Second Cat LAST=fast/Fast=last

 蒼い空に、桜の花びらが舞う。
 ソウタは灰猫の桜の枝に腰掛け、海の向こうへと去っていく花びらを見つめていた。
「トウキョウタワーまで、飛んでいくのかな?」
 隣に座るハルが言葉を発する。ハルに顔を向けると、りんと鈴を鳴らし、彼女はソウタに微笑んだ。
「桜の花びらは、義母さんの故郷に飛んでいける……。ちょっと羨ましいな」
 眼を寂しげに伏せ、彼女は海原の果てに聳える壁を見つめた。壁の向こう側には、空を背景にトウキョウタワーが建っている。
 あそこからハルの義母サクラ・コノハはやって来たのだ。ハルは叶わないとわかっていながらも、壁の向こうにある義母の故郷に焦がれている。そんなハルを慰めたくて、ソウタは言葉をかけていた。
「行こうよ、ハル。お義母さんの故郷に」
 ネコミミの鈴を驚いたように鳴らし、ハルはソウタを見つめた。ハルに微笑み、ソウタは告げる。
「俺が、連れてってあげる。いつになるかわからないけど、絶対に。約束するよ、絶対にハルを壁の向こう側に連れて行く」
「ソウタ……くん」
「ハルが教えてくれたから……諦めちゃ、いけないんだって」
 観客に頭をさげたハルの姿を、ソウタは思い出していた。凛とした眼差しを観客に向け、彼女は自分の強い意志をはっきりと示したのだ。
 ――ソウタ。私ね、後悔しないで毎日を生きようと思うんだ。
 サツキが残してくれた言葉を、思いだす。
 もう後悔はしない。生きる強さを教えてくれたハルのために、自分は精一杯できることをしよう。
 彼女がくれたかけがえのない物を、少しでも返すために。
 そっとソウタはハルに小指を差し出す。ハルは嬉しそうにネコミミをゆらしながら、ソウタの小指に自分のそれを絡めてきた。
「ソウタくんも、約束してくれる?」
「なに?」
「あなたの音で、これからも歌をうたいたいの。駄目、かな」
 ハルが首を傾げ、問いかけてくる。
 ちりんと彼女の鈴が、可憐な音をたてた。その音を聞いて、ソウタの心臓が大きく高鳴る。
 びくりとネコミミを逆立て、ハルが頬を桜色に染める。彼女は恥ずかしそうに眼を潤ませ、ソウタを見つめてきた。
「いいよ……ハル。歌って、俺の音で」
「ソウタくん……」
 ソウタはハルに答えてみせる。ハルは嬉しそうに微笑んだ。
 春風が吹く。
 灰猫の桜から花びらが散り、風に乗って舞いあがった。
 舞いあがる花びらを嬉しそうに見つめながら、ハルは歌を紡ぎ出す。
 うたわれるのは、希望の歌。
 理想の地を夢見て旅立つ、少年少女の物語をハルは歌ってみせる。
 ソウタの心臓が静かに鼓動を奏でる。その音に合せ、ハルは優しい旋律を生み出していく。
 ハルの歌を乗せ、春風が西方へと流れていく。
 ソウタは風に促されるまま、前方へと顔を向けていた。視界に、トウキョウタワーが映り込む。
 あそこに、ハルを連れて行こう。
 彼女を抱いて、あの壁を超えて、どこまでも、どこまでも跳んでいくのだ。
 希望がみえる、遠い未来まで――
 
 

 

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now