Eleven Cats 蒼空、心音、桜のはなびら

 白い屋根の上を、ソウタは駆けていた。
 屋根がとぎれ、眼前に小さな通りが迫る。ソウタは屋根を蹴り、大きく跳んだ。
 通り向こうにある建物へと着地し、また屋根の上を駆けぬける。
 どのくらい、同じことを繰り返しただろうか。
 ソウタはハルの家を目指し、町中を駆けていた。港近くにあるマブの施設から東南に進んだ先に、コノハ家の屋敷は建っている。
 硝子張りになったアーケード街の天井を駆けると、人々がいっせいに自分を見あげてきた。
だが、気にしている暇はない。
 一刻も早く、ソウタはハルのもとへと行かなければならないのだ。
 ハルのことだけを考え、ソウタは町中を駆けていく。
 走るたび、ハルがくれたメッセージカードの言葉がソウタの脳裏をよぎっていった。
 
 ――私、お義母さんに愛されているのか、不安だった。けど、ソウタくんと出会えて、そんな気持ちと、向き合うことが出来たよ――
 
 違うと、ソウタは心の中で叫ぶ。
 ハルは歌を通して、前向きに義母の死と向き合おうとしていた。
 アーケードの天井を後にし、ソウタは民家の屋根へと跳び乗る。ソウタはまた、カードの文字を思い出していた。
 
 ――ネコミミピアノ、すごく楽しかった。チャコちゃんたちとも、友達になれて嬉しかったよ――
 
 違うと、ソウタはハルの言葉を否定する。
 ハルは心音を自分から克服しようとしていた。チャコとハイにだって会おうとしていた。
 ハルがそう思い、行動したから願いが叶ったのだ。
 メッセージカードの文字は、こんな文章で終わっていた。
 
 ――私、ソウタくんのおかげで歌うことができる――
 
 鎮魂祭のリハーサルで、ハルは必死になって歌をうたっていた。
 ハルは自分を省みて、鎮魂祭で歌う決意をしていた。カードに想いを託し、ソウタにそのことを伝えてくれた。
 
 それなのに、どうして――

「どうして、逃げちゃうんだよ! ハル!」
 思いを、叫ぶ。
 民家の屋根を駆け、ソウタは跳躍する。
 ソウタの眼前に高い鉄柵に囲まれた屋敷があらわれた。中央に中庭を持った四角い屋敷を、ソウタは微笑んだ眼で見つめる。
 この調子で行けば、ハルを鎮魂祭へと連れて行くことができる。
 サツキが亡くなったとき、自分は嘆くことしかできなかった。
 けど、泣くのはもう終わりだ。もう、泣き虫ではいられない。
 今度こそ、駆けつけてみせる。
 大切な人のもとへ。
「行っけー!」
 大声をあげ、ソウタは屋敷の鉄柵を跳び超える。


