王様の悩み

                  Nordiske fantasy


「フィナちゃんの気持ちが知りたいから、デートの指南をしてくれっ?」
 レヴが机から身を乗り出し、カットの顔を覗き込んでくる。
「近いよ……レヴ……。それに、デートじゃなくて一緒に出かけるだけだ。その、フィナともっと分かり合えたらいいと思って……」
「それって、思いっきりデートじゃないですか……」
 カットはレヴの顔を手で押しやり、苦笑いをしてみせる。レヴは納得いかなげな様子でカットから離れていった。
「その……フィナは、本当に俺との結婚を望んでいるのかな?」
 レヴから眼を逸らし、カットは疑問を口にする。レヴは盛大にため息をついて、机の向こうにある椅子に腰かけた。
「まぁ、フィナちゃんとの関係はお友達から始めるとか言ってましたよね。それに……」
「フィナを政治の道具にはしたくない……」
 眼を鋭く細め、カットは言葉を吐き出していた。
 フィナに問いつめたところ、案の定夜這いをけしかけたのはティーゲルだった。
「夜這いかけられたのに指一本触れず、野外デートに連れ出して仲良し宣言をした仲ですもんね。ほんと、妬けちゃいますよ……」
 足をだらしなく組み、レヴはカットに苦笑してみせた。カットもつられて顔に苦笑を浮かべる。
「父上は、何としてもフィナを俺の妻にするつもりだ。」
 思いのほか硬い声が口から出てきて、カットは内心驚いた。側にいるレヴもそうらしく、眼を見開いてカットを見つめている。
 フィナの怯えた顔を思い出す。
 自分に押し倒された彼女の嫌がりようは尋常ではなかった。とてもではないが自分との結婚を望んでいるとは思えない。
はぁっとレヴのため息が聞こえる。
「どうした、レヴ?」
 何か言いたげな彼に、カットは声をかけていた。
「はっきり言います。子供ですか? あなた……」
「えっ?」
 突然、レヴが口を開く。カットは思わず声をあげていた。
「フィナちゃんの気持ちを踏みにじったようなもんですよ、それ……。彼女、嫌なのに我慢して身を捧げてきたんでしょ……。それをお友達から始めましょうって……。ちょっと、俺の恋愛観だとありえないです」
 レヴの冷たい言葉に、カットは猫耳を硬直させていた。
「だってその……」 
 へにゃりと猫耳をたらし、カットはもじもじと付き合わせた指を動かし始めた。
「分からないんだ……」
「はいっ?」
「人を好きになるのがどういうものか、分からなくて……」
「はいっ!?」
「それに、フィナは凄く震えてたし……。そんなの可哀想じゃないか……」
 猫耳を恥ずかしげにもじもじと動かし、カットはレヴから顔を逸らす。昨夜のことを思い出して、カットの顔は熱くなっていた。 
 震えていたフィナの体は、柔らかく甘い香りがした。まるでブルーベリーの花のように。
「その、フィナは、フィナの気持ちを考えてあげないと……。フィナはどうしたいのかな? それに俺に呪いをかけたからって、その責任をとって結婚て……」
 がばりと両手で顔を覆い、カットは俯く。
「やっぱり、俺に結婚はまだ早い……」
「そんなんでよく国王勤められますね、あなた……」
 レヴの呆れ声が猫耳にとどく。カットは猫耳の毛を逆立て、レヴに叫んでいた。
「仕方ないだろっ! 初恋からずっと恋愛経験は止まってるんだよ! この猫耳のせいで!!」
「へぇ、そんなにフィナちゃんのこと好きなんですか、陛下……」
 翠色の眼を細め、レヴが嫌らしい微笑みを浮かべてている。そんなレヴの反応を見て、カットはアイスブルーの眼を見開いていた。
「フィナのことが、好き?」
「え、初恋フィナちゃんなんでしょ? 会ってから、ずっと気になってたんでしょ? 忘れられなかったんでしょ? それって、今でもフィナちゃんのことが好きってことじゃないんですか?」
 カットに呆れた表情を送り、レヴは顔を逸らしてくる。レヴは腕を組み、深くため息をついてみせた。
