王様と臥所

                  Nordiske fantasy

 妙に体が重い。
 息苦しさを感じて、カットはうっすらと眼を開けていた。王の間にある寝台は布団が固くて寝心地がいまいちだ。
 そのため、どうしても眠りが浅くなる。
 ――父上は、よくこんな固い寝台でお休みになることが出来たものだ。
 苦笑しながら、カットは横に顔を向けていた。欧州唐檜で作られた寝台の縁には、樽板教会と同じようにユグドラシルの透かし彫りが施されている。
 寝台の縁に腰かけている人物がいることに気がつき、カットは眼を見開いていた。その人物が体を屈ませてくる。ふわりと長い黒髪が靡き、人物の体を覆っていた。
 暗闇で切なげに光る赤い眼が印象的だ。細長い五指がカットの顔にのばされ、カットは眼を見開いていた。
「フィナ……?」
 何も言わず、フィナは寝台へと入り込んでくる。カットの体にまたがり、彼女は顔を近づけてきた。
「フィナっ!」
 カットは叫び、彼女の腕を掴んでいた。そのまま、フィナの両腕を掴んで、体を仰向けに倒す。
「あっ……」
 フィナの口から呻き声が漏れる。カットは急いで寝台から跳びおり、側の卓上に置かれていたランプを手に取った。
 ランプに火を灯したカットは息を呑んでいた。
 ベッドに倒れるフィナは何も纏っていなかったのだ。白い彼女の裸体は、ランプの灯りを反射しクリーム色に輝いていた。顔をあげ、艶やかな髪の間からフィナは不安げな眼を向けてくる。
「何を考えている? 君は……」
 口から出て来た声音は、想像以上に冷たいものだった。その言葉を聞いたフィナの眼が、怯えるように震えている。
「申し訳……ございません……」
 フィナは居住まいを正し、カットに頭を下げる。震えているフィナを見つめ、カットは顔を曇らせることしかできなかった。
「フィナ……」
 そっとフィナの肩に手を置く。
 フィナは顔をあげた。
 赤い眼が、不安げにカットに向けられている。そんな彼女の肩にカットは寝台の毛布をかけていた。
「陛下……」
「眼のやり場に困るからな……」
 フィナから顔を逸らし、カットは小さな声で言う。
 恥ずかしいことだがカットは女性を抱いたことが1度もない。ティーゲルが差し向けた女性たちがカットを夜這いしたこともあったが、そのたびにレヴが自分の身を守ってくれていた。
「陛下……」
 弱々しいフィナの声が自分を呼ぶ。カットは顔をあげフィナを見つめていた。
 フィナの赤い眼がカットに向けられている。切なげな視線をカットに向けながら、フィナは言葉を紡いだ。
「私を抱いてくださいますか……?」
 フィナの言葉にカットは眼を見開く。自身を抱く彼女を見つめ、カットはフィナの両肩を抱いていた。そっと彼女を寝台に押し倒す。
「あっ……」
 フィナが小さな悲鳴をあげる。ぎゅっと眼を瞑る彼女を見て、カットは嘆息していた。
「やめよう、フィナ……。震えてるじゃないか?」
 カットは優しくフィナの頬に手を添えていた。フィナがその手を掴む。
「でも、私のせいで陛下は……」
 フィナの視線はカットの猫耳に注がれていた。ふっとカットの中で、小さな怒りが生じる。
「君は、俺に抱かれる覚悟があるのか?」
 低い声をフィナにかけると、彼女は驚いた様子でカットを見つめてくる。カットはそんな彼女の裸体に馬乗りになり、両手を取り押さえた。
「いやっ!」
 フィナの唇から悲鳴があがる。そっとカットは彼女の両手から手を放し、言葉をかけていた。
「ほら、嫌がってるじゃないか……」
 震えるフィナの頬にカットは手を伸ばす。
「いやっ」
 だがフィナはカットの手を弾いてしまう。弾かれた手の甲が妙に痛くて、カットは顔を歪めていた。
 そんなカットを、フィナは眼を見開き凝視する。彼女は眼を歪め、両手で顔を覆った。
「ごめんなさい……。そんなつもりじゃなかったの……。ただ、あのときは凄くあなたが憎くて……」
「俺も、一緒だよ……」
 上擦った声をフィナはとぎれとぎれに発してみせる。そんなフィナに、カットは優しく声をかけていた。フィナは顔から両手を離し、カットを見あげてくる。
「君を悲しませたことを、ずっと後悔していた……」
「陛下?」
「ねぇフィナ、少し出かけないか?」
 笑みを深め、カットはフィナに問いかける。カットを見つめながら、フィナは不思議そうに眼をしばたたかせた。

 

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now