『ガンバって!』
 そう書かれたチャコの文字をなで、ハルは顔をあげた。
 手の中にあるカードには、チャコとみんなの応援メッセージが書かれている。カードは、ハルを心配して訪ねてきたチャコが持ってきてくれたものだ。
「無理だよ、みんな……」
 カードを胸元に抱き寄せ、ハルは涙をこらえる。
 このカードを心の支えに鎮魂祭に臨もうとした。だが、自分は逃げだしてしまった。
 ハルは自室にいる。逃げてきたのだ、鎮魂祭の会場から。
 ベッドの中央に座るハルは自身を抱き、ネコミミを伏せる。部屋を満たす時計の音が煩わしかった。
 ぎゅっと、服の袖をにぎりしめる。
 纏っているのは、ミミコのお古であるワンピースだ。
 鎮魂祭で着て欲しい。ミミコはそう言って、この服を託してくれた。
 ソウタの悲しい笑顔が脳裏を過ぎる。ソウタから逃げたことを後悔して、ミミコにも励ましてもらった。
 だからこそ、鎮魂祭で歌う決意をしたのに。
「私、なにやってるんだろう?」
 自嘲が浮かんでしまう。ネコミミを動かすと、悲しげに鈴が鳴った。
 会場である円卓公園でハルを待っていたのは、好奇と侮蔑の眼差しだった。ハルのネコミミについた鈴を見て、観客はぎこちない表情を浮かべたのだ。
 ハルのネコミミは容赦なく嘲りの言葉を拾い、ハルに聞かせた。
 ――ケットシーが、鎮魂祭を汚しに来た。
 ――このまま歌えなかったら、サイコーなのにな。
 自分を侮蔑し、嘲る観客の声が恐かった。
 それでも、耐えた。ソウタが来てくれると、信じていたから。
 ソウタは、鎮魂祭が始まっても姿を見せなかった。
 眼を閉じる。
 聞こえてくるのは、むなしい時計の音だけ。
 時計の音は心音によく似ている。その音は、ハルを慰めてくれるものだ。
 けれど、時計の音がとまるたびに、ハルは義母のとまっていく心臓の音を思いだす。
 恐くて、泣きそうになってしまう。
 時計が、ひとつ、とまる。
「やだ……」
 義母のとまっていく心音を、否応なしに思い出してしまう。
 また、ひとつ、とまる。
「とまらないで……」
 泣きそうになる。
 不意に小さな音が聞え、ハルは眼を見開いた。
 聞きなれた心臓の鼓動が、ネコミミに響く。
 ハルはネコミミを傾け、音を聴く。その心音は、窓の外から聞こえた。
「ソウタ……くん」
 ベッドから立ちあがり、窓へと歩んでいく。応えるように心音は大きくなり、こちらへと近づいてきた。
 嬉しくて、涙があふれそうになる。
 ソウタは色んな音を心臓から奏でては、ハルを困惑させる。それでも不思議と、彼の心音に安心している自分がいるのだ。
 窓を覆っているカーテンを、ハルは勢いよく開けた。
 暗い部屋を、陽光が優しく照らす。外では桜の花びらが空を優雅に舞っていた。
 空は、ソウタの眼のように美しく澄んでいる。
「ソウタくん……」
 ハルは窓を開けた。花びらが、いっせいに部屋に舞い込んでくる。
 花びらがつくりだす紗の向こうから、心音が近づいてくる。
 中庭に植わる木々がゆれている。よく見ると、ソウタが木を伝って近づいてきていた。
 ペタンとハルは床に座り込んだ。
「来て、くれた……」
 ソウタが来てくれた。
 嬉しくて、こらえていた涙があふれてきてしまう。ハルを慰めるように、宙を舞う花びらが、ハルの頬をなでた。
 空を舞っていた花びらが乱れる。舞う花びらを背に、ソウタが窓枠へと着地した。肩で息をしながら、ソウタはハルへと顔を向ける。
「ハル! 何があったんだよっ?」
 床に座り込むハルを見て、ソウタは叫んでいた。窓をから下り、彼はハルのもとへと駆け寄ってくる。ハルは立ちあがり、ソウタに抱きついていた。
「ハル?」
 彼の胸元にハルはネコミミを押しつける。
 聞きたかった彼の音が、煩いぐらいネコミミに木霊していた。
 嬉しくて、頬を流れる涙がとまってくれない。そっと顔をあげ、彼を見あげる。
「ソウタくんの、バカ……」
 眼を桜色に煌めかせ、ハルはソウタに笑ってみせた。ソウタは困惑したようにネコミミを伏せてみせる。
「ごめん……ハル」
「いい、来てくれたもん……」
 ソウタはハルを抱き返す。彼は声を震わせながら謝罪の言葉を口にした。
 首を振り、ハルはぎゅっと彼を抱き寄せる。
 ソウタの心音が、ハルを慰めるように穏やかになる。その音が心地よくて、ハルは眼を瞑っていた。
「行こう、ハル。お義母さんに歌を聴かせに」
「うん……」
 彼の言葉に頷く。
 眼を開けると、ソウタは恥ずかしそうに微笑んでいた。
「ごめん、ハル。その……放して、くれる?」
 ソウタが顔を逸らしてくる。彼のネコミミが気まずそうにそわそわと動いていた。
 ソウタのネコミミを見て、ハルは頬が熱くなるのを感じていた。
「ごめんなさい……」
 ソウタを急いで放す。いつもはソウタに抱きしめられても大丈夫なのに、どうしたのだろう。彼を抱きしめていたことが恥ずかしく思えて、ハルはネコミミを伏せてしまう。
 ソウタを、そっと見てみる。
 ネコミミを伏せている彼は、潤んだ眼を向けてきた。その眼が妙に艶っぽく見えてしまう。
「ごめん、ハル……嫌な思いさせちゃうかも」
 ソウタが話しかけてくるが、彼を見つめることができない。ソウタは大きくため息をついて、立ちつくすハルを横抱きにした。
「えっ、ちょ、ソウタくん?」
「ごめん、こうでもしないと間に合わないっ」
 ソウタは踵を返すと、足早に窓へと向かっていった。ソウタは窓枠に足をかけ、宙へと身を乗り出す。
「いやっ」
 大きく体を投げ出されたような気がして、ハルは叫んでしまう。ぎゅっと眼を瞑ると、ソウタが優しく体を抱き寄せてくれた。
 恐る恐る、眼を開ける。窓に吹き込んでくる桜の花びらが視界にせまり、ハルは大きく眼を剥いていた。
 中庭に植えられた木が、ハルに迫ってくる。瞬間、大きな浮遊感がハルを襲った。
 驚きにハルは眼を見開く。いつの間にか、眼前にあった木がなくなっていた。
 背後へとハルは顔を向ける。ぶつかりそうになった木が、後方へと去っていこうとしていた。木にぶつかる寸前、ソウタが木の枝を踏みつけ大きく跳んだのだ。
 また庭木が、二人の眼前に立ちふさがる。ソウタは木の枝を踏みつけ、大きく飛翔した。
 風が、ハルの髪を弄ぶ。
 地面を見つめると、輝く芝生の上を自分たちの影が駆けていた。
 風がハルの体を包み込み、浮遊感を与えてくれる。まるで、鳥になったようだ。
「凄い、凄いよ、ソウタくん!」
 ハルは大声をあげていた。
 ソウタはネコミミをびーんとたちあげ、剥いた眼をハルに向けてくる。
「どうしたの、ハルっ?」
「鳥だよ! 私たち鳥みたいに空を飛んでる!」
 ソウタは眼を曇らせ、ハルを見つめてきた。
「ソウタくん……」
 何か嫌なことを言ってしまったのだろうか。不安になってハルは眼をゆらす。
「そんな風に、思ってもらえるんだ……」
 静かにソウタは微笑んでくれる。ソウタの瞳が潤んでいることに気がつき、ハルは眼を見開いた。
 以前、ソウタの能力を褒めたとき、彼は不機嫌になり黙ってしまった。
 ソウタにとってケットシーの能力は、義母の死に目に会えなかった後悔の現れだった。彼は今、その後悔と向き合おうとしている。
 ハルを迎えに来たのも、その気持ちの現れに違いない。
 ハルは笑顔を浮かべ、ソウタに声をかけていた。
「うん。凄いんだよ、ソウタ君は」
「ありがとう、ハル……」
 ソウタは潤んだ眼に微笑みを浮かべる。嬉しそうに彼は、感謝の気持ちをハルに伝えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 屋敷を囲む鉄柵を越えると、常世町が視界に広がった。