「俺が、フィナのこと……」
 カットの脳裏に幼い頃の想い出が蘇っていた。
 額に柔らかな感触が走る。自分の額にキスをしてくれたフィナのことを思い出し、鼓動が高鳴っていた。
 そして、成長したフィナの姿を思い出す。
 軍服にきっちりと身を固めた彼女は、見惚れるほどに凛としていた。
 でも、アップルを抱きしめていたフィナの姿は、幼い頃の彼女そのままで――
 かっと頬が熱くなる。カットはがばりと両手で顔を覆い、呻き声をあげていた。
「重症ですねぇ、陛下」
 嬉しげなレヴの声が恨めしい。ちらりと指の間から彼を見つめる。案の定レヴは意地の悪い笑みを浮かべていた。
 猫耳を逆立て、カットはレヴに唸ってみせる。おお恐いと、レヴはわざとらしくおどけてみせた。
「じゃあ、どうすればいいんだよ……。その、フィナは……どうすれば幸せになってくれるかな……? フィナは……」
「だ、か、ら、デートに誘うんじゃないんですか?」
 すっとレヴが立ち上がり、カットのもとへと歩んでいく。彼はそっとカットの猫耳にふれてきた。
「レヴっ?」
「この猫耳、もしかしたら陛下のせいで元に戻らないのかもしれませんねぇ」
 優しく猫耳をなでながら、レヴはカットの耳元で囁いてみせた。
「俺のせいで……?」
「フィナちゃんのことが忘れられなくて、彼女との思い出を消したくなかったとか……?」
 レヴの言葉にカットは大きく眼を見開いていた。急いでレヴを見つめる。彼は相変わらず意地の悪い笑みを浮かべてばかりだ。
 フィナを思うあまり、呪いが解けるのを自分自身が拒んでいた?
 そんなことが、ありえるのだろうか?
「いいですかぁ、陛下。フィナちゃんの気持ちなんてどうでもいいんです。その気持ちを変えるのがあなたの仕事。フィナちゃんの気持ちを変えて、幸せにするのもあなたの仕事。恋って言いうのはね、相手の気持ちを変えてあげるお仕事なんですよ」
 カットの猫耳を優しくなでながら、レヴは言葉を続ける。まるで諭すようなレヴの言葉に、カットは猫耳を傾けていた。
「いいですよぉ、愛しの陛下のためです。このレヴ・クラスティ・オーブシャッティンサンにお任せください。きっとフィナ嬢の心をあなたに振り向かせて差し上げますよ」
「レヴ……」
「今、俺がこうして生きていられるのはあなたのお陰ですから……」
 レヴの笑みが優しいものにかわる。カットを抱きしめて、レヴは猫耳に囁いてみせた。
 小さな頃からのレヴの癖だ。彼は幼い頃からカットの面倒を見てくれていた。  カットが思い悩んでいると、レヴはカットを抱き寄せ耳元で慰めの言葉を囁く。
 その言葉がカットは好きだ。
 レヴはいつも自分の欲しい言葉をくれるから。
「あなたのためだったら命だって惜しくない……。恋人ぐらい何人でも作ってあげますよ」
 あやすようにカットを抱き寄せて、レヴは優しく頭をなでてくれる。その感触がくすぐったくて、カットは思わず微笑みを浮かべていた。
「いや、何人もはいらないんだが……」
「先々代の王なんてそりゃもう凄かったって言うじゃないですか? ティーゲル様の兄弟って軽く10人以上はいるんでしょう? 側室の1人や2人いなきゃ王族絶えちゃいますよ。まぁ、陛下にはフィナちゃんしか見えてないらしいけれど……」
「そうかもな。今は、フィナのことで頭がいっぱいだ……」
 レヴの言葉に思わずカットは苦笑してしまう。その言葉を放ったとたん、レヴが不機嫌そうに口元を歪めてきた。
「レヴ?」
「なんか面白くないんだよなぁ。陛下を側でお守りしてきたのは俺なのに、その……大切な人をとられたというか……」
「レヴも、俺の大切な人だよ」
 カットはレヴに微笑んでみせる。
 レヴは驚いた様子で眼を剥き、さっと顔を赤らめた。カットから顔を逸らし、レヴは小さく言葉を告げる。
「陛下……その天然ジゴロ、治しません……?」
「天然ジゴロ?」
