​   オペレーションシステム

     MERROW

                 operation.3 テラリウム

 蒼い空をガラスの球体が覆っている。
 そのガラスを仰ぎながら、俺はレンガで舗装された道を、低空飛行で進んでいた。俺はエアボード――金属製の薄いボード――に乗っている。そのボードが俺の脳波を巧に読んで、思い通りの動作をしてくれるのだ。
 俺は自分の住む『テラリウム』を見つめる。樫の木々が俺の移動する通路を取り囲み、静かな森を形作っていた。
 陽光に透ける樫の葉の間から、居住区であるドーム――八角形がいくつも連なった、蜂の巣のような円形状の建物や、塔――メロウたちAIを動かすために必要な電波塔――が至るところに建てられている。
 ラテン語で『大地に関する場所』を意味するこのテラリウムは、透明なガラスの球体で形作られた循環型コロニーだ。
 近い未来、人類第2の故郷として開発が予定されている循環型コロニーの、いわばプロトタイプと言ったほうがしっくりとくるだろう。
 まだ分からないが、将来俺たちはこの母なる地球を後にするかもしれないのだ。
 ――鯨《が来ます……。
 俺の隣に浮いていたメロウが、顔をあげる。次の瞬間、辺りが暗闇に包まれ、俺は空を仰いでいた。
 巨大な鯨が、俺の真上を飛んでいる。よく見ると、その鯨は無数の小さな金属の集まりだということが分かる。金属は2本のアームを持った不格好なロボットだったり、まるでパズルのピースのように凸凹の形をした物体だったりする。
「また、デカくなってる……」
 地上に影を落とす鯨を見つめながら、俺は感嘆と声を発していた。鯨は、簡単に言ってしまうと巨大なデーターバンクだ。このテラリウムで収集されたあらゆる個人情報やビックデーターがあの鯨に集められている。
 そしてあの鯨は、情報の海と化したネットの意識の1つでもある。
「今日もカミサマは機嫌がいいみたいだな」
 ――カミサマじゃありません。インターネットの大いなる意思マナナーン・マクリールです、ミサキ。
「マナナーン・マクリール。ケルト神話の海の神で、乙女たちが住む常若の国の支配者……。今はネットの海と人類の支配者として君臨しているわけだ」
 俺は、鯨の名前を口にしていた。俺たちの上空を悠然と飛ぶこいつは、人類の最重要事項を決定する権限を持っている。
 ネット上に広がる情報を統制し、ネットの意思と呼ばれる偉大なるAIたちがいる。原型と呼ばれる彼らは、今や人類にとって神にも等しい存在だ。
 今や、国際裁判所の最終的な決定から、紛争における多国籍軍の介入にまでこいつらの許可が必要だ。
 人工知能が人類の能力を超越してからというもの、人類は自分本位の決定を求める同族ではなく、常にベストな選択をする人工知能に決定権を託すようになった。
 大まかな議論や法案などは人間が決め、最終的な決定だけをこいつらにやらせているので人間の尊厳は守られているという。でも、けっきょくのところ重大な選択を決めるのは人間ではなく、原型たちなのだ。
 ――ミサキ……顔が恐いですよ……。
 弱々しいメロウの声が、俺にかけられる。俺は空から視線を逸らしていた。メロウは、そんな俺を不安げに見つめている。
「あれが出来なかったら、父さんは……」
 ――お父さまは、漣博士はとても立派な方でした。インターネットの意志となる原型の開発にも尽力なされた。
 父さんは苦しむことはなかったんじゃないのか。そう続けたかった俺の発言は、メロウの言葉に遮られる。
 俺はメロウを見る。彼女は、困ったように俺に笑いかけてみせた。
 俺の父さん、漣博士はロボット工学の最前線を支える優秀な科学者だった。だが、父さんは人の尊厳を何よりも重んじる人でもあった。
 いつだったか、甘いエスプレッソを飲んでいた父さんが、俺に語ってくれたことがある。
 ――AIたちに人間の責任を押し付けてはいけない。私たちの問題は、私たち自身が解決するべきだ。
 その言葉がとても寂しげに聞こえて、俺は父さんに答えていたのだ。
 ――僕がAIたちの代わりになることは出来ないの?
「よぅ、漣っ! 今日もサボり? スクール遅れちゃうよっ!」
 俺の回想は、底抜けに明るい声によって遮られる。驚いて後ろへと顔を向けると、ツインテールをゆらす少女がそこにはいた。
 同じプログラミング学科に所属する玉響 コナミだ。コナミの年齢は14歳。17歳の俺より3つも年下だ。いわゆる天才児ってやつで、飛び級で俺たちのクラスに編入してきた。
