王様の初恋

                  Nordiske fantasy


「あなたなんて猫になっちゃえばいい!!」
 そう俺に叫んだ彼女の顔が忘れられない。いつもは笑顔を浮かべている赤い眼に涙を浮かべ、彼女は俺を睨みつけていた。
「なんでっ! なんで私ばっかりこんな目に合うのよっ! どうしてっ!!」
 突き飛ばされた俺は、唖然と彼女を見あげる。彼女は両手で顔を覆い、大声をあげて泣き始めた。
 俺は立ちあがり、彼女へと近づく。
「来ないでっ!」
 顔を覆ったまま、彼女は俺を怒鳴りつけた。びくりと俺は歩をとめてしまう。そっと両手を顔からとり、彼女は俺を睨みつけてきた。
「カットなんて、猫になっちゃえっ!!」
「えっ……」
「カットなんて大っ嫌いっ!!」
 彼女は残酷な言葉を吐き捨てる。俺はびくりと肩を震わせていた。 
 彼女に嫌われた。その事実がどうしようもなく悲しくて、重く俺の中にのしかかってきたのだ。
 大粒の涙をこぼしながら、彼女は俺の横を駆けていく。俺は、遠ざかっていく彼女の足音を聞くことしかできなかった。
 俺の眼から涙が零れる。俺はその涙を止めることができなかった。
 だって、悲しかったんだ。
 悲しくて、悲しくて涙がとまらなかったんだ。
 それが、俺の初恋。
 彼女は今、どこで何をしているんだろうか。

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now