Twelve Cats  鎮魂祭  

  ピアノの旋律がソウタのネコミミに聞こえた。
 奏でられているのはレクイエムだ。この次にハルが歌うことになっている。
「良かった。間に合いそうだよ、ハル」
「うん」
 ソウタは腕の中のハルに微笑んでみせた。ハルも安堵したように微笑みを返してくれる。
 教会の屋根を駆け、尖塔へと跳ぶ。着地した尖塔から落ちると、桜の花びらがソウタの視界いっぱいに広がった。
 その中に、跳び込んでいく。
 花びらのカーテンを抜けると、花をつけた灰猫の桜が目の前に現れた。
 桜の前には舞台がつくられ、黒衣の人々が観客席に座っている。
 観客はネコミミを真剣に傾け、ピアノで演奏されるレクイエムを聴いていた。
 ピアノを演奏するのは霧髪を纏めた老婦人だ。老婦人は耳飾りのついた銀のネコミミをすらっとたて、静かにピアノを奏でていた。
 ピアノの悲しい旋律に、ソウタは聴き入っていた。
 曲を聴いていると、サツキを失ったときの悲しみが鮮明に思い出されてくる。
 そっとハルを見つめる。ハルも同じ気持ちなのだろう。眼を潤ませ、老婦人を静かに見つめていた。
 拍手が周囲に響く。
 ピアノを奏でていた老婦人が演奏を終え、立ちあがる。老婦人は観客席に頭をさげ、静々と袖膜へと去っていく。
 老婦人の眼が煌めいていることに、ソウタは気がついた。彼女の眼が涙で濡れている。とくん、とソウタの心臓が悲しげに鳴った。
 鎮魂祭で曲を披露する人々は、大切な人を亡くしている。
 自分やハルと同じ境遇の人々が他にもいることに、ソウタは深い感銘を受けていた。
 不意に、観客席のすみにいた小柄な客が立ちあがる。ハイだ。彼はピンっと鯖トラのネコミミをたて、ソウタを見あげてきた。ハイの隣に座っていたチャコも空を仰いで、嬉しそうに手を振ってくれる。
「チャコちゃん、ハイくんっ」
 腕の中のハルが、弾んだ声をあげた。ハルは嬉しそうにチャコとハイに手を振る。
 他の観客たちも自分たちに気がつき、空を仰ぐ。
 上空から降ってくる自分たちに、人々は驚いているのだろう。観客のネコミミが、いっせいにぴーんと立ちあがった。
 ソウタはハルを抱え直す。そのまま、客室の中央に設けられた通路へとソウタは着地した。観客のネコミミが、いっせいにソウタとハルに向けられる。周囲の視線を気にしながらも、ソウタはハルを地面に降ろした。
「ソウタくん……」
「大丈夫」
 ソウタは優しくハルに微笑んでみせた。ハルは安心したように眼を細めてくれる。ネコミミをたちあげ、ハルは舞台へと体を向けた。
「おい! もしかしてお前ら、歌う気かっ?」
 怒号が、観客席から飛んでくる。驚いて、ソウタは声のした方へと顔をむけた。
「勝手に乱入したケットシーが、歌えるわけないだろっ!」
 ネコミミを逆立て、一人の男性が観客席から立ちあがる。男性はハルのネコミミについた鈴を睨みつけていた。
 ハルが怯えたようにネコミミを伏せる。彼女の鈴が小刻みにゆれた。ソウタは男性を睨みつけ、ハルの手をとる。
「あっ」
 ハルが驚いて声をあげるが、ソウタはかまわずハルを背後に匿った。
「あなたた達は、ケットシーよね。厳粛なる鎮魂の場を、その歌声で汚すつもりなの?」
 凛とした声が、舞台からする。驚いてソウタは舞台を見つめた。ピアノを奏でていた老婦人が、厳しい眼差しをこちらに送ってくる。
 チリンと、動揺にソウタのネコミミが鳴る。
 自分と同じ思いを抱えている彼女が、自分たちを非難したことが信じられなかったのだ。
 ケットシーは灰猫の恩寵を受けられない、汚れた存在。