「いや、またフォモールが出てな。退治せんと行けなくなったっ」
 乗っていたエアボードから跳び降り、俺はコナミに答えてみせる。
 フォモールとは、AIを搭載されたコンピューターウイルスの総称だ。俺たちプログラミング学科は、このフォモール退治によって単位を稼ぐこともできる。
「マジ!? 単位がそのへんにウヨウヨいるのっ!? スクールどころじゃないじゃん!?」
 コナミは小柄な体でびょんびょんと跳んでみせる。彼女の無邪気《むじゃき》な様子に、俺は思わず微笑んでいた。
「ちょ、なに笑ってるのよ?」
「いや、お前らしいなって思って」
 俺はエアボードの端を踏んづけ、垂直に立ち上がったボードを手にとる。大きな眼を不機嫌に歪めるコナミを見て、俺は思わず吹き出してしまった。
「ちょ、漣ってほんとデリカシーないよっ! 私が漣の分まで全部倒しちゃうからっ!」
 彼女は大声で俺を怒鳴りつけ、宙へと手を翳した。
「オペレーションシステム・ピンイン起動っ! 仮想空間への移転をサポートせよ!!」
 コナミの高い声が周囲に響く。彼女の周囲にある空間が歪み、1体の人魚が姿を現した。
 ピンインはコナミが所有するAIだ。メロウと同じ父さんが造った彼女のAIは、燃えるような緋色の髪が美しい人魚だ。彼女の肌はかすかに朱色に輝き、鱗は黄金色に煌めいている。切れ長の赤い眼をそっと開き、彼女は言葉を口にした。
「了解です。仮想空間への移転をサポート後、フォモール撃退のため戦闘モードへと移行します」
「うーん、ピンインちゃん……」
「何でしょうか? コナミ」
「もうちょっとさ、笑ったりとかしてくれない?」
「かしこまりました」
 コナミの言葉にピンインは切れ長の眼を細め、たおやかな笑みを浮かべてみせる。その笑顔を見て、コナミは顔を曇らせた。彼女はそっと俺の方へと顔を向け、俺の背後にいるメロウを羨ましそうに見つめていた。
 あぁ、またかと俺は思う。こいつはしょっちゅう、羨ましそうにメロウを眺めているからだ。
「コナミ、顔色が優れませんよ?」
「ううん、なんでもない。早く行こう」
「はいっ」
 苦笑しながら、コナミはピンインに話しかける。そんなコナミを、ピンインは不思議そうに見つめるばかりだ。
「じゃあ、先行って漣の分まで倒してるからっ!」
 コナミは、元気よく俺に手を振ってきた。
「少しは残しといてくれよ」
「ヤダー!!」
 俺の言葉に、駆け去っていく彼女は笑顔を向けてくる。俺は、彼女の姿が樫の木々に消えるまで手を振っていた。
 ――ミサキはロリコンなんですねっ!
 俺が手を下げたとたん、黙っていたメロウが突然口をきいていた。
「なんだよ、ロリコンてっ?」
 びっくりして、俺は思わず背後のメロウへと顔を向けてしまう。メロウはぷくっと頬を膨らませ、不機嫌そうに俺から視線を逸らしていた。
 ――そりゃ、コナミは明るくていい子です。ピンイン姉さんの巨乳には正直、嫉妬さえ覚えます。でも、でも、コナミは14歳ですっ。ミサキとは3歳も年が違います。 ぶー! ミサキはスケベぇなのです!! ロリコンなのです!
「お前な、同級生と会話してただけだろ。そりゃ、コナミはどっかのAIと違って素直で可愛いと思うけどなぁ」
 にっと意地の悪い笑みを浮かべ、俺はメロウに話しかけていた。きっとメロウは俺を睨みつけ、半透明の拳を何度も体に叩きつけてくる。その拳は、むなしく俺の体を通り抜けていく。
「全然、痛くも痒くもねぇ」
 ――キー!! ミサキを仮想空間に移動させるのです!!
 ばっと両手を広げ、メロウは叫ぶ。彼女を中心に周囲の空間が歪み、白黒の粒子が俺の視界を覆っていく。
 ――ミサキ……仮想空間に……ミサキの意識を……移動……。
 大きなノイズに混じって、メロウの掠れた声が聞こえてくる。
 頭が痛い。仮想空間へ向かうときはいつもそうだ。
 この瞬間が、俺は嫌いだ。
 自分が12歳まで『漣 みさき』として過ごしていた、あの密閉された空間を思い出す。絶えず頭の中にネットの情報が流れ込んできて、不快なノイズがいつも聴覚を這いずり回っていた。
 ――ミサキ、今日も元気かい?
 優しい父さんの言葉を思い出す。
 ノイズの音をかき消してくれる父さんの声は、何よりの救いだった。俺に微笑みかけてくれる父さんの存在が、俺の全てだった。

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now