​雪の中のアドニス

     雪の林

​ 福寿草
 属名: キンポウゲ科フクジュソウ属(アドニス属)
 英名: Amur Adonis
 花言葉 悲しい思い出



 雪の林

 林に足を踏み入れると、雪を纏った木々が冬美を迎えてくれた。夜闇の中、蒼い燐光を放つ木は花開いたように可憐だ。
 木を仰ぎ、ほうっとため息をつく。吐かれた息は冷たい外気に触れ、白く変色した。
 風が吹いて、木に積もった雪を散らす。
 蒼い輝きを放ちながら、雪は地面へと落ちていく。地面に眼をやると、なんとも柔らかそうな雪が降り積もっていた。
 まるで、洗いたてのシーツだ。
 冬美は彼が纏っていた真っ白なシーツを思い出していた。
 鼻腔にシーツの香りが広がる。
 強い薬品の香りに混じって、かすかに太陽の香りが染みついたシーツ。
 彼がいつも漂わせていた、心地の良い香り。
 いつも自分が病室を訪れると、彼は筆を咥えた唇に生意気そうな笑みを浮かべてくれた。
 太陽のように明るい笑顔とは対照的に、彼の体はやせ細り沢山のチューブに繋がれていた。
 冬美はそんな彼が嫌いだった。思い出す。彼が泣き叫んでいた姿を。
 ――どうして、僕だけが!!
 いつも笑っていた彼の思いを、冬美はそのとき知ったのだ。
 でも、彼が自分の思いを口にしたのはたった1度だけ。苦しい胸の内を誰にも明かすことなく、彼は逝ってしまった。
「もっと、怒ってよかったんだよ…… ハル」
 目頭が熱くなる。視界が潤んで、冬美は涙を流していた。
 あぁ、またハルに笑われる。
 泣き虫と笑いながら、彼はそんな自分が羨ましいと言ってくれた。
 感情を素直に表せる冬美が羨ましい。彼はそう言って、いつも悲しげに眼を伏せるのだ。
 冬美が不安げに顔を覗き込むと、彼は急いで笑みを取り繕ってきた。
 その眼は今にも泣きそうだというのに。
 体の力を抜く。冬美は柔らかな雪の上に身を横たえた。
 長い黒髪が雪の上で散らばる。
 纏っている喪服のスカートが翻り、雪の上に裾を広がった。
 ハルの葬儀が終わったあと、冬美は家を抜け出し密かにここまでやってきたのだ。
 ハルとの想い出が詰まっているこの林に。
 視界に夜空を捉える。夜空には山吹色の満月が輝いていた。
「福寿草……」
 月を見て、福寿草の色を思い出す。
 冬に咲く、春の訪れを告げる花。雪の中に咲くそれは、黄色い花を咲かせる。
 ハルの笑顔のように、健気で明るい色彩の花を。
 とても幼かった頃、よくこの林で彼と一緒に福寿草を探した。
 歩くのさえ覚束無いハルの手を引いて、そっと雪を掻き分けてあげて。
 福寿草を見つけると、彼は嬉しそうに顔に笑みを咲かせるのだ。
 けれど、彼は次第に歩けなくなって。
 外にも出られなくなって。
 最後には――
 耐えられなくなって冬美は眼を閉じていた。瞼の裏に、明るいハルの笑顔が浮かび上がる。このままここにいれば、きっと自分はハルのもとへ逝ける。
 冬美は彼に償わなければならないのだ。彼を追いつめ死に追いやったのは、自分自身なのだから。
「ねぇ、ハル。福寿草、約束どおり見に来たよ……」
 ハルに語りかける。彼の声が耳元に蘇ってくる。
 亡くなる数週間前、彼は福寿草の話をしてくれた。
 福寿草の花言葉が『悲しい思い出』である訳を――
 

ケモノの物書き堂はナマケモノの一次創作ブログです。創作関連の最新情報はこちらまで。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now