王様と謝罪

                  Nordiske fantasy

 ふわりと粉雪が肩にとまって、カットは顔をあげていた。
 空が灰色に濁っている。その空から、柔らかな雪が降っているのだ。
「にゃー」
 橇を引く猫たちが鳴き声をあげる。顔を正面に向けると、丘のうえに建つ樽板教会を認めることができた。
「とんだ災難に会いましたね」
 フィナの声がする。後方へ顔を向けると、フィナは微笑みを浮かべ、空を仰いでいた。
「うわー、柔らかそうな雪ですね。早く馬車の待っている教会に着かないと、大変なことになりそう」
 フィナが笑顔をこちらへ向けてくる。笑みを刻む彼女唇が愛らしい。どきりとカットの心臓は高鳴っていた。
 先ほどまで、レヴと戦っていた女性には見えない。そのギャップに、戸惑いを覚えてしまう。
「そうだな。急ごうっ」
 弾んだ声をフィナにかけ、カットは慌てて正面を向いていた。
「もっと速く走ってくれっ」
 先頭を走るリーダーの猫に声をかけ、カットは橇の速度をあげる。
 カットたちを乗せた橇は、丘の斜面を登っていく。
 そっとカットは後方を向く。フィナの黒髪が風に煽られ、舞い散る雪の中で煌めいていた。そんな髪を、フィナは優美な手つきで押さえてみせる。
 その仕草から、眼が離せなくなる。フィナの視線がこちらに向いて、カットは慌てて顔を逸らしていた。
 教会が迫ってくる。カットは猫たちに合図を送り、橇をとめる。
「ありがとうございます。陛下」
 フィナがお礼の言葉を述べてくる。カットが彼女へと振り向くと、彼女は橇から降りようとしている最中だった。フィナは、破れているブーツにかまうことなく地面に足をつけようとする。
「フィナっ」
 そんな彼女をカットは引き寄せ、横抱きにしていた。
「ちょ、陛下っ!?」
 腕の中のフィナが叫び声をあげる。そんなフィナを睨みつけ、カットは言葉を放っていた。
「ブーツが破れたままじゃないかっ? そんな状態で君を歩かせるわけにはいかないっ!」
 ぎゅっとフィナを抱き寄せ、カットは橇を降りる。そんなカットの腕の中で、フィナは必死に抵抗を続けていた。
「ちょ、いいです! 大丈夫です! 放してくださいっ! こんなっ――」
「フィナっ!」
 カットの叫びがフィナの言葉を遮る。びくりとフィナは怯えた様子でカットを見つめた。
「まだ、俺が許せないのかい?」
「陛下……」
 眼を歪め、カットはフィナを見つめることしかできない。フィナは困ったように眼をゆらしながら、カットの帽子へと手をのばしていた。
 白い帽子にフィナの細い指が伸ばされる。しばらくのあいだフィナの手は、帽子の前でとまっていた。
 フィナはぎゅっと眼を瞑り、カットの帽子を脱がせる。
 窮屈な帽子が取れて、猫耳がふわりと広がっていく。帽子に絞めつけられていたせいで、耳が痛い。
 帽子を手に持ったフィナが、そっと眼を開ける。彼女はカットの顔を怯えるように見あげ、その両側についた猫耳をじっと凝視した。
 カットもフィナを静かに見つめる。
 フィナの顔が苦痛に歪む。彼女はカットから眼を逸らし、その眼に涙を浮かべた。泣いている姿をカットに見られたくないのか、フィナは帽子を持った手で顔を覆ってしまう。
「フィナ……」
「私のせいなんですね……」
 フィナの言葉にカットは答えない。
「ごめんなさい……」
 ただ、彼女の謝る声だけがカットの猫耳に響き渡った。

 

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now