 そんな古い信仰によって、彼女はソウタたちを差別している。差別しているという感覚さえ、抱いていない。
「そうだ。さっさと、帰れ」
「死者を汚す気か!」
「目障りよ!」
 観客たちの中からも、罵声をあげる者が出てきた。ぎゅっと背後から服をにぎられる。
 驚いて、ソウタは後方のハルへと視線をやった。
 ハルが震える眼をソウタに向け、服をにぎりしめていた。潤んだ眼は今にも泣きそうだ。伏せられた彼女のネコミミは、怯えるように震えている。
「おい、聞こえてんのか?」
「ちょっと、何とか言ったらどうなのっ? 迷惑なのよ! ケットシーのクセして!」
 それでも観客は怒声を飛ばしてくる。ハルは顔を伏せ、小さな嗚咽を漏らし始めた。
 泣いているハルを見て、ソウタの心臓が大きく脈動する。
 怒りで体が震えてしまう。
「俺たちが、何をしたんだっ!」
 ソウタは叫んでいた。
 ソウタの怒号に驚き、騒いでいた人々は黙り込んだ。
 辺りが静かになる。否応なしに、観客の視線がソウタに集まった。
「ハルは、歌いたいだけなんだ……。大切な人のために俺たちは、歌うことさえ許されないの?」
 ソウタは泣きそうな眼を観客たちに向ける。悔しくて、涙がこぼれてしまいそうだ。
 ケットシーであるだけで、ハルは歌うことさえ厭われる。
 罵声を吐き出していた人々が、気まずそうにネコミミを伏せた。涙をこらえきれず、ソウタはうつむく。
 そんなソウタの肩を、背後から叩く人物がいた。
 驚いて、ソウタは背後へと視線をやる。ハルがソウタの肩に手を置いていた。
 彼女は潤んだ眼を細め、微笑みを浮かべていた。
「もう、良いよ。大丈夫……」
 泣いている自分を励ますように、ハルは優しく言う。
 ソウタの背後からハルは前方へと歩み始める。
 とっさにソウタはハルの手を握りしめていた。だがハルは、その手を振り払ってしまう。
「あっ」
 唖然とするソウタを振り返り、ハルは優しく微笑んでみせた。
 桜色に煌く彼女の眼は、静かにソウタに向けられている。ソウタは、力強いその輝きに言葉を失った。
 ソウタの前方へと進み出たハルは、すっとネコミミをたてる。
 凛としたハルの眼が、押し黙る観客に向けられる。観客たちを見すえ、ハルは頭をさげた。息を呑む観客の気配が、ソウタに伝わってくる。
 観客たちはハルの行動に動揺しながらも、彼女を静かに見つめていた。
「お願いです。歌わせてください」
 ハルの鈴が、怜悧な音をたてる。
 思いもよらぬ行動に、観客たちはどよめく。顔をあげたハルの眼は、凛とした輝きを宿していた。
「歌えば、いいと思う……」
 不意に、間延びした声が観客席のすみからした。
 驚いて、ソウタは言葉を発したハイを見る。ハイは立ちあがり、じぃと三白眼でこちらを見つめていた。
「そうだよ。誰の許可もいらないよ! 鎮魂祭だよ。みんなの大切な人のために歌っていいんだよ!」
 チャコも立ちあがり、弾んだ声を発する。彼女はハルを応援するように、笑顔を送ってくれた。
「そうだー!」
「差別反対!」
「ハルっちは、何も悪くない」
「信仰なんてクソくらえ!」
 チャコに続き、観客席の子供たちが次々に声を発する。子供たちは抗議するように席から立ちあがった。ネコミミピアノになってくれた、みんなだ。
「みんな」
 嬉しそうに眼をゆらめかせ、ハルはみんなを見つめた。
「ハル」
 促すように、ソウタはハルに声をかける。
 ソウタにハルの眼が向けられる。
 ソウタを見て、彼女は銀の眼に笑みを浮かべた。眼の中で、桜色の光が美しくたゆたう。
 とくりと、心臓が大きく高鳴る。
