡く照らす。
 時計の音に合わせて、柔らかな歌声が店内に響く。
 ハルは目を瞑る。気持ちよさげに振り子の音に合わせ、ハルは首を小さく振った。
 ハルのネコミミも、上がったり下がったりを繰り返す。彼女の動作に合わせ、歌声も高低を繰り返した。
 春の陽光を題材に、彼女は歌う。
 柔らかな日差しの心地よさ。微睡みの気持ちよさを、ハルは穏やかな声で歌う。
 一定のリズムで刻まれる歌声。
 聴いていると、気持ちよくて眠たくなってくる。
 ソウタは椅子に座り、カウンターに頬を押しつけていた。
 頬に広がる木の感触が気持ちよく、ネコミミを伏せてしまう。くるくると、ソウタの喉が鳴る。
 閉じかけた視界に、ポットをとらえる。お湯はすっかり薄紅色の水色になり、茶葉がポットの中で舞っている。
 刹那、歌声が高くなった。
 ソウタはネコミミを反らし、がばりと体を起こしていた。
 ポットの茶葉が激しく動く。それに合わせ、歌声は高低を繰り返す。
 歌うハルに、目をやる。
 ハルが得意げに微笑んでいた。
 細められたハルの眼は、カウンターのポットに向けられていた。ソウタは急いでポットへと視線を戻した。浮沈を繰り返す茶葉を一瞥し、ハルのネコミミへ視線を向ける。
 ハルのネコミミは、ジャンピングの浮沈に合わせてゆれていた。
 茶葉が開いていくかすかな音を、ハルは聴いているのだ。
 時計の振り子と、茶葉が開く音に合わせ、ハルは歌を奏でている。
 ハルの声が高くなる。ポットの茶葉がいっせいに舞う。
 ソウタは、ポットを覗き込む。
 茶葉はまるで桜吹雪のように、ポットの中を舞っていた。
 ポット越しにハルを見つめると、桜吹雪の中で、ハルが歌っているようにみえる。
 鎮魂祭でも、ハルは桜吹雪の中で歌を奏でるのだろうか。そう思い、ソウタは笑みを浮かべていた。
 歌に合わせ、ソウタの心臓が弾んだ音を発てる。その音を受けて、歌のテンポが早くなる。ソウタの心音がいっそう高くなる。
 刹那、時計の音がとまった。
 ポットのジャンピングも収まり、歌がやんでしまう。
 ソウタはハルへと視線をやった。彼女は眼を大きく開け、ネコミミを反らしている。
「ハル?」
 ソウタが声をかけても、ハルは答えない。
 時計の音を確かめるように、ハルは何度もネコミミを違う角度に動かしている。
 時計が完全にとまっていることに気がついたのだろう。彼女は弱々しくネコミミを伏せた。
 ソウタはカウンターを跳び越え、ハルのもとへと駆けよった。
「ごめん、ハル。俺、時計のゼンマイ巻忘れちゃって……」
 今日、朝寝坊をして時計のゼンマイを巻き忘れてしまったのだ。何だか申し訳なくなって、ソウタは彼女に謝っていた。
 ハルは、なにも答えない。
「ハル?」
 不安になったソウタは、彼女の顔を覗き込もうとした。
 瞬間、ハルがソウタの胸に跳び込んできた。衝撃に、ソウタは小さく声をもらす。
 ハルがぎゅっと、両腕を背中に回してくる。彼女のぬくもりが、体いっぱいに広がった。
「ハル……」
 桜の香りが、ハルの髪から漂ってくる。その香りに、ソウタの心臓は高鳴っていた。
「ごめん……しばらくこうさせて……」
 ハルが胸元に顔を埋めてくる。彼女に抱きよせられ、ソウタはネコミミを大きく反らしていた。
 ハルの心音が聞こえる。彼女の音はか細く、とても弱々しかった。
 心音と呼応するように、ハルのネコミミは震えていた。彼女の鈴も怯えたように鳴っている。
 ハルは、何かを恐がっているようだ。ソウタは彼女の背中に手を回していた。
 鈴の音がおさまる。ハルが驚いたように顔をあげ、ソウタを見あげてきた。
「大丈夫、大丈夫だよ……」
 ハルに微笑んでみせる。彼女の眼が煌く。笑顔を浮かべ、彼女はソウタの胸元にネコミミをおしつけた。
 ソウタの心臓は優しく音を奏でている。ハルは気持ちよさげに眼を細め、言葉を紡いだ。
「聴こえる、ソウタくんの心臓の音……」
「うん」
「どうしてかな? ソウタくんの音を聴くと、そわそわするのに安心するの」
 ハルの言葉に、心音が高鳴る。
 ハルがさっと頬を薄紅色に染め、ソウタの胸元からネコミミを放した。だが、彼女はソウタから離れようとしなかった。
 ハルは潤んだ眼でじっと、ソウタの顔を覗き込んでいる。
 肌を通じてやってくるハルの心音も、早くなっている。
 お互いの心音を確かめ合いながら、ソウタとハルは顔を見合わせる。
「ただいまー!」
 大声とともに、勢いよく玄関のドアが開け放たれる。ドアベルの音が店内に響き渡り、ソウタとハルは素早く体を放していた。
「義姉さん……」
「あれ、お邪魔だった?」
 ソウタは玄関に立つミミコを睨みつけていた。ニンマリと彼女の顔に、邪悪な微笑みが広がる。
 買い物に行っていたのだろう。ミミコは大きな紙袋を抱えている。それを抱え直し彼女は店内へと足を踏み入れた。
 ソウタはミミコを睨み続ける。ミミコは挑発するようにネコミミをゆらし、楽しげにソウタを見つめる。ソウタを気にすることなく、ミミコはのんきに鼻歌を歌いながらカウンターへと歩んでいった。
「ミミコさん?」
