​名無し少女と、百目女

祭の終わり

 こんこんこん。

 こんこんこん。

 

 舞台を巡る狐が鳴く。

 稲の穂を想わせる尻尾を狐たちが振る。そのたびに、水田に植えられた稲がぐんぐん伸びていく。

 その様子を、ナナシは妖たちと踊りながら見つめていた。

 一目連が起こした騒動も収まり、奉納の舞は終盤へと近づこうとしている。そのときの様子を思い出して、ナナシはくすっと笑っていた。

 空を仰ぐ。

 もう、雨は降っていない。代わりに、美しい一つ目の龍が夜空を優美に舞っていた。龍は月光に照らされ、蒼い光を地上に投げかけてくれる。

「どぉした? 何おかしいんだぁ?」

 笑うナナシに百目が小さく声をかけてくる。

「何でもないです」

 人差し指を唇に当て、ナナシは百目に笑いかけてみせた。

 ――少しはガキの気持ちぃも考えろぉ! エロじぃじぃ!!

 そう叫んで、一目連の頭をぽかぽか殴りつけた百目の姿を思い出す。百目の攻撃に狼狽えた一目連は慌てて地上に降りた。

 そこで彼を待っていたのは、五柱の伏見様たちの説教と、狐たちが放ったお仕置きの狐火と、妖たちの冷ややかな視線であった。

 しゅんと小さくなって、伏見さまたちの説教を聴いていた一目連の姿を思い出す。立派な龍が小さくなっている様子は、何とも滑稽だった。

「帰りたいかぁ……。母ちゃんところ……」

 百目に声をかけられ、ナナシは引き戻される。

「帰りたいよなぁ……。眼の代わりに、私に母ちゃんの眼治してくれって頼んだぐらいだからなぁ」

「百目さん、その……」

 ナナシの顔をじぃっと覗き込み、百目は言葉を重ねた。悲しげに一つ目を曇らせる百目から、ナナシは顔を逸らす。

「どぉしたぁ? 私が生まれる前に会ってたこと黙ってたぁの、そんなに不満かぁ?」

 ぐるりと百目が一つ目を動かして、尋ねてくる。

「だって――」

「分かんなかったんだよぉ。しゃあないじゃぁん……。私はぁ、一目連さまみたくぅ、鼻よくないんだぁ。ましてや生まれる前のにんげんなんてぇ、区別つかないよぉ」

「怒ってなんか、ないです」

「じゃぁ、どうしてぇ、顔逸らすんだよぉ!」

「もうすぐ、お別れしなくちゃだから……」

「えぇ!?」

「私、ちゃんと、お母さんと向き合いたいんです……。でも、それって、――」

「だよなぁ、寂しぃ!!」

 とつぜん、百目がナナシに抱きついてきた。ぶわぁっと一つ目から涙を流し、百目はナナシを抱き寄せる。

「もうちょぃ、一緒にいてもいいよなぁ……。でもぉ、出来ないんだよなぁ……。寂しいなぁ……」

 百目は、すりすりと頬ずりをしてくる。それが妙にくすぐったくて、ナナシは笑っていた。

「百目さん、ずるいよ……」

 不意に悲しさを覚えて、ナナシは呟いていた。だって、会えなくなって寂しくなるのは、百目だけではないのだ。

 私だって百目さんと離れたくない。

 でも、それは現し世に生きる私には叶わない夢なんだ。

「あぁ、でもぉ。よおぉく考えたら、ずっと一緒だぁ……。悲しんでぇ、損した」

「えっ?」

 あっけらかんとした百目の言葉に、ナナシは彼女を見つめていた。百目はにっと一つ目に笑みを浮かべる。

「だって、姿が見えなくなるだけでぇ、私はどこにでもいるんだぁ。だからぁ、いつでも会えるんだぁ。心で繋がってればぁ、カミさまとはいつでも会えるんだよぉ。ほらぁ、いつもあのお方には、会ってるだろぉ」

 ぽんっとナナシの肩を抱いて、百目は空を指差していた。

 夜闇に覆われていた空が、白み始めている。空のかすかな明かりは、海に浮かぶ無数の船を優しく照らし出していた。

 空が明るくなるたびに、船から矢のように飛んでくるものがある。

 それは、無数の火の玉だった。帯びを引きながら、地上に降り注ぐ火の玉は、成長していく稲へと吸い込まれていく。

「ほぉら、あのお方の導きを受けて、常世から還ってきた豊穣のカミさまたちが稲に宿り始めてらぁ。今年はぁ、ちゃんと豊作になるぞぉ!!」

 百目が声を弾ませる。

 それと同時に、光が世界に満ちた。

 海の水平線にすっと光の線が現れ、それは大きな円へと成長していく。紺青だった空は紫に転じ、薄紫色になり、にわかに白を帯びて、桜色へと変わっていく。

 その空の絵巻物を背景に、光を帯びた一柱のカミが、海に立っていた。

 白い光で、女体を形作りながら、高天ヶ原の主は地上を眩しく照らしていく。

「眩しい……」

 眼を細め、ナナシはじっとその女神を見つめていた。

 青く澄み渡った空を背に、女神は光り輝く。その輝きに包まれ、雨露に濡れた立派な稲穂が大地を覆い尽くしている。

 

 うぉおーん。

 うぉおーん。

 うぉおーん。

 

 狐たちの遠吠えが聞こえる。女神は輝きを増し、光の中に黄金色の田園風景が飲み込まれていく。

「おぅ、思いついたぁ! お伊勢さまからのぉ! 贈り物だぁ。たぶんっ!」

 とつぜん、百目が大声をあげた。ナナシはびっくりして、彼女を見つめる。海上で輝く女神を見つめながら、百目は続けた。

「お前の名前ぇ、思いついたぁ! いつまでぉ、ガキのままじゃぁ、不便だからなぁ。それにぃ、一目連さまがぁ、贈り物をくれるってよぉ!」

 ぱぁっと一つ目を輝かせ、百目はナナシを見つめる。百目の一つ目は、どことなく悲しげに見えた。

「一目連さまがぁ、お前に優しさを返すってさぁ。お前はぁ、優しくするんじゃなくてぇ、優しくされるべきだってさぁ」

「優しさ……」

 ナナシの頭を撫でながら、百目は空を仰いだ。青く輝く空の向こうへと、龍が飛んでいく。

 白く輝く女神に溶け込み、その姿はやがて見えなくなった。

        

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now