 まるで鳥のようにソウタは民家の屋根の走り、空を跳んでいく。
 ソウタに抱かれるハルの視界には、町の建物が目の前に現れては消えていった。
 ソウタの心音が心地よく、ハルは彼の胸に頭を預けていた。彼の力強い音は、ハルを安心させてくれる。
 ソウタは民家の屋根を駆け抜け、跳躍する。蒼い空が、ハルの視界に広がった。
 ソウタの心音が高く鳴り響く。ハルのネコミミにソウタの心音が響き渡る。
 その音を聞いて、ハルは心臓が熱くなるのを感じていた。
 ソウタの眼も、空と同じ色をしている。ソウタの眼が見たくなって、ハルは彼の顔を見上げていた。
 ハルは大きく心臓を高鳴らせる。
 ソウタは眼に真摯な輝きを宿し、前を見つめていた。
 彼の視線の先には、目的地である円卓公園がある。自分のために、彼は前を向いて走ってくれているのだ。
 彼の眼から視線を逸らすことができない。ソウタの心臓が力強く躍動し、その振動がネコミミに伝わってくる。
 こんなにも頼もしいソウタの鼓動を、ハルは聴いたことがない。
 ソウタは自分の歌を聴くとすぐ、泣いてしまう少年だ。
 優しいのに頼りない。だから側にいて安心できた。
 ソウタの心音が大きく、ハルのネコミミに響く。
 ハルは心臓を高鳴らせる。
 このままでは、ソウタに高まった心音を聴かれてしまう。恥ずかしくなって、ハルはソウタの眼から視線を逸らしていた。
 ソウタを、こっそり見つめる。
 幸い、前を向いている彼はこちらの様子に気がついていないようだった。
 ほっとネコミミをたらして、ハルは前方へと視線を向ける。
 円卓公園の桜から散った花びらが、蒼い空を流れていた。
 その光景に、見覚えがあった。
 ネコミミに響く心音と、蒼い空を舞う桜の花びら。
 そして、ソウタの腕のぬくもり。
 ハルの記憶が遡る。
 今のように誰かの腕の中で、空を舞う花びらを見つめていた気がする。
 ずっと昔、どこかで。
 ――お母さんね、ハルの音が世界で一番好き。
 義母の声が蘇る。
 笑顔を浮かべながら、義母のサクラは幼い自分を優しく抱きしめてくれた。そのぬくもりを感じながら、ハルはよく空を舞う花びらを見つめていたのだ。
 サクラは自分の心音を聴きながら、笑顔と、優しい言葉をくれた。泣きそうになる自分を慰めるために、何度も子守唄を歌ってくれた。
 ハルは、目頭が熱くなるのを感じていた。
「ねぇ、ソウタくん。私、大切なこと忘れてた……」
 ソウタが、不思議そうに顔を向けてくる。
「世界で一番、お義母さんの音が好きだった」
 サクラの生きている音が、歌声が大好きだった。
 それなのに、自分はとまっていく彼女の心音を聴きたくなくて、ネコミミを塞いでいた。
 サクラにとって、自分は死んだ義姉の代わりでしかないとさえ思っていた。
 サクラの愛が信じられなくて。
 彼女が亡くなってしまったことさえ、受け入れられなくて。
 そんな弱い自分を、ソウタが支えてくれた。
「同じだね、俺たち」
 ソウタが言葉を返してくれる。
 笑顔を浮かべながら、泣きそうな声で彼は言った。
「俺も、義母さんが世界で一番好きだった」

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now