​ Six Cats 雨音

 
「喉、痛い……」
「大丈夫」
 ハルはネコミミを伏せ、ぐったりとシートに座り込んでいた。そんな彼女を労わるように、ソウタは声をかける。
 子供たちと、歌いすぎたせいだ。
 みんなネコミミピアノが気に入ったのだろう。子供たちは、何度もピアノになって歌ってくれた。
「うん、平気」
「そうみたいだね」
 ハルが顔をあげ、微笑んでみせる。そんな彼女にソウタも微笑んでいた。
「お茶、飲む?」
「うんっ」
 ソウタの言葉に、ハルは弾んだ声をあげた。ソウタは笑みを深め、側に置いた魔法瓶から紅茶をカップへと注いでいく。
 カップから湯気がたちのぼる。漂ってくる桜の香りに、ハルが気持ちよさげにネコミミを伏せた。ハルが灰猫の桜を仰ぎ見る。梢についた花の蕾を見つめながら、彼女は眼を輝かせていた。
「ハル」
 呼ぶと、ハルははっとした様子でソウタに視線を戻した。ソウタは軽く笑い、ハルにカップをさしだす。ハルは両手で包み込むように、カップを受けとった。
 薄紅色の水色を眺めながら、彼女は柔らかく微笑む。
「楽しかったな、ネコミミピアノ……。みんなで歌うのが、こんなに楽しいなんて思わなかった」
「俺、楽譜役は嫌だな……。仲間はずれにされた気がして、ちょっと寂しくなるっていうか」
「でも、ソウタくんの心音が一番、演奏しやすいの」
「え、そうなの……」
「そうなのっ」
 ソウタの言葉が気に入らなかったのか、ハルは不機嫌そうにネコミミを逆立てる。ハルのネコミミを見て、ソウタはしゅんとネコミミをたらした。そんなソウタを見て、ハルは苦笑する。
「どうしてかな? ソウタくんじゃないと、駄目なの。でも、たくさん心臓の音が聞こえたのにちゃんと歌えた。みんなの音、優しかったな……」
 ハルは眼を閉じ、気持ちよさそうにネコミミをゆらす。ソウタはみんなの笑顔を思い出し、言葉を返していた。
「みんな、優しかったよね」
「チャコちゃんが言ってくれたんだ。ケットシーであることを気にしていたら、クローンの私たちはどうなっちゃうのって。別に違っても、誰にも迷惑かけてないよねって。なんだか、嬉しかったな。そんなこと言われたの、初めてだもん」
「うん、俺もハイに突っ込まれた。うらやましいぐらい大きいのに、小さいことしか見てないって」
「何か悩んでたの、バカバカしい……。私たちもっと自由にならなくちゃ」
「でも、みんな受け入れてくれるとは限らないよ……」
 眼を輝かせるハルを見て、今まで受けてきた数々の差別が、ソウタの脳裏を横切っていく。
 真っ赤になったポストに、ミミコを罵ったクラスメイトの言葉。鎮魂祭に出るなと脅され、怯えていたハルの姿が脳裏に浮かんでは消えていくのだ。
 チャコやハイのように、自分たちを受けいれてくれる人はいる。だが、ケットシーが差別される存在であることに変わりはない。
 ハルが眼を曇らせる。彼女は困ったように、手に持ったカップへと視線を落とした。
「ねえ、ソウタくん。この紅茶、桜の香りがするっ! すごくいい香り!」
 ハルが大きな声をあげる。驚くソウタに彼女は笑顔を向けてくる。桜が咲いたかのような彼女の微笑みに、ソウタは心臓を高鳴らせていた。
 沈んでいるソウタを見て、ハルは話題を変えてくれたのだ。
「この紅茶、みんなで飲んだらもっと美味しかっただろうね。チャコちゃんなんて、すごく大はしゃぎしそう……」
 ハルの言葉をきいたとたん、ソウタは眼を見開いていた。
 とくりと、心臓が鳴る。
 みんなに囲まれて、ハルは楽しそうに歌を奏でていた。それを遠くで見つめていた自分には、気づきもしないで。
 これから、ハルはみんなと一緒に歌をうたうようになるだろう。
 ハルが、それを望むだろうから。
 ハルはみんなと一緒にいたほうが楽しいのだろうか。
 ずっと彼女の側にいて、彼女を励ましていたのは自分なのに――
「どうしたの?」
 声をかけられ、ソウタは我に返る。
 ハルを見ると、彼女は心配そうに眼をゆらしていた。ソウタの頬に手をあて、ハルは顔を覗き込んでくる。
 罪悪感に、心臓が不穏な音をたてる。
 なぜ、ハルに友達ができたことを自分は喜べないのだろう。話を逸らしたい一心で、ソウタは口を開いていた。
「いや、俺もチェンジリングだから、みんなと気があったのかなって考えちゃって……」
「うそ、ソウタくんもチェンジリング?」
「もしかして、ハルも?」
 ハルが眼を煌めかせる。ソウタは唖然として、そんな彼女を見つめていた。