 こんなにもハルは、美しい笑顔をつくる少女だっただろうか。
 くすりと、艶めく唇に笑みを浮かべハルは舞台へと上っていく。心音が煩い。階段をあがるたびにゆれる銀の髪から、眼が離せない。
 舞台にあがったハルは優雅にワンピースの裾を両手でつかみ、お辞儀をした。
 ふさりと、彼女の頭に花輪が落ちる。ハルはネコミミをぴんとたて、桜を見あげた。
 驚いたソウタも桜の木を見あげる。桜の木の上に、数人の子供たちが登っていた。
「ガンバレー!」
「ハルちゃんの歌、早く聴きたいよ!」
 ネコミミを動かし、子供たちはハルに声援を送る。
 ハルは花輪を頭に載せ直し、子供たちに手を振る。ネコミミをぴょこんと動かし、彼女は客席へと体をむけた。
 ハルの眼が、ソウタにむけられる。動揺にソウタはネコミミを大きく反らした。
 ソウタの心臓が弾んだ音をたてる。それを合図に、ハルが唇を開いた。
 春風が吹く。
 舞い散る桜とともに、ハルの歌は奏でられた。
 ソウタの心臓が大きく高鳴る。その鼓動とともに、ハルは歌を紡ぐ。
 客席の子供たちが次々に立ちあがる。子供たちはハルの歌を追うように声を発した。
 子供たちとハルの歌は輪唱になって、周囲に響き渡る。
 それを追いかけるように、ピアノの旋律が歌声に重なった。
 ソウタは驚いて舞台を見る。
 レクイエムを奏でていた老婦人が、愉しげにピアノを弾いていた。
 ハルがネコミミの鈴を鳴らし、老婦人に微笑む。その鈴の音に合わせ、婦人はピアノを奏でる。
 自分たちを差別していた老婦人が、ハルと音楽を奏でている。
 まるで、先ほどのことが嘘のようだ。そんなことなどなかったかのように、2人は美しい旋律を周囲に広げていく。
 歌声とピアノに続き、フルートの旋律が演奏に加わった。
 バイオリン。チェロ。オオボエ。トロンボーン。ハーモニカ。
 フルートの演奏を合図に、たくさんの楽器がハルの歌に合わせ奏でられる。
 たくさんの旋律が、ハルの歌を彩る。ハルは音に合わせて歌をうたう。
 歌われるのは、喜びに満ちあふれた祝福の歌。
 逝ってしまった者たちへの感謝と、生まれてくる者たちへの賛美。
 ソウタはミミコの中に宿る、新たな命に想いを馳せていた。
 ミミコが倒れたときは、彼女が死んでしまうことさえ考えていた。けれど、その体には新たしい命が宿っていたのだ。
 ソウタは、新しい家族が増えることが嬉しくてたまらない。
 帰ってきたユウタは、どんな顔をしてミミコに会うのだろうか。
 義兄が驚く姿を想像して、ソウタは心音を弾ませていた。
 ソウタの心音が早鐘を打つ。ハルの歌声がリズムカルに韻を踏む。
 春風がはなびらを巻きあげ、歌は島中に響き渡る。
 桜吹雪は紗となって、ハルを包み込む。
 花びらの渦の中で、ハルは両手を広げ、生きている喜びを歌いあげた。
 いつ、死んでしまうかわからない命。
 けれども、自分たちは今、この時を生きる――
 生きて、大切な人と共にある。
 だから、独りじゃない。みんなに、大切な人がいる。
 みんな、みんな、生きてここにいる。
 風がやみ、歌声が途切れる。
 舞台に降りていく花びらと共に、ハルはワンピースの裾を膨らませ座り込んだ。
「歌えた……」
 へなへなとネコミミを伏せ、ハルは呟く。
「ハルっ」
 ソウタは舞台に跳びあがり、一目散にハルのもとへと駆ける。
 うつむくハルの顔を覗き込もうと、腰を屈める。瞬間、ソウタはハルに抱きつかれていた。
「ハル……」
「聴かせて、ソウタくんの音……」
 ハルは胸元にネコミミを押しつけてくる。ネコミミを通じて、ハルの心音が静かに伝わってきた。