「まぁ、いつも話してる通りでしょ……」
 ハルがミミコを目で追っている。ソウタは小声でハルに話しかけた。
 ハルにはいつもミミコの愚痴を聴いてもらっている。話している通りで、びっくりしているに違いない。
「ミミコさんっ」
「ハルっ」
 ハルは嬉しそうにネコミミをゆらし、ミミコのもとへと駆けていく。ソウタは思わず、ハルに声をかけていた。
 ハルは立ちとまり、ソウタに振り向く。ソウタは、とっさにネコミミを手招きするように動かしていた。ハルはムッと頬を膨らませ、不機嫌そうにソウタから顔を背けた。ソウタを無視して、ハルはミミコのもとへと走り寄っていく。
「あの、ミミコさんですか?」
 ミミコがカウンターに紙袋を置く。そんなミミコに、ハルがおずおずと声をかけた。
 ミミコは不思議そうにネコミミをゆらして、背後にいるハルへと振り向く。ハルは、びくりとネコミミを伏せた。
 不安げにネコミミをゆらし、ハルはじっとミミコを見つめる。そんなハルを見て、ミミコの顔に笑顔が咲き誇った。
「あなた、ハルちゃんでしょ?」
 嬉しそうなミミコの言葉を聞いて、ハルは大きく眼を見開いた。ハルは笑顔を浮かべ、言葉を続けた。
「はい、ハルです。ハル・コノハ。いつも、ソウタくんにお世話になってます」
「私も、ハルちゃんに会えるの楽しみにしてたのよ。まさか、家に来るなんて……」
「ソウタ君が、私の話を……」
「うん。ハルちゃんの話、すっごい楽しそうに話すのよ、あの子」
「私も、よくミミコさんの話をソウタ君から聴かせてもらってます。すごく、面白い義姉さんだって」
「へー、面白い、義姉ちゃんかぁー」
 ミミコがソウタに振り向く。その顔に浮かぶ微笑みを見つめ、びくりとソウタはネコミミを反らしていた。
 この流れていくと、ミミコへの愚痴をハルが笑顔で報告しかねない。
 ミミコが意味深に笑みを深める。ソウタは気まずくなって彼女から視線を逸していた。
「まぁ、もういい時間だしオヤツにしよっか。美味しいお菓子買ってきたんだぁ。常若島銘菓、猫耳ケーキ。私の何がどう面白いのか聴かせてね、ハルちゃん」
「はい」
 ハルの嬉しげな声が、ネコミミに突き刺さる。たえ切れず、ソウタはネコミミを伏せていた。そんなソウタにミミコは満面の笑みを向けてくる。
 瞬間、ミミコが眼を見開いた。ネコミミを反らし、ミミコは胸に手をあてる。
 ミミコは、くずおれるようにカウンターに手をついた。彼女は荒い呼吸を繰り返しながら、床に座り込んでしまう。
「義姉さん!」
 ソウタはミミコに叫んでいた。
 発作が起こったのだ。キャットイヤーウイルスによって体を蝕まれているミミコは、突発的な発作に襲われることがある。
 ミミコが顔をあげ、弱々しい微笑みを浮かべてみせた。そんな姉の笑顔を見つめながら、ソウタはネコミミの毛を逆立てていた。
 具合が悪いのに、ミミコはそれすらも隠そうとしている。それがたまらなく苛立たしい。
 ソウタはミミコに駆け寄り、背中に手を回した。ミミコを支えようとするが、彼女の体は床に倒れ込んでしまう。
「義姉さんっ」
 ソウタはミミコの体を抱き寄せ、顔を覗き込んだ。息が荒い。肌は青白くなり、頬には汗が浮かんでいる。
 ミミコの額に手を充てる。あまりの熱さに、ソウタは手を放してしまった。
「ハル、施設に――!」
 ソウタはハルに顔を向け、叫ぶ。ミミコを救うため、施設に連絡をとって欲しいと伝えようとしたのだ。
 だが、ハルを目にしたソウタは言葉を失った。
 眼を見開き、ハルが倒れたミミコを凝視していたからだ。彼女は顔を引きつらせ、怯えた眼差しをミミコに送っていた。
「ハル?」
「いや……」
 彼女は上擦った声をあげ、首を左右に振った。
 ハルはゆっくりと後退りする。まるで、何かに怯えるように。
「ハルっ」
「嫌っ!」
 ハルが叫ぶ。唖然と、ソウタは眼を見開いた。
「嫌だ! 聴きたくないっ! こんな音、聴きたくないっ!」
 彼女は、両手でネコミミを塞いでしまう。音を聞くことを、拒むかのように。
「ハル……」
 ソウタの呼びかけに、ハルは苦しげに顔を歪めた。
 眼に涙を浮かべ、ハルはじっとソウタを見つめる。ぎゅっと眼を瞑り、ハルはソウタを振り切るように駆け出した。
「ハルっ!」
 ソウタの制止を聞くことなく、彼女は玄関のドアを開け駆け去っていく。
「ハル……」
 ドアベルの音が、ソウタのネコミミに虚しく響く。
 ミミコが苦しげに声をあげる。ソウタは急いで、ミミコの顔を覗き込んだ。
 ミミコが、眼を薄く開ける。
 彼女は弱々しく笑みを浮かべてみせた。まるで、ソウタを励まそうとするかのように。
 震えるミミコの手が、ソウタの頬にあてられる。
「義姉さん……」
 声が上擦ってしまう。ソウタは頬に寄せられた手を、しっかりとにぎりしめていた。
 ミミコの体から、弱々しい心音がかすかに聴こえてく。
 その音は儚く小さい。
 ミミコの手を握りしめ、ソウタは嗚咽にたえることしかできなかった。

 

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now