「私ね、ネコミミじゃなくて変形した頭蓋骨で普通の人が聴けない音を聴いてるんだって。お義母さんもそうだったの。血の繋がりがないのに不思議だって、治療院のお医者様が言ってた」
 ハルが嬉しそうに眼を輝かせ、持っていたカップをソーサに置いた。彼女は両手を首の後ろへと持っていく。
「見て。番号、あるでしょ?」
 ハルが髪を掻きあげ、首後ろを指さす。12―02と、首後ろには刺青が施されていた。
 刺青は、チェンジリング全員に施されているものだ。
 十三人の子供達のうち誰の遺伝子をもとに造られたのか、ハイフン前の一から十三までの番号でわかるようになっている。ハイフン後の数字は、どのような遺伝子操作が施されたのかを判別するためのものだ。
「白猫と、同じ番号……」
 ソウタは、じっとハルの刺青を見つめていた。
 義母のサツキが教えてくれたことがある。刺青の前方にある番号は、子供たちが島にやって来た順番を表していると。
 灰猫の恋人である白猫は、十二番目に島にやってきた子供だ。ハルの刺青の番号も白猫が常若島に来た順番と同じ。
 初めてハルと出会ったとき、ソウタは彼女を白猫のようだと思った。
 思い込みではなかったのだ。ハルは、白猫から造られたクローンだったのだから。
 心臓が、とくりと鳴る。
 ソウタはハルの刺青に手をのばした。
 震える指先が、十二の数字にふれる。くすぐったそうに、ハルがネコミミをゆらした。
 眼を歪め、ソウタは刺青を見つめる。
 島に十二番目にやって来て、最後に逝ってしまった白猫。彼女たちを追悼するために円卓公園は作られ、十二本の桜が植えられた。
 灰猫の桜は最後に植えられたもので、他の桜より一回り小さい。
 仲間が亡くなったあとも、灰猫は独りで生きなければならなかった。彼はどんな気持ちで、この公園の桜を見あげていたのだろうか。
 ソウタの心臓が高鳴る。
 ソウタは、灰猫がどんな少年であったのか知らない。それなのに、彼のことを考えると辛い気持ちになる。自分が灰猫の気持ちを知っているようで、気味が悪くなるのだ。
「ソウタくんの番号は?」
 ハルが嬉しそうに顔を向けてくる。
「ごめん、あんまり見せたくないんだ……」
 ソウタは首後ろの刺青に手を充てていた。悲しげに眼をゆらし、ハルを見つめる。ハルは困ったように眼を曇らせ、ソウタから視線を逸らした。
 会話が途切れてしまう。気まずくなって、ソウタはネコミミをたらしていた。
 ソウタの首後ろには、13の刺青が施されている。
 灰猫はこの島に十三番目にやって来た子供だ。十三という数字は、ソウタが彼のクローンであることを示している。
 ―――お前が初恋の人と似てるから、引きとったんだ。
 サツキが、そう語ってくれたことがある。その人が灰猫に似て、孤独だったということも。
 サツキは灰猫の話をするとき、初恋の人のことを懐かしげに話した。
 その話を思いだすたび、ソウタはサツキを疑ってしまう。サツキは、その人の身代わりとして自分を引きとったのではないのかと。
「私ね、お義姉さんがいたんだって」
 不意に、ハルが口を開いた。
「でも、生まれてすぐに死んじゃった。その代わりが、私……」
 ハルが顔を向けてくれる。ハルの眼を見て、ソウタはネコミミの毛を膨らませていた。
 初めて会ったころと同じ、悲しげな眼をハルがしていたから。その眼をソウタに向けながら、彼女は続ける。
「私、お義母さんに認められたくて歌いたいのかもしれない。変だよね。お義母さんはもう、どこにもいないのに……。お義姉さんじゃなく、私を見て欲しいだなんて……」
 心臓が高鳴る。
 ソウタを慰めるように、ハルは眼に笑みを浮かべてみせる。彼女の笑顔が悲しげに見えて、ソウタは眼を見開いていた。
 唇が震えてしまう。それでも声を振り絞り、ソウタは言葉を発していた。
「ハルは、代わりなんかじゃない……」
「ソウタ、くん?」
「ハルのお義母さんにとっては、そうかもしれないけど、俺にとってハルは――」
 自分にとって、ハルはなんだろう。それが分からなくて、ソウタは黙ってしまう。
 自分と同じケットシーであるハル。大切な母親を亡くしているハル。
 ハルと自分は、同じ存在だと思っていた。
 同じ境遇で、同じ悲しみを共有している存在。だから、彼女が気になるのだと思っていた。
 けれど、何かが違う。ハルの笑顔を見ていて、心臓が熱くなるのはなぜだろう。
「ソウタ、くん?」
 ハルは困ったようにネコミミを伏せ、自分を見てくる。
 彼女の眼に、魅入ってしまう。