 レヴが意味のわからない言葉を放ってくる。何のことだか分からず、カットは猫耳をぴくぴくと動かしていた。
「あぁ、もういいっ。そういうところも可愛いし……」
 カットの頭をわしゃわしゃとなで、レヴはカットを放す。
「なにを言っているんだ? レヴ」
 首を傾げ、カットは猫耳を動かしてみせる。
 レヴは盛大に肩を落とし、カットを見つめてきた。疲れきったような彼の表情がなんだか印象的だ。
「フィナちゃん……苦労するだろうなぁ……」
「えっ、フィナがどうかしたのか?」
「何でもないです、陛下……。それより、デートって具体的に何を考えているんだすか?」
「それが……」
 レヴの問いかけに、カットは言葉を詰まらせる。ばっと両手で顔を覆い、カットは呻き声をあげてみせた。
「なぁレヴ。女の子ってどうしたら、喜んでくれるかな?」
「つまり、何にも考えてないわけですね……」
「だって、フィナのこと少ししか知らないし……」
 しゅんと猫耳をたらし、カットは俯く。小さなときに少し遊んだだけで、フィナのことはほとんど分からない。
 分かることと言ったら――
「そういえばフィナ、猫は好きだな」
「おぉ、いいじゃないですか、それ!」
 レヴが弾んだ声を発する。その声に驚き、カットは思わず猫耳の毛を逆立てていた。
「レヴっ?」
「ほら、もうすぐフレイア祭があるじゃないですか? フィナちゃんをメロメロにするチャンスですよっ!」
 がばりとレヴがカットの顔を覗き込んでくる。にいっと意地の悪い笑みを浮かべる彼をみて、カットは言いようのない不安に取りつかれていた。
「だから近いって……」
 ぐいっとレヴを押しやり、カットはうっとうしいと猫耳を動かしてみせる。レヴは苦笑しながら、カットから離れていった。
「まぁ、デートの話はそのぐらいにして……本題に入りましょうか、陛下」
 すうっと翠色の眼を細め、レヴが得意げに笑ってみせた。カットは苦笑しながら、レヴに言葉を告げる。
「俺とフィナがデートに行くことを、それとなく父上に伝えて欲しい。きっと喜んで俺とフィナの邪魔をしにくるだろから……。その隙に、みんなに声をかけてくれないか。それからこれ、出しておいてくれ……」
 カットは机の引き出しから分厚い紙の束を取り出していた。近隣諸国を治める叔父たちに宛てた書状だ。
「なんですかこれ? フィナちゃんへのラブレター?」
 レヴは書状を受け取りながら、意味深な笑みを浮かべてみせる。
「恋の指南役を叔父上たちに頼もうと思って書いた、手紙だよ」
 そんなレヴに、カットは微笑みを返していた。
「恋愛の指南役ねぇ……。本当ですかぁ?」
 書状を口の側に持っていき、レヴはいやらしく眼を歪めてみせる。
 レヴの言った通り、叔父たちに宛てた書状は恋愛指南を請うためのものではない。ティーゲルを出し抜き、フィナを自由にするための手段だ。
「いや、誰かに王位を譲渡しようと思ってな。その相談に乗っていただくために手紙をしたためた……」
「はっ?」
「そもそも俺とフィナの結婚は、この猫耳のせいで俺が王に相応しくないことが原因だ。だったら俺が王位を捨てれば、フィナは自由の身になれる」
「陛下……」
「フィナを助けるためだったら、何でもしてみせるさ……」
 アイスブルーの眼を細め、カットは小さく口を開いていた。
 ――ありがとう、カット。
 そう泣きながら、微笑んでくれたフィナの顔が脳裏をちらつく。
 あの笑顔を守るためだったら、何でもしてみせる。例え、父と対立することになるとしても。
「仰せのままに。でも陛下、大丈夫なんですか?」
「どうした……」
「顔、悲しげですよ……」
 翠色の眼を曇らせ、レヴがカットの顔を心配そうにのぞき込んでくる。
「お前がいるから、平気だよ」
 そんなレヴにカットは寂しげに微笑んでみせた。

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now