 温かくて、心地のよい響き。ハルが、生きている音だ。
「私、ちゃんと歌えたよ」
「うん」
「義母さん、聴いてくれたかな?」
 ハルが顔をあげた。彼女は、不安そうな眼を向けてくる。
 ハルに言葉をかけようとした瞬間、拍手が鳴り響いた。
 ソウタは観客席へと視線を走らせる。観客が立ちあがり、二人に祝福の拍手を送っていた。
 観客席を見つめるソウタは眼を見開いていた。
 その中に、いないはずの人物がいたからだ。
 その人は飾り毛のついた、ブチのネコミミを生やした女性だった。ソウタが唖然としていると、白衣を纏った彼女は蒼い眼を細め微笑んでくれる。
 亡くなったはずの義母サツキ・ハイバラが、ソウタの目の前にいた。
 じっと自分を見つめるソウタを、サツキは不機嫌そうに睨みつけてきた。両手を、白衣のポケットに突っ込む癖は相変わらずだ。
 ソウタは、サツキを見て苦笑する。サツキは驚いたように眼を見開いて、ポケットから手を引い抜いた。
 サツキは、意地悪な笑みを浮かべてくる。
 お前こそ泣き虫のままじゃないよな、とサツキは言いたげだ。
 サツキの隣には、白いネコミミを生やした銀髪の女性がいた。清楚なドレスがよく似合っている。女性は銀色の眼を優しげに細め、ソウタを見つめていた。
 血は繋がっていないはずなのに、女性の笑顔はハルのものとそっくりだ。
 ――ありがとう。
 形の良い唇を動かし、女性は感謝の気持ちを伝えてくれる。
「ソウタくん」
 ハルに呼ばれ、我に返る。ソウタは改めて観客席を見つめる。だが、いくら探しても拍手を送る観客の中に、2人の姿はなかった。
 一瞬の再開と別れに、心臓がざわつく。
 心音を落ち着かせようと努めながら、ソウタはハルへと振り向いた。
 ハルは微笑んでいた。彼女の眼は、静かな輝きに満ちている。
「会えたんだね」
 ソウタの言葉に、ハルは小さく頷く。ハルは、うっすらと濡れていた眼をぬぐった。
 ソウタは優しくハルの頬に手をそえる。ハルは驚いたようにネコミミを動かし、笑顔を浮かべてくれた。
「ハルちゃーん」
「ハルっちー」
「ハルー」
 子供たちの声がハルを呼ぶ。ソウタは観客席へと視線をやった。
 子供たちがいっせいに舞台に駆けつけ、壇上へとあがってくる。
 先頭にいたチャコはハイの手を引き、こちらへと駆けつけてきた。2人はソウタとハルの脇に座り込む。
「大丈夫、ハルちゃん」
「平気……」
 チャコとハイは、不安げにハルの顔を覗き込んでくる。
「もう、大丈夫だよ」
 にっこりとハルは、2人に微笑みかけた。
 チャコの眼が嬉しそうに輝く。ハイも、ほっとしたようにネコミミをたらした。
「みんなも、ありがとう」
 周囲の子供たち見つめながら、ハルは言葉を続けた。ハルの言葉に子供たちは嬉しそうに笑顔を浮かべる。
 ハルは立ちあがり、ソウタを見つめる。
「行こう、ソウタくん」
 眼を桜色に煌めかせ、ハルは微笑んだ。その眼に迷いの色はない。
 ソウタは立ちあがり、ハルの手をとった。しっかりとハルはその手を握り返し、観客席へと体を向ける。
 手を握り、ソウタとハルは観客席へと近づいていく。その後に子供たちが続く。
 ソウタとハルを中心に子供たちは壇上の前へと並んだ。みんなして微笑みを交わし合い、いっせいに頭をさげる。
 客席の拍手が、いっそう激しいものになる。
 ハルのネコミミについた鈴が、嬉しそうに音を奏でた。

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now