 ハルに見つめられると、ソウタはいつも落ち着かなくなるのだ。
 ソウタは、ハルを見つめることしかできない。視線を逸らすことなく、ハルはソウタを見つめ返してくれる。
 ソウタの心臓は熱を持ち、いっそう激しい音をたてていた。
 ハルがネコミミの鈴を鳴らす。彼女はネコミミをひゅっとたて、空を仰いだ。
 輝く眼を空に向け、ハルは立ちあがる。彼女の思わぬ行動に、ソウタは声をあげていた。
「ハル?」
「雨の音がする……」
 静かに彼女は答える。ハルは眼を輝かせソウタを見つめた。
 ソウタは上空へと視線を移す。
 夕陽に染まり始めた空。こちらへと流れてくる細い雲が、縁を薄紅色に染めている。
 空を見あげるソウタの鼻腔に、水の香りが広がった。
 雲が、頭上を覆う。湿り気が、肌を包む。
 瞬間、雨音が地上に落ちてきた。
「命の音……」
 うっとりと呟き、ハルは雨の中へと駆けていく。
「ハルっ」
 ソウタはとっさにハルを追いかけていた。
 前方のハルが、ネコミミを動かす。ネコミミに弾かれた雨が、銀の雫となって宙に舞う。
 ハルが、ソウタに振り向く。
 彼女はすっと唇に笑みを浮かべ、ソウタを見つめる。
 とくりと、ソウタの心臓が高鳴った。
 ハルが眼を細める。
 前方を向いて、彼女は空を仰いだ。唇を開き、ハルは歌を紡ぐ。
 雨音と、足音と、肌を弾く水音と。
 桜の周囲を走りながら、ハルは雨を祝福する歌を奏でる。
 ハルの足は早く、追いかけるソウタの心音は激しくなっていった。
 ハルがソウタを振り返り、微笑んでみせる。
 歌はソウタの心音に合わせ、だんだんとテンポを早めていく。
 気がつくと、ソウタは笑っていた。
 ソウタはネコミミをたて、ハルの歌に聴き入る。笑い声が、自然と口から漏れてくる。
 ハルの背中が遠くなる。走るスピードを上げたのだ。
「あっ」
 ソウタは声をあげていた。
 小さくなっていくハルの背中に、見覚えがあった。
 こうやって、ハルを追いかけたことがあるような気がする。
 ずっと昔、どこかで――
 ソウタは彼女の背中に手をのばしていた。ハルの銀髪に手がとどきそうになるが、手は宙をつかむ。
 ハルは自分と同じ、想いを共有する少女だ。
 けれど、彼女が遠くに行ってしまう気がして、恐くなることがある。
 目を離せば、ハルはどこかに行ってしまう。
 そう思ったとたん、ソウタはハルに追いつていた。勢いに任せ、ソウタは彼女を抱きしめる。
「きゃっ」
 ハルが悲鳴をあげる。そのまま二人は横向きに倒れこんだ。
 ソウタはハルをしっかりと抱きとめ、転倒の衝撃から守った。
 体が仰向けに地面に倒れ、背中に激痛が走る。
 視界が夕空を捉える。ソウタは視界のすみに、雨雲があることに気がついた。
 雨雲は、本島のある西方へと過ぎ去っていく。
「雨、やんじゃったね……」
 腕の中のハルが、呟いた。
 抱きしめている彼女の体は柔らかい。彼女の肌はしっとりと濡れて、あたたかかった。
 肌を通じて、彼女の心音が伝わってくる。ハルの、生きている音が。
 とくとくと心地よくネコミミに響く音に、ソウタは聴き入っていた。
 ハルの銀髪から桜の香りが漂ってきて、ソウタは心臓を高鳴らせる。彼女の香りに、酔ってしまいそうだ。
「びしょびしょだね、私たち」
 ハルが弾んだ声で言った。その言葉にぞわりと心臓が騒めく。
「ごめんっ!」
 急いで体を起こし、ソウタは彼女を抱き起こした。
 自分は、ハルになんてことをしてしまったのだろう。急に抱きつくだなんてどうかしている。
 くすりとハルが微笑む。
 濡れて透けた服越しに、ハルの白い肌が見えた。
 雪のように柔らかく、光を帯びた肌が、濡れた布の向こう側にある。
 心臓が高鳴り、とっさにソウタはハルから視線を逸らしていた。
 ハルの銀髪が視界を掠め、髪先についた雫に眼に入る。雫はハルの首筋を流れ、すっきりとした鎖骨へと溜まっていく。
「寒い」
 ハルが自身を抱きしめ、体を震わせる。さぁと彼女の肌が桜色に染まった。
 ざわりと、心臓が音をたてる。
 体中の血が熱くたぎって、ソウタはハルを見ることができなかった。熱くなった血は、ソウタの頬を紅潮させる。
 寒がっているハルを、このままにはしておけない。ソウタはやっとの思いで、上擦った言葉を発していた。
「よかったら、家来る? 着替え、あるから……」 

 

 

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now